« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

美しい写真

浦壮一郎という、どちらかというと山か飲み屋でしか会わない仲間(フォトジャーナリスト)がいるのですが、その彼がサイトを立ち上げた。写真が美しいので、良かったらのぞいてください。

| | コメント (0)

フィリピンのダム

「援助とは何か」が議論されないまま、国際協力銀行を分割するとかJBICという名前は残すとかを日本政府が議論している中、フィリピン在中の波多江さんからメールが来ました。転載します。

続きを読む "フィリピンのダム"

| | コメント (0)

苫田ダムとノリ

 岡山の友人から、「2月4日の朝日新聞岡山版に養殖のりが色落ち 苫田ダム緊急放流へという記事が出ていた」と連絡あり。ネットで見てみると、確かに
「児島湾の養殖ノリ:栄養不足で「色落ち」 苫田ダム、きょうから緊急放流 /岡山 - 毎日新聞 - 岡山」とあります。
 ダムによる海への影響の因果関係を認めたとも言える。

続きを読む "苫田ダムとノリ"

| | コメント (0)

2006年2月20日 (月)

ダム行政の新しい法則

 「もうこれ以上のダムは作らない。いよいよ首都圏でも始まったということですな」と社会資本整備審議会河川分科会河川整備基本方針検討小委員会の司会役の近藤徹委員長が言った。関西の淀川を意識してのことだろう。関東での脱ダムを宣言するのは私だ、という得意げな表情が、その口元に現れた。利根川水系の河川整備基本方針案を審議したまとめの席でだ。

続きを読む "ダム行政の新しい法則"

| | コメント (0)

2006年2月12日 (日)

Who said what

 河川分科会(とその小委員会)の議事録の発言者名が非公開の件を書いた途端、東工大の原科幸彦教授から電話があり、開口一番、「読みましたよ。公開しないって。バカ者だなぁ。誰だ、そいつは!」「課長の段階で、審議委員まで届いていないんじゃないかと」「名前を出したくないという委員は辞めさせればいいんだ!Who said what(誰が何を言ったか)が一番重要なんだ!」と私より、本気で怒っている。

続きを読む "Who said what"

| | コメント (0)

2006年2月 8日 (水)

誰を見て何のために仕事をするか?

 昨日2月7日の社会資本整備審議会河川分科会河川整備基本方針検討小委員会、傍聴に滑り込むと、最後に、またしても司会役の近藤徹委員長が、「本日の議事録につきましては、内容について各委員の御確認を得た後、発言者の氏名を除いて国土交通省大臣官房広報課及びインターネットにおいて一般に公開することとします」と言う。

続きを読む "誰を見て何のために仕事をするか?"

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »