« 花は植えない | トップページ | 相模川を歩く2 »

2006年5月23日 (火)

相模川を歩く

 この2年、ここに書けていないことの方が大半で、いよいよまとまりがつかなくなってきたので、逆トコロテン方式で新しいものから書いて、その行動を何故をとっているか、遡るような形をとって情報便秘を解消したい。

まず、520日(土)。神奈川県主催の『相模川・中津川「ふれあい巡視」』なるものに参加した。この催しの目的は「相模川・中津川のよりよい川づくりに反映させるため」、対象は「相模川・中津川の沿川にお住まいの皆様や相模川に関心を持たれている皆様」。そして「河川管理者・自治体が一緒に河川を歩き、河川に関しての感想・意見・提案等を頂くことを目的としている」。

まずは厚木市役所へ集合。上流から河口まで、4ブロックに分割して歩くのだ。20日はそのうち、相模川の支流である中津川が本流に合流するちょっと前の地点から、宮ヶ瀬ダムに向かって上流へと遡った。最初にチェックリストが配られて、「歩きながらなんでも気づいたことを書いてください」と言われる。書きっぱなしで忘れてしまうので、自分でも手持ちメモに残した。

国道246の中津川橋の下へ

Photo_4  宮ヶ瀬ダムができて以来、大水が出ないので、茂りに茂ってしまった河畔林を地元自治会が自分たちで重機や労力を出し合い伐採をし(その後の処理費は県が負担)、数本を残して整地されたところを見に行った。聞けば、かつては川にすぐ出られたのが河畔林で出にくくなったのが伐採の理由。ニセアカシアなど外来種が主。ダムの影響は上流中流下流に及ぶ。こうした費用はもちろん、ダム建設費には含まれていない。本来はダムの費用対効果の計算に算入させるべき(内在化させるべき)コストである。(あ。この意見を書いておくのを忘れた。このURLを知らせておこう)

川はゴミ捨て場じゃないが

Photo_5 橋の上、下から見ると、ホームレスのいなくなったホーム(ホームレスレスホームとでも言おうか)の残骸や巨大なゴミが打ち捨てられている。この日、数時間歩く中で、ゴミはあちこちに散乱しているのを目にすることになる。

1.7キロの堤防整備と中津川左岸道路計画は不要だと思う

Photo_6 そのまま歩いてたどり着いたのは、道満スポーツ広場周辺。この辺りの1.7キロ区間には築堤整備計画と中津川左岸道路計画があるのだ。川に直角に断面に切って左岸側を説明すると、今は、川→左岸の河川敷→厚木市の道路→堤防→田んぼ→家がポツポツという順番で並んでいる。

聞けば、道路ばたに不法投棄が激しいから、なんとか堤防の外に道路を出してしまいたいという。

道路は砂利道でダンプカーが時々通る程度。堤防は低いから高く、と言うが、写真で見るとおり、脇はすぐ田んぼ。河川敷の幅もスポーツ広場が設けられさらに道路があるくらいに広い。

河川敷を越えてさらに堤防を越えて、さらに田んぼにまで水が到達するとは思えない。何故か?この区間の一角には、何箇所か、親水性護岸がある。しかし、先述したのと同じ理由、つまり、宮ヶ瀬ダムができてから長い間、大水が来ないから、それまでは流されて根付かなかった植物が根付いて川にまったく近づくことが不可能になったヶ所がある。

ダムを作り(水は余っている)、親水性護岸をつくり、そして親水性護岸が意味をなさないぐらい大水がないのに堤防をさらに整備する。こういうのを過剰投資、もしくは無計画投資というのではないだろうか。

そこでさすがにこれは書いた。

Photo_7 1.7キロ区間の堤防整備も道路計画も不要だと思う。理由:

・歩いていてとてもきもちがいい(ウマなんかもいる。とにかくのどか)

・親水護岸の際まで木が生えていたということは、水が護岸のところにすら通常、達していない。ということは、堤防を高く、補強、強化する優先順序はとても低い。もしくはゼロに近い。

・宮ケ瀬ダムは150年に1度の洪水に対応するはずなので、このすぐ下流であふれる洪水は、それ以上の規模ということになるのではないか。宮ケ瀬ダムからの放流は2トンだけで支流からの流れ込みがあるというが、河川敷の広さやその向こうに広がる田んぼ、その向こうにようやく住宅があることを考えれば堤防を高くする優先順序は低いかゼロ。

・不法投棄対策として道路と堤防の位置づけをかえるとしても、その結果、不法投棄がなくなるとは限らない。不法投棄対策は他の道を模索すべきだ。

午前中の歩きは2時間。バスに乗り込み、次なる巡視場所へ向かった。

|

« 花は植えない | トップページ | 相模川を歩く2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/1910894

この記事へのトラックバック一覧です: 相模川を歩く:

» 癒しタウンあつぎへようこそ♪ [癒しタウンあつぎ 厚木がヒーリングの発信地になる]
神奈川県の真ん中、丹沢の麓にある厚木・・ 駅前は開発が進み便利な街になりましたが... [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 08時05分

« 花は植えない | トップページ | 相模川を歩く2 »