« 川辺川これまでのあらすじII | トップページ | 本日の失敗 »

2006年8月11日 (金)

川辺川これまでのあらすじⅢ

そんなわけで、前回719の小委員会では、知事から宿題が出ていた。

実は、旧河川法で作られていた工事実施基本計画(以後、工実)と、新河川法に基づいて作りましたと国交省が出してきた河川整備基本方針案(以後、方針)には、「あっ」と驚くような違いがあった。知事は、それを「何故か」と聞いたのである。

1.なぜ工実では人吉(中流部)と八代(下流部)にあった2つの基準点が、方針では人吉1地点のみとなったか?

2.なぜ工実では降雨継続時間として2日間雨量を採用していたのに、方針ではそれが12時間になったのか?

3.工実でも方針でも使われている、雨量データの引き伸ばしという手法はなぜ必要なのか(妥当なのか)?

4.工実と方針は、データも方法も違うのに、なぜ基本高水は同じ数字(結果)になるのか?

1、2のような大きな変化も含め、これらすべてが、どの「専門家」からも出ていなかった質問である。(知事の発言の機会は、”専門家”と称する人々の発言の後に回ってきた。)

これには、小委員会上にいる人々が「あっ」と息をのんでいる様子が、モニター(私は傍聴席からあぶれて大概、2階のモニター室でくつろいで傍聴しているのである)を通してすら伝わってきた。あぁ~そうだよねと。

これらの重要な“なぜ”が、なぜ、他の“専門家”と称する人たちからは一切、疑義も質問も確認も出てこなかったのだろう。そんなことを思って、改めて、逆に“専門家”と称する人たちの正体やこの小委員会での審議に対する姿勢が見えたような気がした。

そして今日である。

|

« 川辺川これまでのあらすじII | トップページ | 本日の失敗 »

コメント

 フィリピン取材、お疲れ様でした。

 それにしても、この小委員会の議論、ヒドイですね~。森林に関する知識の欠如した全くのシロート集団が、「球磨川では少なくともそういうところ(ホートン型地表流が発生するところ)はほとんどない(根拠不明)」とシャンシャンで手打ちをしてしまったわけですね。本当に「なんじゃそりゃ」ですね。
 しかしながら、この前まで、「手入れされていようが放置されていようが、幼齢林であろうが壮齢林であろうが、森林で覆われてさえいれば治水機能は同じ。故に森林はダムの代替はできない」と威勢よく豪語していた人々が、さすがにそうは言えなくなってきたみたいですね。
 威勢のよい全否定が、だんだんシドロモドロに変わってきたわけですが。でも、シドロモドロしながらも結局は否定してしまう・・・・。やれやれ。市民の監視を強化せねばなりませんね。
 

投稿: | 2006年9月13日 (水) 22時41分

コメントありがとうございます~。レスが遅れて失礼しました。本当にそうなんです。フィリピンに行っていた間に次の会議が開催され、さらなる「なんじゃ、そりゃ」状態になっています。

投稿: まさの | 2006年9月23日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/3013829

この記事へのトラックバック一覧です: 川辺川これまでのあらすじⅢ:

« 川辺川これまでのあらすじII | トップページ | 本日の失敗 »