« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

須藤★特派員の川辺川レポート!

 熊本はあまりにも遠い!川辺川問題は全国ニュースに流れにくい!動きが早い!私はノロマで追いつかない!というわけで、熊本在住の須藤久仁恵さんを特派員(別に派遣したわけじゃなくご在住なんですが^^;)にスカウトしました。本日から須藤さんの気の向くまま、書きたいときに書きたいだけ書いてくれ!ということにしました。皆様どうか須藤さんをよろしく!カテゴリーで「須藤★特派員の川辺川レポート」を選んでもらえれば続きで読めるようにしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

須藤★特派員の川辺川レポート!

(1)川辺川ダム問題‐利水事業とは何か

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 川辺川ダムは特定多目的ダム法に基づく多目的ダムである。その目的は①治水、②利水、③発電、④流量調節の四つであり、1966(昭和41)年に計画が公表された。流域の住民はダム計画に翻弄され続けてきた長い歴史を持つ。ダムで水没する五木村だけでなく、流域の人々が否応なく巻き込まれてきたダム問題。治水問題にしろ、利水問題にしろ、行政と流域住民のダムへの思いには大きな隔たりがある。

国営川辺川総合土地改良事業(以下、利水事業という)は、川辺川ダムから農地に水を引き、地元農業の振興をはかろうとする目的で始められたものである。粘り強く事業に反対し続けた地元農家の闘いや、裁判や事前協議の場で行政と真正面から対峙してきた弁護団の闘いの結果、「利水事業」は川辺川ダム問題の状況を大きく切り開いてきた。「利水」には、大きな節目がいくつかある。福岡高裁判決、事前協議、事前協議の解体、相良村の事業からの離脱と現在。激動の節目を辿りながら、この国営事業の意味と農民の闘いが勝ち取ってきたものを考えていきたい。

1、福岡高裁判決まで(利水事業の概要と歴史)

国営川辺川総合土地改良事業、いわゆる利水事業の事業組合は人吉市、及び球磨郡内の相良村、錦町、山江村、あさぎり町、多良木町の6市町村から構成されている、一部事務組合(地方公共団体が事務の一部〔ここでは利水事業〕を共同で処理するために作った団体=地方自治法284条)である。現在は錦町の園田耕輔氏が事業組合長を兼任している。

土地改良事業は地元農家の要請を受けて進める「要請事業」である。土地改良法によれば、土地改良事業は私有財産権を「制限する(対象農地の土地利用に制限を加えることや、受益者の負担金を強制的に徴収する)ことができる」と定めている。そのため、計画の決定に際して高いハードルが設けられている。地元自治体との協議、意見聴取は勿論、事業対象農家(有資格者)の三分の二以上の同意取得が認可の条件となっている。

球磨川と川辺川の合流地点辺り、二つの川に挟まれた広い台地がある。高原(たかんばる)台地という。第二次世界大戦後、戦地から多くの引揚者がここに入植した。石ころだらけの火山灰台地を開墾し続けた入植者は、換金できる米つくりを熱望した。しかし、高原台地には米作りに必要な水がなかった。

農家が水を切望していた1963(昭和38)年から1965(昭和40)年、球磨川の氾濫が続き、人吉市をはじめとして大きな被害が発生した。それを受けて、建設省(当時)は1966(昭和41)年にダム計画を発表、最初は治水目的のダムであったが、1968(昭和43)年にダムから(主に高原台地に)水田用の農業用水を引く利水目的を加えて多目的ダムに建設計画を変更。1976(昭和51)年には熊本県議会の承認を受け、川辺川ダム基本計画は告示された。

1984(昭和59)年には、国営川辺川総合土地改良事業計画が告示された。これを「当初計画」という。この時点での受益面積は3590ヘクタールである。

当時の日本の農業の現実はというと、1970年ごろから始まった減反政策により、米の作付面積は次第に減って行った。水田に水を届けるという最初の目的が、1984年の「当初計画」策定の時点では「畑かんがい」を主目的とするものへと変わっていったことを覚えておいてほしい。

望んでいた水が来ない高原台地では、農業経営の形態が稲作から、大量の水を必要としないお茶の栽培や酪農経営へと移行していった。長い年月の苦労の末、お茶の品質も改良され、美味しい「相良茶」として全国的にも認知されてきた。現在、高原台地では、よく手入れた茶畑が一面に連なる景色をみることができる。

