« たとえばボツ | トップページ | 「八ッ場ダム住民訴訟」スケジュール »

2005年1月15日 (土)

淀川のロングラン審議

 八ッ場ダムは、52年前に利根川水系に計画され、現在に至るまで増額はあっても、科学的な観点からの見直しを求める政治力が足りず、現在、その財政に直結する1都5県(東京、群馬、埼玉、群馬、栃木、千葉)での住民訴訟へと発展中です。
 97年の河川法改正を境に、それとは違う運命を取りはじめたのが、関西一円(大阪、奈良、京都、三重、滋賀、兵庫)を流れる淀川水系です。
 淀川水系流域委員会を立ち上げ、大がかりな「参加」形態を創設して、平成15年には「ダムは原則、建設しない」という画期的な提言や意見書を出しました。

 97年の河川法改正の裏側で、対案作成に関わった経験がある私には、「大河川での住民参加」は想定することすら難しいと思った経験から、その実現は何をかいわんやの域にあると考えていました。
 利根川ではやろうともしなかったことを淀川ではやった。しかも4年もかけてここまで来た。その意味で、私は、実は、淀川水系流域委員会の試みを、「とにかくやった」というだけで、たいへん評価しています。
 そして、最後まで、「ダムは原則、建設しない」というこれまでの国土交通省にはなかった理念を打ち出そうと踏ん張ろうとしていることに(一枚岩ではないので予断は許せないが)、拍手を送ります。
 とはいえ、個人的な理由で4年に渡る「流域委員会」の過程をリアルタイムでフォローすることができず、忸怩たるものを感じていました。しかし、昨年、小豆島で開催された水源開発問題全国連絡会の総会に寄せられた「関西のダムと水道を考える会」代表の野村東洋夫さんの文書を読ませていただき、「なるほど、そうだったのか」という流れが、手に取るようによく分かりました。

―「参加」で乗り越えなければならない課題が、実によく分かります。
―「専門家」の役割を考えさせられます。
―「水需要予測」が明らかになり、水が要らないとバレルと分かったとき、国土交通省はどのような秘策に出るか、分かります。
―「水源開発」を巡る省庁間、省内の縦割り問題が、よくわかります。

 そんなわけで、前置きがたいへん長くなってしまいましたが、野村さんにお願いをして、その文章を転載させていただくことにしました。住民参加とは何かを考えている皆さん、ぜひ、じっくり、読んでみてください。なお、04年10月にお書きになった文章なので、その後の進展は反映されていません。
 続報もまたお伝えしたいと思います。
 
    ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

大詰めの「淀川水系流域委員会」

  平成16年10月20日
  「関西のダムと水道を考える会」
 (代表)野村東洋夫

A,はじめに
平成13年2月にスタートしたこの委員会もいよいよ来年1月末で終了することになっています。つまり4年掛りのロングラン審議も今、その大詰めを迎えている訳です。勿論、委員会の審議対象は「ダム」だけではなく、淀川水系の多くの河川や琵琶湖の維持・利用や様々な河川環境問題も含まれていますが、私達の関心事は「ダム」ですので、ここではこの委員会の審議対象となっている5つのダム計画(丹生ダム・大戸川ダム・天ヶ瀬ダム再開発・川上ダム・余野川ダム)に絞って私達の感想などを述べさせて頂きますが、残念ながら審議は決して順調とは言えません。
新聞報道にもありましたように、この委員会は昨年の中間答申(「提言」)や最終答申(「意見書」)に“ダムは原則、建設しない”との画期的な文言を盛り込んだのですが、その後の「ダム推進勢力」の巻き返しが強く、大詰めを迎えた現況は、端的に云えば「ダム推進勢力の引き伸ばし作戦」に委員会が引き摺られている状況と言えます。

B,経緯と現況
昨年8月の「水源連だより」に「混迷の?淀川水系流域委員会」と題する私達の一文を載せて頂いておりますので一部それと重複しますが、一応この委員会のスタートからの経緯をざっと振り返って置きます。

