« 引っ越してきました | トップページ | 基本高水と森林の保水力 »

2006年4月15日 (土)

熊本・川辺川のゆくえ

413日、「球磨川水系の河川整備基本方針の策定」について第一回目の審議が、社会資本整備審議会・河川分科会・河川整備基本方針検討小委員会で行われました。球磨川はその支流に「川辺川ダム」が計画されている水系です。

場所は国交省の11階。10:00から。10:30からと記憶していて「おぉ~早く着いたな。10分前だ!」とバン!とドアを開けたら、もちろんもう始まっていて「ウガっ!」

熊本から遠方で来られない方々のため、関係メーリング・リストに「本日の感想」と称してお伝えしたことをはしょって再現します。

==

昨年から、この「河川整備基本方針検討小委員会」をあれこれ傍聴してきていますが、一番最初に傍聴したケースの100倍ぐらい質が高かった。吉野川水系のときに比べても15倍くらい、利根川水系と比べても10倍は良かったです。(発言と緊張感が)

最初が悪すぎた(淀川水系でした)。吉野川で「住民は見ている」のだと気づいてちょっと緊張した様子。利根川で住民が出した意見書にちょっとは反応しないといけなくなった。川辺川で真正面から住民側(県民の会)から出した意見書を取り上げる委員が出てきた。そんな感じです。

(ただし、そう思っていたら、現地での公聴会開催を要望した意見書は配られておらず(あとで知りました)、そんな中にも国交省事務局には作意があったことを知りましたが)

知事がたびたび発言し、必死でいかにこれまで県で河川法改正を体現する形で、住民討論集会を長い期間、回数を重ねてやってきたかを話され、他の委員もそれに反応し興味を持ち、それがどんなものか知らない、「利水計画はなくなったとか聞いたが詳しくは知らない」というような発言もあり、複数の委員が「意見書には大半の人間がダムには反対だとある。本当のところどうなのか」「地元でどう考えられているのかを知りたい」と言い始めました。「(住民討論集会など)それだけのことがやられていたから、こんなにマスコミも来てこれがどうなるかと見ている」「国だけで押し切ったとか言われないためにも」とかいう発言もありました。

ダム推進派である人吉市長は、「住民」といってもいろいろいる。被災した人はダムを作って欲しいというし離れていれば作るなと言う。マイナーな意見をつぶしていいわけではない。水上から八代市まで(上流から下流の市町すべて)、首長、議長は皆、ダム推進だと述べました。

県知事はそこですかさず、「色々な世論調査が出ているので整理して事前に出したい」と見事にリカバー。

それを受けて、委員会の最後に、近藤徹委員長が熊本県で行われた「住民討論集会を追体験したい」から、国交省事務局と県とで、これまでに蓄積された資料や議論を整理して次回(510日)に出すようにと、言いました。

地元新聞では、この日の最大の成果とも言える「住民討論集会を追体験したい」といった委員長の言葉が伝えられていなかったようですので、あえて強調します。

|

« 引っ越してきました | トップページ | 基本高水と森林の保水力 »

コメント

球磨川の場合は他の利根川、吉野川と比べても10倍良かった、というのは実感としてわかります。しかし、冷静になって考えてみると、これまでの国交省自体の取り組み方が、あまりにひどすぎた、ということはありませんか?
河川整備基本方針という枠を考えると、彼らの行動もわからないでもないのですが、それが本当に公僕としての本来の行動なのか、はなはだ疑問を持ちます。今回の資料で「住民討論集会」のことが一文も触れられていない、ということでもわかるとおり、明らかに国交省は、一般国民をコントロールする立場にある、と思っているフシを感じられます。もっともそれが彼らの常識なのかも知れませんが、それは勘違い以外の何者でもありません。パブリックという意識を再認識してもらいたいものです。

投稿: 渡辺誠 | 2006年4月30日 (日) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/1417355

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・川辺川のゆくえ:

» 川辺川ダム建設問題 [■特にテーマなど設けずに]
 ここ数年、個人的に、熊本県の人吉・球磨地方と大きく関わってきました。僕が見てきた人吉は、朝は街の中心を流れる球磨川から霧が立ち込め、米、野菜、鮎、米焼酎など、本来は実り豊かな地域なのですが、それとは別に大きな問題を抱えています。それは、川辺川ダム建設問題です。詳細は、下記の Web Site を見てください。  自分からの提案としては、ダム建設を中止して、同じ額の予算で、人吉・球磨地域でバイオマス発電や風力発電をやってみてはどうか。将来、自分たちの利得となるような公共事業のほうがいいのでは... [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 01時11分

« 引っ越してきました | トップページ | 基本高水と森林の保水力 »