米の減反政策に象徴されるように、日本の農業は大きく変化してきた。食料自給率の低下、外国産の安価な輸入作物に押され競争力を失う農業、後継者不足に悩む農家など、農家を取り巻く状況は厳しさを増している。そういう苦悩する農家の姿は、ビデオ『ダムの水は要らん』でも見ることができる。

「後継者もいないのに、負担金を払ってまで水は要らない」という農家、「水代も分からないのに事業には参加できない」という農家が増えてきた。また、事業の最大の受益地である相良村には、『飛行場水路』という昭和15年に作られた用水路が今も十分生きており、相良村の水田農家にとって水は足りていた。

1994(平成6)年2月、「当初計画」の内容を変更する新たな利水事業計画が公示された。これを「変更計画」という。事業対象農地面積3010ヘクタール、対象農家約4000名という大規模な国営事業である。

「当初計画」の同意取得の時点で「計画実施の時点で対象から外すから(今回は同意をしてほしい)」という念書まで取っていた事業推進派。それゆえ、「変更計画」の同意取得は容易ではなかった。強引な署名捺印を迫られた事例もあったという。この同意取得の経過を取材し続けた貴重なフィルムが存在している。後に編集されて「ダムの水は要らん」という一本のビデオとなり、福岡高裁で農民側の証拠として採用された。

1994年11月、農水省は事業に必要な三分の二以上の同意が取れたとして「変更計画」を決定した。直ちに農民は変更計画の決定に異議申し立てを行ったが、農水大臣は却下した。その後、農民は利水事業における同意取得は違法であると裁判に訴えた。熊本地裁では農民が敗訴したが、2003(平成15)年に福岡高裁で利水事業「変更計画」の同意取得の違法性が認定され、農民の勝利が確定した。

高裁での大きな争点は「同意書が適法かどうか」であった。国は激しく拒否したが、裁判所の命令で同意書原本が農水省から証拠として提出された。一枚一枚確認していくと、既に死亡している人の名前、砂消しゴムで消したあとに書き加えられている名前など、工作された痕跡が多く見つかった。

5月16日福岡高裁は利水事業の対象農家の同意数は法に定められた三分の二以上に達していないと認定、農民は勝利した。高裁判決は事実認定であった為、国は最高裁への上告を断念せざるをえず、農民の勝利は確定した。この時点で、国営川辺川総合土地改良事業は白紙に戻ったのである。

(続く)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

八ツ場ダムと加藤登紀子さん

かつて1995年から書いていた元祖ダム日記の方は、手当たり次第、あらゆるホットなダム情報を無邪気に書きまくっていた。しかし、トシと共にそんなことは無理になり、いまや偏った情報をお届けしています。反省と懺悔の日々(あっちもこっちも)。そんなわけで、以下、転載です。

特筆すべきことは、以下の八ツ場(やんば)ライブに出演される池田理代子さんは、そう、「ベルサイユの薔薇」の漫画家の池田理代子さんなのですが、今回は歌われるんだそうです^^。

チケットを入手したい方はお早めに!

+++++++転載歓迎++++++

八ツ場ダム住民訴訟1都5県ニュース

        第14号(06年9月26日)

+++++++++++++++++

◆ ライブ&トーク!◆お知らせ◆

◆ 加藤登紀子と仲間たちが唄う 八ツ場いのちの輝き

日時:2006年10月9日(月祝)午後3時~午後5時(午後2時半開場)
会場: 日本青年館大ホール(東京神宮外苑横) 
出演: 加藤登紀子、野田知佑、大熊孝、池田理代子、永六輔、ほか
主催:「八ッ場ダムといのちの共生を考える」実行委員会
協賛:アウトドア自然保護基金、パタゴニア日本支社
プロデューサー:前田和男
チケット代:自由席3,000円、指定席5,000円
問い合わせ・申し込み先:
TEL/0424-67-2861(田中)、090-4612-7073(渡辺)

【埼玉の会】

9月13日第9回裁判では、原告代理人の小林弁護士が、周辺住民の生活環境を破壊し、イヌワシなど絶滅危惧種の営巣の地を奪い、関東の耶馬溪とも称される吾妻渓谷の景観を損ね、強酸性の吾妻川を塞き止めることで水質が悪化させる恐れがあるにもかかわらず、適正な環境影響評価がなされていない八ッ場ダムの建設事業は違法であると主張しました。次回は11月8日午後2時、地すべりを起こす危険性を訴えます。(田沼)

【栃木の会】

対県知事3ダム訴訟第8回(7/27)は八ッ場ダムの地盤の危険性について「岩盤に亀裂が多く、断層も存在しダムサイトとして不適である」と統一弁護団長高橋弁護士がPPを使い陳述。対宇都宮市長訴訟第8回(8/30)は「鬼怒川の治水上、湯西川ダムは屋上屋を重ねるもので不要」と原告弁護士がPP使い陳述。次回期日は3ダム10/2613:10~、湯西川ダムが12/610:30~。9/24に鬼怒川中~下流の観察会。(葛谷)

【千葉の会】

八ッ場千葉の弁護団が82223日に九十九里海岸のホテルの研修会議室で、講師に千葉商大の竹内教授を迎えて合宿し、原告からも村越が参加した。同教授は千葉県の財政に力点をおいて語り、弁護団は、千葉独自の問題として環境派政治家として言動してきた堂本知事の足跡と現在の矛盾を追求するなど白熱の議論を重ねた。第8回裁判は1013日(金)午前11時~。原告が環境面での千葉独自の主張を陳述する。(村越)

【群馬の会】

9回裁判は106日(金)13時半~。地滑りを含めた危険性を高橋弁護団長が説明。(真下)

【東京の会】 

10回裁判は1017日(火)11。治水・危険性を陳述。10/72時~狛江エコルマ1学習会(懸樋)

【茨城の会】

9回裁判は1024日(火)11時半より。今回は環境破壊他で追詰めます。(神原)

【八ッ場ダムを考える会】

国は7月末、生活再建事業の大幅見直しを水没地区住民に提示。80年代から進めてきた水源対策特別措置法などに基づく生活再建事業の68項目見直しは、人口減少、社会状況の変化が理由という。今年度中には住民の意見集約を図るとしている。一方、代替地分譲は予定が更に遅れ、来年に持ち越される。最大集落、川原湯地区の世帯数は、この一年で約30世帯へと激減。由緒ある温泉街の崩壊を心配する声が高まっている。

【発行】

八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会/八ッ場ダム住民訴訟弁護団/八ッ場ダムを考える会 http://www.yamba-net.org/ 八ッ場ダム訴訟サイトhttp://www.yamba.sakura.ne.jp/

連絡先:042-341-7524(深澤)048-825-3291(藤永) 

+++++++転載歓迎++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

開示請求戦争の続き

会議を公開までしているのに議事録から発言者名を伏せて公開している社会資本整備審議会河川分科会の問題で、以下のようにお伝えしてきましたが・・・・

やっと開示請求に(430)

宣戦布告ですか?(51日)

そう来ましたか?(51日)

テープは業者のものだって?(51日)

不開示決定→異議申し立て→諮問まで

その後、515日(請求から1ヵ月後)に、行政文書不開示決定が国交省から届き、これを受けて、616日に不開示決定を取り消して欲しいと、国交大臣宛で異議申立書(以下)を提出していました。これに対し913日に情報公開・個人情報保護審議会へ諮問するという通知が来ました。まずはそこまでお伝えします。

∞∞∞∞

2006616

異議申立書

国土交通大臣殿

異議申立人 政野淳子

1.異議申立人の住所、氏名、年齢

氏名 政野淳子

住所 略

年齢 略

2.異議申立てに係る処分

2006515日の行政文書不開示決定(国広情第43号)

3.処分のあったことを知った日

2006517

4 異議申立ての趣旨

前2項記載の処分を取消すとの決定を求める。

5.異議申立ての理由

(1)異議申立人は2006413日付けで、処分庁に対し情報公開法に基づき「社会資本整備審議会河川分科会 河川整備基本方針検討小委員会(第37回)の発言者名入り議事録及び録音テープ」の開示請求を行った。

(2)処分庁は2006515日付で「①社会資本制度審議会河川分科会 河川整備基本方針検討小委員会(第37回)議事録(発言者名入り)、②社会資本整備審議会河川分科会 河川整備基本方針検討小委員会(第37回)の録音テープ」を不開示とする処分を行った。

(3)本件処分の理由として以下の記載があった。

 行政文書の不存在(当省では、当該小委員会における速記録作成のため、民間速記業者と年間の単価契約を締結しているが、当該契約により納入することとなっている成果物は、審議の内容を記録した速記録(フロッピーディスク及び印刷出力物)である。