1)01年2月 第1回委員会
今から3年9ヶ月前に約50名の委員構成でスタートしましたが、なにせ一口に「淀川水系」と言っても主要河川だけでも淀川、琵琶湖~宇治川、木津川、桂川とあり、ダムも前述のように直轄ダム、水機構ダムだけで5つもあります。しかも50名余りの委員のなかにはダムに詳しい人が数人しかいないという状況であったため、委員達がダムについて一定の(決して十分であはりませんが)知識レベルに達するのに2年の歳月を要しました。

2)03年1月 「提言」(=中間答申)
この中でダムについて“計画・工事中のものも含め、ダムは原則として建設しない”との記述が盛り込まれ、マスコミにも大きく取り上げられたため、ご記憶の方も多いのでは無いかと思います。毎月2~3回開催される「本委員会」や「部会」を手分けして傍聴した私達にはその“舞台裏”がある程度は見えたのですが、この「提言」の起草に際して50名余の委員が一枚岩になった訳では決してなく、この時点で「ダム賛成」が5名、「反対」が5名、残りの40名余は“よく分らない”という状況で、この「提言」は、この「よく分らない派」を「反対派」の委員が強引に自陣に引込んだ結果であったのです。恐らくこの委員会を冷ややかに模様眺めしていた「ダム推進勢力」も、この「提言」にはやはり驚くと共に、これを契機に本気になって動き出したものと推測されます。

3)03年5月 近畿地整が「ダム見直し案」を提示
1月の「提言」を受けた形で近畿地方整備局が、5つのダムについてかなり具体的な「見直し案」を提示して来たのですが、これの大きな特徴は次の2点でした。
  1、「提言」に反して、5ダム全てを“有効”としたこと
  2、丹生ダム、大戸川ダム、余野川ダムについては、その「利水」目的(水道)につ
    いてその必要性を“精査検討する”としていながらも、実質的にはあたかもそれ
    が消滅することを前提としているかのように、「琵琶湖環境改善」や「他ダムの利
    水容量の振り替え」などの利水代替目的を持ち出して来ていたこと

4)03年9月 近畿地整が「基礎原案」を提示
上記の「ダム見直し案」を読んだ委員からは当然、「提言」を無視した内容であるとの強い反発が出まして、激しい応酬があった後、9月になって整備局が「河川整備計画案の案」として出して来たのがこの「基礎原案」でした。残念ながら5月の「見直し案」と大差はなく、“5ダムは有効”との基本姿勢は崩していなかったのですが、ただ一つ斬新だったのは、この中で“5ダムについては今後の1~2年間を調査検討期間とし、その間はダム本体工事に入らない”と明言したことでした。(→このことは概ね実行されまして、04年度予算において5ダムの予算は大幅に減額されました)

5)03年12月 「意見書」(=最終答申)提出
3年近い審議を終え、委員会は近畿地整に最終答申を提出しましたが、その基本線は「提言」と同じで、5ダムについては次のように記述されました。
 “事業中のダムはいずれも、中止することも選択枝の一つとし、提言の趣旨を尊重した
  抜本的な見直しが必要”
最終答申ですから当然ながらここでこの委員会は終了する筈でしたが、前述のように整備局側がダムについて“あと1~2年調査検討する”とした関係から、この委員会は1年余りの“延長戦”に入ることになりました。

