« 集会の案内再掲載 | トップページ | なぜ訴訟か?  »

2004年12月 5日 (日)

縁の下の力持ち

 物語には、主役の他にも主役がいます。多くの主役が一つの物語りを多様に演じるとき、その物語は大きく展開していきます。八ッ場ダムを巡る物語も、そんな曲がり角をまたひとつ曲がったように、私には見えます。
  谷合さん.jpg

今日は「八ッ場ダム~住民訴訟スタート集会」で、ふと、縁の下から八ッ場ダムの活動を支えているお二人を発見。「機会があったら、縁の下の力持ち編で、サイトに載せてもいいですか?」のお願いに、お二人とも照れ笑いで答えてくれました。

渡辺さん.jpg

 右は、八ッ場ダム住民訴訟の弁護団の縁の下の力持ち、谷合周三弁護士。  
 左は、チラシ作りからカメラマンまで、市民団体の裏舞台で、頼まれるとなんでも「アイヨ」と引き受けてしまう力持ちの渡辺誠さん。

 一つの運動を定点観測していると、人々の笑顔や息づかいが見えてくる。
 それが楽しいです。

 「Port of Notes」の「Evening Glow」を聴きながら。(お勧めCDです)

 まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.jp

|

« 集会の案内再掲載 | トップページ | なぜ訴訟か?  »

コメント

おやぁ、渡辺誠さん見っけ。
 川辺川ダムでも、というか尺アユトラストの「女性たちの会」でも何度も何度もお世話になっている、あの渡辺さん?
その節は(何度も何度も迷惑かけて覚えきれない)、大変ありがとうございました。いいチラシも、いい絵葉書も出来ました。

 初めてお目にかかりますが、「何でももってこい!」という雰囲気いっぱい。安心して今後もいろいろとお願いできそうで、安心しました。
 「縁の下シリーズ」、素敵な企画ですね。いつものあの人が画面から飛び出てきました。
 

投稿: 須藤 | 2004年12月 9日 (木) 21時41分

あ、須藤さん、どうも。そうです。その渡辺さんです。本物はもう少しハンサム気味です、と言っておきましょうね^^。

投稿: まさの | 2004年12月11日 (土) 03時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 集会の案内再掲載 | トップページ | なぜ訴訟か?  »