« こりゃ失礼 | トップページ | 抱腹絶倒的悲劇  »

2006年5月10日 (水)

テープ保管スペースはいかほど?

また続きです。

前回までのやり取りを読んだ方からは、「笑ってしまった。いや、笑いごとじゃないんだけど」とか「怒りを通り越して笑っていまいました」という種類のフィードバックを最も多くいただきました。

ことの本質(後日、ワタシも遅すぎないタイミングでおさらいしますが、すぐフォローしたい方は、熊本日々新聞のウェブサイトをご参考に)からズレ続けて恐縮ですが、「その後から本日」までの、抱腹絶倒を通り越して泣けてくる河川計画課君とのやり取りについて、不本意ながら報告しておきます。

5月2日、再び河川計画課君からお電話をいただきました。一つには、「録音テープを取っておくように委託業者に指示して」と言ったことに対する回答。

国交省河川局河川計画課君の判断では、ど~しても「録音テープは業者」のものということになるそうです。(そうそう。フィードバックの中に、「『委託』という性質を考えれば、テープは誰のものか分かりそうなものなのに・・・」というのもありました。ワタシもそう思います)

そこで、私は「あのですね」と、説教モードに突入。

クドクド言った内容を短く説明しますと・・・。

国交省は「情報」も「録音テープをどうするか」という判断もすべて握っている。開示をして欲しいという要請があったときに、それが業者のものだとか行政文書ではないと国交省が自分で判断するのは国交省の勝手である。しかし、情報も権限も、すべてを行政が握っているのは適切ではない、その判断が正しいかどうかを判断するのは第三者であって、あなた達(国交省)ではない。それが、情報公開法ができた意味ではないか。テープを取っておけと言ったのは、そういう意味である。

だから、とにかく、取っておいてくれるよう言ってくれ。判断を第三者に委ねるまでの間、テープ一本を、国交省であれ委託先であれ、取っておいてもらうことで誰が損をするのか?誰も損をしないでしょう?

ここまでなら、正論をぶつける気力がありました。

|

« こりゃ失礼 | トップページ | 抱腹絶倒的悲劇  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/1743338

この記事へのトラックバック一覧です: テープ保管スペースはいかほど?:

« こりゃ失礼 | トップページ | 抱腹絶倒的悲劇  »