6)04年1月~05年1月 “延長戦”
5ダムそれぞれの持つ課題や「ダム代替案」の調査検討結果について、整備局から委員会に報告や説明が継続的に行われて来ていますが、その殆んどが5ダムの必要性を否定するものではなく、むしろなんとかダムを温存させたいとの意志を感じさせるものばかりと言っても過言ではありませんし、肝心な項目については中々資料を出そうとせず、時間稼ぎをしている気配が濃厚です。その最たるものが「利水」でして、前述のように整備局は利水参画団体の水需要予測について「精査確認中」としていましたが、昨年10月に大阪府や阪神水道のダム撤退意向が新聞報道などで公けになったこともあって、“「利水審議」において「水需要」を外す訳には行かない”とする極めて妥当な委員会からの再三の開示要請にも拘らず、今日現在でも未だに整備局は「精査確認中」で押し通している有様です。一部の委員は「馬鹿にするな!」と怒ったのですが、それでも整備局は動じません。この「壁」を突破するには、怒るだけではなく、「水需要予測」についてのある程度の知識が必要と思われますが、「非専門家委員」にはそれが不足しているため、それ以上には突っ込めないでいます。
この3年余りの間に行政から出された数多くの資料のお陰で、最近は「利水」に限らず「治水」についても市民からは結構的確な意見が出されていますし、大阪府や滋賀県などの自治体からも、その当否は別にして検討に値する具体的な資料が提示されつつあるのですが、それを即座に検討し理解できる能力のある「専門家委員」は、残念ながら「ダム推進勢力」に組み込まれているのか“黙して語らず”であり、一部の意欲的な委員も、4年近くに及ぶ審議の連続で疲れが溜まっているのか、或いは審議対象が余りにも広範で勉強が間に合わないのか、折角の私達の意見提示に対して期待通りの反応を示してくれないのが最近の実情です。
思いますに今一番大事なことは、来年1月に委員会が提出する「最終意見書」において、
委員達がダムに関してこれまでの「提言」や「意見書」のような抽象的な反対論ではなく、治水や利水の個々の問題について出来る限り具体的に記述して置くことであろうと思われます。ダムを含めた河川整備計画の最終決定権は整備局にあるとしても、委員会の最終意見書が個々のダムについての反論を具体的な根拠を基に書いた場合は、将来整備局がそれに反する決定を下すことを牽制する効果を持つと思われるからです。そう思えばこそ、私達一般市民は今、懸命に良いボールを投げ掛けているのですが、委員達が少しもヒットしてくれないというのが私達の思いです。
現状は、有効打の無いままに委員会が「ダム推進勢力の引き伸ばし作戦」に嵌ってズルズルと引き摺られており、彼等の思惑通りにこのまま来年1月の期限切れを迎えてしまうのではないかと私達は心配しています。

C,この委員会の評価すべき点と問題点
1)評価すべき点
1、 審議の公開
   本委員会や治水部会、利水部会、環境部会、或いはダムワーキンググループなどの審議は殆んどが公開で実施され、この委員会の透明度は高かったと言えます。

2、 庶務の外部委託
  委員会の事務作業一式(いわゆる「庶務」)を外部の民間企業(前半:三菱総研、後半:富士総研)に委託したこともあり、経費はかなり掛ったかも知れませんが、事務処理は迅速・的確でした。

3、 情報提供
  整備局など行政から委員への配布資料もほぼそのまま、一般傍聴者にも配布されました。この3年余りの歳月に委員や私達が入手した資料は膨大なものとなり、いくら情報開示の時代とは言え、やはりこの委員会が無ければ、とてもここまでは入手出来なかったと思われます。そしてその内容も特に委員会開始当初のものは“正直な”ものが多かったように思います。

4、マスコミ報道
   傍聴席には報道関係者の席が用意され、「提言」や「意見書」発表の際は委員長たちによる記者発表も行われました。大事な局面では傍聴席に取材記者の数も多く見られ、翌日の新聞紙面に大きな見出しが踊ったことも一度や二度ではありませんでしたから、この委員会が世間に淀川水系のダム問題を知らしめる効果は小さくなかったと思います。

5、傍聴者発言と意見書提出
   審議の終わりには毎回、20~30分程度の時間が取られ、その日の一般傍聴者に発言の機会が与えらると共に、発言内容はそのまま議事録にも載りました。また予め文書で提出すれば、委員や傍聴者への配布資料に載せてもくれました。もっともこれらは、一部の例外を除いて「一方通行」でしかなく、発言や意見書に対して委員会から回答がある訳ではありませんでしたが、しかし兎にも角にも一般市民が自らの意見を公式に発表できる場としての存在意義はあったと思います。

6、意見発表の工夫
   上述のように一般市民のからの意見は「一方通行」であり、その効果は低いと考えざるを得なかったため、私達が工夫した方法が2つありましたので、ついでにご紹介して置きます。
   a)委員と組む
   私達は、これはと思う委員と組み、私達に代わって意見発表して貰うという手法を何度か取りました。「委員発言」となると「傍聴者発言」とは重みが違い、行政側も回答せざるを得ないからです。これは一定の効果はありましたが、あくまでもその委員自身の意見として発表して貰いましたので、意見内容について委員に十分に熟知し、同意して置いて貰わないと、その後の行政側からの反論に委員が即答出来ず、尻すぼみになる恐れがありました。
   b)行政との「Q&A」を意見書とする
   私達の疑問点を整備局や大阪府水道部に「質問書」として直接ぶつけ、この質問とこれに対する回答とを一つの「意見書」として委員会に提出し、配布資料に載せて貰うことで、問題点と行政の見解との双方を一挙に委員や傍聴者、マスコミに周知することが出来、かなり有効な手法であったと思います。

7、住民対話討論会
河川整備計画策定に当って「関係住民の意見を反映させる措置」を講じることが河川法により河川管理者に義務付けられているため、近畿地整はこの委員会にその手法についての審議と提案を要請し、そこで出てきたのが「住民対話討論会」でした。
   これを受けて近畿地整の各河川事務所が、その所管するダムについてこの討論会を開催することとなり、昨年12月から今年4月に掛けての時期にその第1弾を開催し、5ダムについてそれぞれ2~5回程度の討論会が持たれました。今年8月からはその第2弾が現在開催されつつあります。第1弾については私も「丹生ダム」と「天ヶ瀬ダム再開発」のものに参加してみました。ファシリテーターと呼ばれる進行係りを置いて10人程度の応募者が一つのテーブルを囲んで討論する形のものでした。もっとも地元のダム推進派が多数を占め、初回は堅苦しい雰囲気でしたが、回を重ねるにつれ、お互いの意見や立場をある程度は理解することが出来たように思います。地元の人達の関心事はやはり「洪水」と「周辺地域整備事業」で、用地買収や住居移転が既に終了しているため、「水没問題」は過去のものとなりつつあるとの印象でした。

2)問題点
 1、専門家委員の非協力
   「流域委員会」は先ず何よりも委員達が十分な学識と経験を持ち、自分の意見をしっかり発言してくれることが必要で、当初の人選が重要なのは他の委員会、審議会と同様です。そして今から4年近く前の委員会スタート時点では“この委員会は従来とは一味違い、御用学者の寄せ集めではなく、思い切った人選を行った”との近畿地整の触れ込みだったのですが、その後の様子を見れば、少なくともダムに関する限り、他の委員会などと大同小異であったと言わざるを得ません。
   治水、利水を専門とする委員たちは、この4年近くの審議において、殆んどの人が終始ダム推進の姿勢を崩さないばかりか、昨年1月の「提言」で“ダムは原則建設せず”との方向性が出てからは、委員会自体への欠席が目立つようになり、たとえ出席しても発言はほぼ皆無という有様でした(その代表格が利水部会長のI委員)。
   他方、ダム反対派の委員は殆んどが治水・利水に素人で、提言や昨年12月の「意見書」提出までは大いに頑張ってくれましたが、ここで息切れし、その後の「延長戦」の「各論」に入ると、整備局側が次々に出して来る詳細資料の消化に追い付けず、無理も無いと同情はしますが肝腎の今の大詰め段階では、この4年間の蓄積疲労で精神的にも参ってしまっているのが実情と思われます。また、ダム地元の地方大学や県立研究所勤務の委員も多く、彼らにはダム推進勢力から有形無形の圧力が掛っていることも推測されます。因みに以前は最も活発な部会であった「琵琶湖部会」が最近すっかり大人しくなってしまっている背景には、これがあるのではないかと私達は見ています。
   要するに、その学識と経験の力を最も発揮すべき専門家委員が黙ってしまうという構図が、折角のこの“画期的”な淀川水系流域委員会を潰しつつあるのです。
   ただし唯一の例外は今本委員で、河川工学の権威であるこの方一人だけが、自ら「ダムワーキング」のグループリーダーを買って出て、獅子奮迅の活躍をされていますが、多勢に無勢、ここに来て疲労の気配が濃厚です。この方が最近よく口にされる言葉が“委員はもっと勉強せよ!”であることが何よりも雄弁に今の委員会の状況を物語っています。

