« 苫田ダムとノリ | トップページ | 美しい写真 »

2006年2月25日 (土)

フィリピンのダム

「援助とは何か」が議論されないまま、国際協力銀行を分割するとかJBICという名前は残すとかを日本政府が議論している中、フィリピン在中の波多江さんからメールが来ました。転載します。

以下、転載
■■ フィリピン・サンロケ多目的ダム事業 灌漑部門
     (アグノ川統合灌漑事業)に関する
     日本政府、国際協力銀行への要請書
     
     団体賛同のお願い――3月5日まで     ■■
                       
皆様、

いつもお世話になっております。波多江@FoE Japanです。

日本企業の丸紅と関西電力が進め、私たちの公的資金約7億米ドルが国際協力銀行(JBIC)を通じて使われたフィリピン・サンロケ多目的ダム事業。そのアジア最大級のダムが引き起こしている地元での深刻な社会環境問題については、これまでにも、皆様にお伝えしてきましたが、現在、その建設されたサンロケダムのすぐ下流で、大規模な灌漑事業(サンロケ多目的ダム事業 灌漑部門)が進められようとしています。

その資金源として、フィリピン政府が融資の要請を行っている先は、またもや日本政府です。現在、日本政府も融資検討の最終段階に入っていると見られ、早ければ、今月中にもフィリピン政府との間で融資契約が結ばれるとの報道も流れています。

しかし、この灌漑事業は無視することのできない社会環境影響を孕んでいます。
  ※現地の農民団体があげる同事業の懸念点についてはこちらをご覧ください。
   →「現地農民団体の灌漑事業に関するポジション・ペーパー」(和訳)     

2月21日、フィリピン現地でサンロケダムの問題に長年取り組んできた「アグノ川の自由な流れを取り戻す農民運動(TIMMAWA)」、「コルディレラ民衆連合(CPA)」の2団体およびFoE Japanは、同灌漑事業の社会環境問題を指摘し、現段階での融資の決定を行わないよう求める要請書(英文)を日本政府およびJBICに提出しました。
  ※要請書の全文はこちらをご覧ください。(正文は英語です。)
   (英文)(和訳)

また、さらに強く日本政府の慎重な融資検討を呼びかけるため、この要請書(英文)への賛同を広く集め、3月に再度、日本政府へ提出する予定にしています。

ご賛同下さる団体の方は、3月5日(日)までに
●賛同団体名および代表者の方のお名前(英語にて) を
●FoE Japan波多江(hatae@foejapan.org)
までお知らせください。
日本の皆様より多くのご賛同がいただけますようお願い申し上げます。
====
転載終わり。なお、サンロケダムやその灌漑事業
については、それぞれのサイトでご確認ください。

移転や負担金の問題で十分な合意がなされていないという点では、日本のダムや土地改良事業の輸出とでも言いましょうか。遠くて伝わってきにくい日本の問題です。

まさのあつこ atsukom@mrj.biglobe.ne.jp
ViVa!(ビバ!)はこちら

|

« 苫田ダムとノリ | トップページ | 美しい写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 苫田ダムとノリ | トップページ | 美しい写真 »