« 「そこのけ」は、国際標準を満たさない | トップページ | 黄蝶の誘い »

2004年10月21日 (木)

ダム代替案会議

Beyond dam.jpg

台湾のNGO「美濃愛郷協進会」が主催したダム代替案国際会議に10月15日~17日まで行ってきました。

 「Beyond Dams」(中国語では「国際河流会議」)と名付けられたこの会議に、東アジアから台湾・韓国・日本・香港、東南アジアからベトナム・タイ・ビルマ・タイ・カンボジア、そしてアメリカからダム問題に取り組むNGOが出席。台北(15日)、台中(16日)、高雄(17日)と場所を変えつつの全国行脚会議&現地視察でした。

国際会議風景.jpg

 主催者の「美濃愛郷協進会」(英語名はMeinung People’s Association)は、日本で言えば、川辺川ダムと吉野川の運動を足して二で割ったようなダム反対運動をやっているNGOです。
 つまり、約4万人の美濃全域の全世帯を、一軒一軒当たってダムの反対署名を集めていったノリは川辺川の利水裁判の闘いを思わせます。(MPAはそこで72%の反対署名を集めて立法院(日本の国会)に予算削減を要求した)
 また、これは吉野川の住民投票のやり方をも思わせます。同時に、MPAが地方や中央政府に予算を出させて、地域振興としてコミュニティカレッジを設立したところなども、「緑のダム」構想という土俵に行政を引き込んだ吉野川の運動と似たところがあります。

himmeno.jpg

 さて、この国際会議、日本からは1日目に、徳島県吉野川の運動を盛り上げた姫野雅義さんが、ダムに替わる「緑のダム」の研究 発表を、3日目には「People’s Struggles and Participation」(人々の闘いと参加)というテーマを与えられて、私が日本の脱ダム傾向についてプレゼンをしました。

 以下は、私がプレゼンにつかったパワーポイントの元のテキストです。プレゼンをしながら口頭で喋ったことも含め、概要を日本語で書き加えます。

1. Reducing Dam Budget in Japan(減少する日本のダム予算)

3000 dams existing and other 240 dam projects to go, or to stop
(既存ダム3千と新規計画240ダム)
94 dam projects stopped since FY1997
(1997会計年度以来94ダムが止まった)
dam budget reduced by 40% to 380 billion yen from 659 billion after FY1997
(ダム予算は1997年以降年間6590億円だった予算が4割減り3800億円になった)

政野プレゼン.jpg


Background(背景)

National debt 700 trillion yen(国の赤字 700兆円)
87,5 times of the Japanese annual General Account Budget, 6 million yen per capita
    (一般会計予算の87,5杯、国民一人600万円の借金。この借金を返そうと思えば国は87.5年間一円も使えない)

Dam Project Reviewing Council applied for 14 dam projects in 1995 (1995年に14のダム事業にダム審議委員会設置)

For nation wide criticism against The Nagaragawa River Estuary Barrage (dam), Ministry of Construction (Now Ministry of Land, Infrastructure and Transport) finally took measures..(長良川河口堰を初めとして全国規模のダム反対の機運が高まり建設省は動かざるを得なくなった)

Lessons learned about(政府と反対運動側双方が得た教訓)

1) council members (審議会メンバーは大事である)
2) public participation (市民参加は大事である。参加が増えれば増えるほど批判は高まる)
3) epoch-making event (out of 14 projects, Hosogouchi Dam in Tokushima Pref. suspended due to strong opposition by the community, Kito village mayor Megumi Fujita and the village assembly, that lead to the first large scale dam stopping in Japan in 2001.(木頭村では住民、議会、村長の強力な反対で一時休止となったが、こうした画期的な出来事は、反ダム運動を盛り上げる意味で重要である。やがてこのダムは中止となった)

Comprehensive Inventory for Dam Project in 1997(1997年に建設省がダム総点検)
All the dams checked but no public participation, only internal procedure in the Ministry.
    (教訓を元に、建設省は市民参加をさせずに内部でダムの棚卸しを行った)

Public Works Reviewing System started by Prime Ministry Ryutaro Hashimoto in 1998. (1998年に当時の橋本龍太郎首相が公共事業評価制度を開始)以下は評価を行う事業の条件

Prolonging projects as follows were reviewed.
1) 5-year-budgeted project at the construction stage, if no agreement reached on compensation or if construction not started
2) 10-year-ongoing projects, after construction started
3) 5-year-passed project after planed
4) drastic social and economic change
1)~4) picked up by and reviewed by the Ministry

Ruling parties recommended the government and the prefectures to stop 233 projects including dams, roads airport, etc. in 2000. (2000年に与党は233の公共事業について政府に中止勧告)

1) 5 years passed and not started
2) 20 years passed after planned completion date
3) suspended projects by the government Reviewing System
4) 10 years passed after planed but no adopted yet
*The most of the recommendation accepted and some not”

Dam Cancellation(ダム事業の見直しの結果、中止になった数)
Year    Number of Dam Cancel
1997    4
1998    3
1999    4
2001    32
2002    3
2003    12
2004    6
Total    64
*94 including reservoirs smaller than 1-million-m3(100万立米以下を含めれば94ダム)

と、政府の見直しによってダムが止まってきたように見えるが、実は1993年に結成された「水源開発問題全国連絡会」が、ダムの見直しをする仕組みを提案したのが先にあり、2年がかりでその提案が(政府は認めはしないだろうが)認められたとも言える。ダム反対運動と同時に市民側が提案を行うということが重要なのだ。

Reformers in local governments (改革派知事の登場も脱ダムの流れを加速させた)

Tottori Governor, Yoshihiro Katayama, stopped Chubu Dam in 2000(2000年に鳥取知事が中部ダムを止める)
Nagano Governor, Yasuo Tanaka, "No Dam Proclamation" in 2001(2001年に長野県知事が脱ダム宣言をする)
Kumamoto Governor , Yoshiko Shiotani, made decision on dismantling the Arase Dam in 2002(2002年に熊本県知事が荒瀬ダム撤去を決定する)

Strong backlash (強い反発もある)

vested interests / iron triangle among politicians, bureaucrats and industries(既得権益、鉄のトライアングルは健在)
needs for regional development depending on public works due to failure of policies for agriculture, forestry and fishery(第一次産業政策の失敗から地域振興策としての公共事業を求める地域もある)

2. People’s Struggles (人々の七転八倒)

The River Law reformed in 1997(1997年、河川法が改正されるが)

Issue 1: Inappropriate Timing for public participation, too late, too little

|

« 「そこのけ」は、国際標準を満たさない | トップページ | 黄蝶の誘い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。