 2、淀川水系の複雑・多様性
   「B、経緯と現況」でも述べましたが、「淀川水系」という審議対象が大き過ぎることも災いしたと思われます。取り分け「琵琶湖」の存在が問題を複雑にしており、特にこれの「水位管理」と治水・利水・環境との関係は複雑で、しかも大多数の委員にとっては初めて聞く話であったため、これの理解だけでも容易ではなく、今尚消化不良の委員も少なくないと思われます。逆にダム推進勢力はこれを逆手に取って丹生ダム、大戸川ダムの正当化に利用し、大阪府などの利水撤退により不要となる貯水池容量の穴埋めに「琵琶湖環境改善」という新たなダム目的を捏造したり、100年に一度の異常渇水による琵琶湖水位の低下を強調することで委員を脅しに掛ったのです。

 3、近畿地整内部の「ねじれ現象」
   近畿地方整備局河川部長の言うことと、出先機関が委員会に提出する資料や見解との矛盾が顕著です。宮本河川部長(委員会開始当時は淀川河川事務所長)の委員会開始当初における発言は、河川法の主旨を淀川水系で具現させようとの意欲を強く感じさせものでしたし、私達が今年6月に近畿地方整備局で直接会見する機会を得た時も、同様の雰囲気を感じさせました。また先日、同整備局が毎日新聞2面全面を借り切って、淀川水系の現状や課題を訴える記事を載せたことも単なるポーズとは思えません。
   しかし「近畿地方整備局」の名前で現実に委員会に出てくる資料などは、前述しましたように何とかしてダムの必要性を維持し、大阪府などの利水撤退によるダム規模の縮小を回避しようとする内容のものばかりと言っても過言ではありません。
   このことは、近畿地整も決して内部は一枚岩ではなく、河川事務所や水資源機構などの出先機関が河川部長の発言を無視しつつあることや、彼等の所有する資料の中から都合の良いものだけを選んで委員会に提出していることを伺わせます。ヘッドクォーターである河川部には案外「実務機能」は無く、以前から蓄積された資料を保有しているのも、或いは委員会に約束した諸々の「調査検討」作業を実際に行っているのも、そしてダム代替案を作成するのも、河川部本部ではなく、上記の出先機関と思われます。
   つまりトップと出先機関との「ねじれ現象」が顕著であり、委員会初期は兎も角も、正念場に来た今は、むしろトップが実務能力に勝る出先機関に引き摺られているのが実態ではないかと思われます。勿論、出先機関の背後ではゼネコン・政治家・学者などのダム推進勢力が後押しをしているのでしょうが。

4、縦割り行政の弊害
 a)他省庁との縦割り
   
全国の他の流域委員会も同様と思われますが、主催者が国土交通省近畿地方整備局であることから、この委員会に環境省・農水省などの他省庁の参加が皆無という大きな欠陥を内包しています。このために委員会審議の幅が狭くなっており、議論が他省庁管轄の分野に及ぶとそこでストップしてしまいます。たとえば淀川からの利水については上水・工水のみで農水の取水が殆んど無視されますし、丹生ダムの高時川の瀬切れ問題についても、琵琶湖河川事務所はその原因が水利権を盾にした農水の過剰な取水にあることまでは暗に示唆しますが、その先に踏み込もうとしません。「環境」については私達は詳しくありませんが、環境省の担当官が加わっていれば、審議内容はかなり違っていたのではないかと推測しています。つまり、そもそも「流域委員会」のあり方自体に問題ありです。

