« 過大な洪水想定 | トップページ | 「暫定」と「安定」水利権 »

2005年2月26日 (土)

洪水調整効果ゼロ

 さて、クライマックスの第二弾です。
 八ッ場ダムが必要です、というパンフや国会議員への説明資料に、これまで、国土交通省が必ず入れ込んできたのが、「カスリン台風」でした。その被害を大々的に宣伝する写真でした。だからダムが必要ですと。ところが…です。

塩川鉄也議員:
カスリン台風のときに、八ッ場ダムの洪水調節効果は?資料ももらっているが。31位の過去の洪水ということで出ている。カスリン台風のときの八ッ場ダムの洪水調節効果はどの程度あるのか?

河川局長:
八ッ場ダムにつきましては吾妻川という支川に建設されるダムだが、その流域に沢山の雨が降る場合とそうでない場合があるわけで、カスリン台風のときの降り方には、八ッ場ダムの効果においては八ッ斗島地点について、大きいものは期待できないと計算結果がでています。ただし、利根川水系のような流域の大きい川になると、いろんな雨の降り方があるので、平均的には600トン、大きいものでは1500トンなどの調節効果が見られるが、ご指摘のカスリーン台風のときは、大きい効果は見込めないという結果になっている。

塩川鉄也議員:
八ッ場ダムを作る理由の一つは、カスリン台風だとさんざん言われてきた。しかし、実際、国土交通省からいただいた資料によれば、カスリン台風では、効果はゼロなんです。そういう点では今までの論拠はなんだったのか?そもそも疑われる。治水効果で見れば全体ではわずかなもの。元もと吾妻川渓谷が天然のダムとなるような渓谷の地形をなしている。洪水調整作用を果たす。ダムにこだわることは河川改修を遅らせることになっているのではないか。改めて、洪水調節効果を再検討する必要がある。いかがか?

河川局長:
河川整備基本方針、整備計画の検討の手続の中で、ご指摘のあったダムの効果や、これからダムがどのくらい必要になるのかを、合わせて検討してまいる。

塩川鉄也議員:
ダムにこだわることでかえって被害を大きくした。昨年、経済産業委員会の視察で三条市にいってきた。中小企業の社長さんから聞いた。ダムがあるから水害はないと思って、水害の保険に入っていないと。結局、河川改修が必要だったのに怠った。ダムにこだわることにより河川改修が遅れた。この点での見直しが必要だと考える。

(続く)

★そうそう。重要なことを忘れていました。

いろいろな雨の降り方がある、と河川局長は言ったけれど、台風は、誰でも知っているように、南からやってきます。すると、必ず、その雨雲は、榛名山と赤城山にぶつかって、そこで雨を降らせ、八ッ場ダムの集水域である吾妻川流域には、チョボチョボっとしか、降らないんです。

分かります?つまり、

「カスリン台風での効果が見込めない」ということは、「台風での効果が認められない」ということと同義語です。そして、南から湿った空気で大雨が降る以外、大雨が降る要素なんか、あの地域にはないのです。雨雲は宇宙からは来ませんからね。

まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.jp

ViVa!(ビバ!) はこちら

|

« 過大な洪水想定 | トップページ | 「暫定」と「安定」水利権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過大な洪水想定 | トップページ | 「暫定」と「安定」水利権 »