« やらずに後悔するよりは | トップページ | 審議会議事録での発言者の公開 »

2006年1月 8日 (日)

だからやってしまった

  あまりエキセントリックなことはしたくないのだが、物事、何かを変えようと思ったらば、恥を忍んで挑まねばならないことが。。。以下の公開アンケート、郵送やFAXなどで送りました。回答をいただけようといただけまいと、結果は今月23日以降にこちらで公開致します。
 委員によっては、「何をいまさら」という質問事項で、回答には「はい」ばかりが並ぶことになるのかもしれませんが、意識喚起を目的とし、同時に「余談」としてアンケートお願いの最後にいれたように、議事録の名前入り公開を要請するための布石でもあるので、このような内容にしました。
 ★なお、「社会資本整備審議会河川分科会」は、「社会資本整備審議会河川分科会・河川整備基本方針検討小委員会」で審議したことを承認し、それをもって「社会資本整備審議会」の最終結論とみなしているという関係です。

社会資本整備審議会・河川分科会委員への
公開アンケートお願い

突然、不躾なアンケートをお送りすることをお許しください。

97年河川法改正以来、今年で9年目になります。新法に基づいて「河川整備基本方針」が策定された水系は、昨年度までに109水系中で30水系。昨年になり、今年度末までに50%以上、2007年度までに全水系で策定するとの方針が国交省から示され、現在、河川法16条に基づき「社会資本整備審議会の意見を聴」く手続きが猛スピードで進められていることはご承知の通りです。

さて、私は個人またジャーナリストとして昨年、河川分科会および河川整備基本方針検討小委員会をたびたび傍聴しました。その際、国交省原案を右から左へと通していくご審議の模様から、審議委員の皆様と、個別の川に関心を寄せて審議を見守っている地域住民との「意識の乖離」を実感し、ある種の危機感を感じました。

現行法では、国交省が定める河川整備基本方針に「意見」する権限が法的に担保されているのは審議会だけです。真摯な議論が期待されているにも関わらず、その意味の重大さが委員の皆様によって理解されていないのではないかという危機感を持ったのです。

時代の変化とともに、いずれは、国交省や審議会だけではなく、地域住民が参加した形で河川整備基本方針策定が行われる河川法再改正が行われる日が来ることと信じます。しかし、現時点においては、現行法における審議委員の役割を再認識していただきたくことが肝要と思い、失礼かとは存じますが、別紙、基本的な事項についてお尋ね致します。意味を考えつつご回答いただければ幸甚です。

いただきました回答につきましては、インターネット上の発信媒体「ダム日記2~河川法を改正しようよ」http://www.viva.ne.jp/blog/wonwonatsuko/にて公開致したく、あらかじめご了承くださいませ。

 なお、余談ではございますが、現在、河川分科会および河川整備基本方針検討小委員会の議事録は、「発言者の氏名を除いて」「一般に公開する」こととなっています。この件につきまして、氏名とともに一般公開をしてくださるよう分科会および小委員会委員長宛で要請を致します。 審議会において、委員の皆様にご意向が諮られました際には、公開にご賛同くださいますよう、よろしくお願い致します。

2006年1月8日
まさのあつこ ジャーナリスト  
(私の住所電話FAX携帯:ここでは省略)


社会資本整備審議会・河川分科会 委員への 公開アンケート
(質問・回答用紙)

2006年1月23日までに 
FAX:XXX(ここでは略)までご回答のほどお願い致します。

1.河川整備基本方針の肝は基本高水であると、知っていますか?
  (はい  いいえ)
  その他:(なんでも思うところをご記入ください)

2.基本高水の算定方法をソラでいえますか?
  (はい  いいえ)
   その他:

3.住民参加は、河川整備計画の策定段階で、必要とあらばという条件つきでしかできず、そこでは基本高水の議論ができないとされていることは知っていますか?
  (はい  いいえ)
  その他:

4.国土交通省が提案する基本高水の是非を議論し、その是非がチェックできるのは、唯一、社会整備資本審議会でしかないと、お気づきでしたか?
  (はい  いいえ)
  その他:

5.基本高水が足かせとなって、川のあり方をゼロから地域住民が決められないことに苛立っている住民がいることに、お気づきですか?
(はい  いいえ)
  その他:

回答者お名前                            
回答日                            

以上、アンケート内容でした。

まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.jp
ViVa!(ビバ!) はこちら

|

« やらずに後悔するよりは | トップページ | 審議会議事録での発言者の公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やらずに後悔するよりは | トップページ | 審議会議事録での発言者の公開 »