« 八ツ場ダム訴訟の行方 | トップページ | 合意形成ってナニ? »

2006年7月31日 (月)

球磨川議論の行方

Photo_13 719は、球磨川水系に関する河川整備基本方針検討小委員会が開かれた日だった。

413から始まって、51066と進んできた。

相変わらず、発言者名を伏せた形で、議事録は公開。

審議は、森林の保水力から、基本高水の話に移ってきた。

719日は、水害体験者(市房ダムができてから洪水が増えたという体験談)からの意見書が取り上げられた。「市房ダムができてから洪水が増えた」「ダムは洪水をもたらす」という意見だ。

しかし、国交省側は、委員長も含め、それを「市房ダムによっておきたものではなく川辺川から流れ込んだもの」と片付けようとした。(だから川辺川にダムを作る必要があるんだといわんばかりに)

これに対し、潮谷知事からは、実体験、生活の中の実感として感じることをなんと心得るか!という釘刺しがあった。以下は、当日、傍聴しながら打ち込んだ知事発言。

「県は市房ダムについて県議会で討議をしたり、住民の衆議院建設委員会からの調査もあり、直接の原因ではないという報告もされていますし、小池先生からは市房ダムの操作が微妙に行われたという評価もいただきました。しかし、実際に水害にあわれた方は、市房ダムが原因であると考えている。(人は)体感したことや経験したことは分かります。(経験していない人が)想像で補うことはできますが、体感したことは脳裏深くなる。こうしたことを考えると、市房ダムに関わって、分かりやすい形での説明や情報公開、説明責任が求め続けられているという認識をもっていかねばならないと思っています。(略)ダムは命と財産を脅かしたということを経験した方がおられるということを述べさせていただきます」と再度、代弁した。

素晴らしい知事だなと思った。この日の知事の素晴らしさはこれだけではないが、とりあえず、今日のところはこの辺で。写真は、河川整備基本方針検討小委員会後に国交省のエレベータホールでマスコミに囲まれる知事。

まさのあつこ

|

« 八ツ場ダム訴訟の行方 | トップページ | 合意形成ってナニ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/2871985

この記事へのトラックバック一覧です: 球磨川議論の行方:

« 八ツ場ダム訴訟の行方 | トップページ | 合意形成ってナニ? »