« バイオントダム上映会 | トップページ | 上映会の報告その他 »

2005年4月19日 (火)

「アメリカのダム撤去」報告のオマケ

 今週の金曜日(22日)に開催するバイオントダム上映会ですが、素敵なオマケが付きました。

★ 高橋ユリカさん10分間報告★
★ 「アメリカのダム撤去」報告★
です。

 3月下旬にリバーポリシーネットワーク主催の「アメリカダム撤去視察ツアー」に参加したユリカさんいわく「米国陸軍工兵隊が作ったパワポ」だそうです。
 なんでも「さらなる特大オマケ付き!」とのこと。
 

=======
【上映会】
■ プロジェクトV(バイオント)―史上最悪のダム災害」■
■ &現地調査者からの解説■

■ 日時:4月22日(金)18:00~20:00
■18:00~19:30 DVD上映
■ 19:30~20:00 バイオント現地調査解説
■解説:井上公夫氏(東京農工大学・首都大学東京非常勤講師)
■ 20:00~オマケ「米国陸軍工兵隊が作ったパワーポイント」by高橋ユリカ
参加無料
■会場■環境パートナーシップオフィス(EPO)
TEL:03-3406-5180 渋谷区神宮前5-35-67コスモス青山B2F
国連大学の右奥のビルの地下。エレベータを降りて右へ。
■駅■地下鉄:表参道B2出口より徒歩5分(銀座線/半蔵門線/
千代田線)JR:渋谷駅東口より徒歩10分
■主催■ダムと地質研究会 
問い合わせ: atsukom@mrj.biglobe.ne.jp
===
配布資料の関係で「行くよ」という方、
私めまで(atsukom@mrj.biglobe.ne.jp)ご連絡いただけるとありがたいです。


===
まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.jp
ViVa!(ビバ!) はこちら

|

« バイオントダム上映会 | トップページ | 上映会の報告その他 »

コメント

陸軍工兵隊がつくったパワポとは、カリフォルニア州のマチリアダム撤去についてです。河口の砂が減っていることの原因がこのダムであると気づいたサーファーグループが熱心に撤去を求め、10年間も要望して実現した計画だそうです。さまざまなステイクホルダーが参加して話し合いを重ねてきたということがわかるパワポ。コピーしてくださるとは、工兵隊も気前がいいですねぇ~(^-^ おまけのおまけは、日本初のダム撤去となる熊本県荒瀬ダムが、どんな撤去を考えているのか最新取材情報です。よろしかったら、ぜひ~

投稿: 高橋ユリカ | 2005年4月21日 (木) 00時05分

ちょっと話はずれますが、ダムと言えば、この同じViVa!の「ムービーレビュー」に、「村の写真集」の評が掲載されました(by Saikoさん)。

http://www.viva.ne.jp/library/movie/

美しい自然が豊かに残る徳島県の山間部で、ダムに沈む予定の村を舞台に、父と息子の葛藤、絆を描いた秀作です。

投稿: ViVa!編集室 | 2005年4月21日 (木) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バイオントダム上映会 | トップページ | 上映会の報告その他 »