« オーフスネットの設立一周年と翻訳完成記念 | トップページ | 冬休み中のお勧め図書 »

2004年12月28日 (火)

八ッ場ダム予算が示す意味

 財務省が、12月20日、05年の一般会計予算の内示をしました。
 八ッ場ダムに関しては、国交省の要求300億円に対し、280億円の回答。
 04年度の八ッ場ダム予算は196億円だったので、それから比べれば大増額。
 707兆円を超える大赤字時代に、その増額ぶりは、まさに異常。「財政」という一点から見ても、八ッ場ダムがいかに非現実的な選択かわかる。それがまだ必要なものであれば分かるのですが…。

【国交省が2010年に完成するという裏側の理由】

 ところが、これだけ増額して急ピッチでダム建設を進めようとも、完成時に、それが不要になっている。それがこんなにも明らかな公共事業は珍しいくらい(いや、一杯あるかも)。
 八ッ場ダムの水を使うことになっている利根川流域(6都県)の人口は、国立社会保障・人口問題研究所の推計で、2015年がピークなのだ。
 八ッ場ダムは、なんと言っても「52年前」にできた計画なので、その時は、まさか、人口が減少した後にダムが完成するなんて、当時の建設省だって思っていなかった。
 しかし、今、国交省は、「これではマズイ」と内心、知っているので、しきりと「2010年に完成します!」と言い張っています。
 
 でも、計算が合わないんですよ。「2010年度に完成させるためには、2005年度以降、毎年450億円の予算が必要!」と水源開発問題全国連絡会の嶋津暉之さん。
 もちろん、これは逆説的な言い回しです。

 これから赤字はドンドン増え、税収はドンドン減る。450億円なんて予算はつかない。
 つまり、国交省は2010年に完成すると言うけれど、それは、「人口減少のタイミング」と「完成のタイミング」を見比べた場合に、ダムは不要だとはっきり誰の目にも見えてしまう、彼ら自身も認めざるを得ない。

 認めた瞬間、裁判にも負けてしまうだろうから、あくまで、「完成するつもり」といい続けるでしょう。そして、裁判官はこの詭弁を見抜けるでしょうか?
 
 あるいは、詭弁が見抜かれないように、国交省は、今回、馬鹿馬鹿しくも、関西国際空港に予算をど~んとつけたように、国交省はいつかそのうち、ど~んと、予算だけつけて、つじつまを合わせ、そして、やっぱり2015年になって、「やっぱり不要になりました」と言うのでしょうか。
 今、この時点、2004年にそれが分かっていて。
 長良川、諫早干拓、徳山ダム・・・、なんど同じ過ちを繰り返すのでしょうか。

 右は、先日、鎌倉の山を歩いていて見つけた赤い実。
 これ、なんて言います?よく見るのですが、名前が分かりません。もし、ご存じだったら教えてくださいませ。
 赤い実.jpg

まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.jp

|

« オーフスネットの設立一周年と翻訳完成記念 | トップページ | 冬休み中のお勧め図書 »

コメント

今の季節に赤くなるんですね。
アオキ(青木)じゃないでしょうか。
ままごと遊びに使った懐かしい赤い実です。

投稿: 清沢洋子 | 2004年12月29日 (水) 01時44分

アオキと言うのですか!助かりました。ネット上の図鑑で「アオキ」で見てみて確かめました。まさしくこれです!感謝です。

投稿: まさの | 2004年12月31日 (金) 23時00分

アオキと言うのですか!助かりました。ネット上の図鑑で「アオキ」で見てみて確かめました。まさしくこれです!感謝です。

投稿: clintoen | 2005年2月 4日 (金) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーフスネットの設立一周年と翻訳完成記念 | トップページ | 冬休み中のお勧め図書 »