« 脱ダム後の処理 | トップページ | 改正の提案その1 »

2005年3月12日 (土)

未完成の絵

川原湯温泉の雪景色.jpg 
 思いをつないでくださる方がいて、先日、「心からのお返事」を宛てた水出さんに、3月7日(月)、お会いすることができました。
 

 川原湯は小春日和。でも雪景色でした。ほとんど押し掛けです。塩をまかれても不思議はないなぁと思っていたのに、実直にお話を聞かせてくださり、「前に向かって進みたい」(最後のチャンスを逃したくない)という気持ちが伝わってきました。

 お聞きした中で、最もドキリとした言葉は、現実への皮肉を込めて出てきた 「絵に描いた餅を見たい」という言葉でした(はずみでおっしゃられた言葉)。

 普通、「絵に描いた餅」とは、実現性がない絵空事を意味します。

 ところが、川原湯には、「描くことすらできない餅」という現実がありました。まち再建の未来図はあるのだが、その未来図が物理的に途中でぷっつり切れている。それゆえに、俗に言う「絵に描いた餅」、としてすら完成していない現実を言い表された。
日常の風景.jpg
 土地を売る人と売らない人。水没予定地と非水没予定地。地主とそうでない人。どこのダム水没予定地にもある、立場や考え方の違う人がいるままで、国家が、事業を見切り発車した結果が、その未完成な絵だ。

 まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.jp
 ViVa!(ビバ!)  はこちら

|

« 脱ダム後の処理 | トップページ | 改正の提案その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脱ダム後の処理 | トップページ | 改正の提案その1 »