 b)国交省内部の縦割り 
  「利水」については国交省内部での「土地・水資源局」と「河川局」との縦割りも関係しているのではないかと私達は見ています。前述のように、ダム参画団体の将来水需要について検討することは、委員会がダム計画の当否を審議する上で必ず行うべき必須項目である筈ですが、ダム参画団体の水需要予測についての委員会からの度重なる開示要請に対して整備局は、「精査検討中」として執拗に詳細説明を回避し続けています。誠に異様な光景ですが、その背景にこの国交省内部での縦割りがあるのではないかと私達は思うのです。それは「淀川フルプラン」の関係です。つまり水需要やそれに伴う水資源開発を決めるのは、旧国土庁水資源局(現・国交省土地・水資源局)の管轄であり、今は同じ国交省となったとは言え、河川局としてはそこに踏み込めないというのが、この“異様な光景”の理由ではないかというこ
とです。
   淀川フルプラン審議会(正しくは国土審議会水資源開発分科会淀川部会)は土地・水資源局の管轄の下に、実は平成14年から開催されていますが、現在は開店休業状態にあります。恐らく淀川水系流域委員会の終了を待って、来年の早い時期に再開し、ここで一気に5ダムの水資源開発を決め、閣議決定に持ち込もうというのがダム推進勢力のシナリオというのが私達の見方ですが、宮本部長もこのシナリオに敢えて踏み込むことは出来ないということなのではないでしょうか。現に9月23日の「ダムワーキング」で、業を煮やした今本委員が「我々はこの「精査確認」を既に3年も待っているのだ。整備局はこのことを一体、どう考えているのか!」と宮本部長に強く迫った時は、さすがの部長も「この委員会審議には必ず間に合わせる」と明言したのですが、その後1ヵ月近くになっても今のところ新たな展開の気配はなく、先日の淀川部会での担当官の回答からしても、実現は怪しいのではないかと私達は見ています。

~~~~
転載以上。野村さん、ありがとうございました。(改行を少しいじりました)

まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.

|

« たとえばボツ | トップページ | 「八ッ場ダム住民訴訟」スケジュール »

コメント

まさのさんご無沙汰です。淀川水系流域委員会報告、有益でした。

「傍聴席から意見」は重要な事項です。今後の目標とします。
専門家の協力と共に市民の側に、話しについて行ける理解力が必要なこと重要です。
長期にわたる課題への「持続」の問題も重要です。

神戸では神戸空港に関して市民が、需要予測や費用対効果などの審議会で、傍聴席からのヤジ意見で審議の方向が動いて行く現実があります。動きが見えている人は少数ですが、良く判らないけど運動としてついて行く人と分業しています。審議の都度、内容批判を「公開質問状」「議会への陳情、請願」などで問題点をまとめ、それを全部「神戸空港裁判」の準備書面に反映させます。そういった審議検討事項が役立てられる場が有れば緊張を持続させることが出来ます。
また、街頭宣伝行動を行う為、市民への一定反映も刺激を持続させます。市民原告2,121名と補助参加人2,600名を組織して地元性を維持しています。
が、広域アイテムの難しさは痛感します。
とりあえず今神戸では新しい試みがされ、裁判でムダな公共事業にストップをかける可能性が生れています。可能性のカナメは、専門家との協力と、これを受け入れる市民の側の力量です。
では

投稿: 東條健司 | 2005年1月15日 (土) 22時07分

東條さま、ほんとうにお久ぶりです。「参加」の最低ラインを共有しながら突破口を開き、その水準や濃度を日本中であげていけるといいですね。「市民原告2,121名と補助参加人2,600名」は神戸空港の差し止め訴訟ですか?

投稿: まさの | 2005年1月16日 (日) 13時00分

淀川水系流域委員会に京都桂川流域住民として、傍聴者発言をしています。発言内容は流域委員会議事録に載っています。
政野さん、野村さん 今後ともよろしく願います。

投稿: 酒井 隆 | 2005年1月16日 (日) 21時46分

酒井さま
こちらこそ、よろしくお願いします。
これから治水バトルなんですね。複雑な問題が実はシンプルで理解してみると面白い、という方向になっていくといいですね(勉強ぎらいな私の希望的願望ではありますが、何事も勉強しないと参加もできないのがネックですねぇ)。

投稿: まさの | 2005年1月18日 (火) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たとえばボツ | トップページ | 「八ッ場ダム住民訴訟」スケジュール »