 上記文書①について、当該小委員会における速記録の作成方法に当たっては、速記内容を文書化する際には発言者名を除くよう、当省が速記業者に指示しており、速記録が納品された時点では発言者名は除かれている。議事録はこれを元に作成しているため、上記文書①について、作成・取得しておらず、保有していない。

 上記文書②において、速記録作成の際、速記業者は速記とテープ録音を併用しているが、録音テープについては納入すべき成果物ではないため、上記文書②について、作成・取得しておらず、保有していない。)

(4)しかし、以下のことから本件処分には理由がない。

第一に、「不開示とした理由」として「行政文書の不存在」をあげ、国土交通大臣は、その根拠として「当省では、当該小委員会における速記録作成のため、民間速記業者と年間の単価契約を締結しているが、当該契約により納入することになっている成果物は、審議の内容を記録した速記録(フロッピーディスク及び印刷出力物)である。上記文書①について、速記内容を文書化する際には発言者名を除くよう、当省が速記業者に指示をしており、速記録が納品された時点で発言者名は除かれている。議事録はこれを元に作成しているため、上記文書①について、作成・取得しておらず、保有していない。上記文書②において、速記録作成の際、速記業者は速記とテープ録音を併用しているが、録音テープについては納入すべき成果物ではないため、上記文書②について、作成・取得しておらず、保有していない」としている。

しかし、議事録の作成を業務委託していることをもって、録音テープに処分庁の管理が及ばないということはできず、処分庁の所在地に録音テープが現にないとしても、所在地にないだけであって業務委託先の録音テープについては委託した業務の範囲、すなわち本来処分庁が行うべき事務を代替していることから、業務の実施で作成・取得された文書については処分庁が組織的に保有している文書と言うべきである。したがって、処分庁の所在地に存在していないことを理由に録音テープを不存在とした決定は違法である。

また、そもそも速記録から発言者名を除く納入方法に指定したのは、国土交通省河川局河川計画課総務係によれば「今年度から」のことであり、発言者名入りの議事録の公表を申立人が求め始めた1月10日以降に、不存在を理由に不開示にするための対策であるのではないかと推察する。

もしそうであるとすれば、会議における発言者を開示請求による開示から逃れるために行った、極めて後ろ向きの対応であり、情報公開法が目的規定において政府に求めている、行政文書開示による説明責任を自ら放棄したものである。もしそうでないとしたら、なぜ、これまではそのような納入方法の指定がなく、わざわざ今年度からそのように指定したのか、理由と根拠を明らかにすることなく、不開示が認められるべきではない。

申立人がテープと発言者名入りの議事録を、小委員会の開催当日である413日に請求をしたのは、録音テープが行政文書であること、発言者名入りの議事録は作成されているとの確信から開示請求を行ったものである。テープと発言者名入りの議事録が、誰のものであるかは、その情報の所在や所有の扱いを自ら左右できる国土交通省自らが行うべき判断ではないばかりか、文書の作成方法を恣意的に判断できるものではない、という判断からである。録音テープ及び発言者名入りの議事録は、業務委託により取得・作成されていると処分庁はするが、前述の通り、あくまでも本来は行政機関が実施すべき業務を委託しているのであって、行政機関が作成しようと委託先が作成しようと、公費を使った業務であることに何ら変わりはない。これらについて、開示の請求を受けて処分庁が適切にその業務実態を判断していれば、行政文書として開示・不開示等の判断ができたはずである。そうすれば、申立人は全面不開示や部分開示であった場合は、不開示部分につき第三者の判断を仰ぐ機会を得ることができるはずであった。

これはすなわち、行政機関の保有する情報の公開に関する法律第1条で目的として定める「政府の有するその諸活動を国民に説明する責務」の放棄であり、「国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進」に反している。これが第一の不服理由である。

第二に、「不存在」は不自然である。審議会事務局と審議委員の間では、「国土交通省大臣官房広報課及びインターネットにおいて一般に公開する」ため、議事録確認のための委員名を入れた議事録を昨年度までは作成していたことを河川局河川計画課総務係も認めている。また審議委員側からもこの事実を確認している。納付方法の指定を変えた今年度も、審議委員側とは依然として「国土交通省大臣官房広報課及びインターネットにおいて一般に公開する」ため、議事録確認のやり取りを行っている。しかし、確認行為を双方にとって発言者名のない議事録でやり取りすることは、不合理、非効率かつ不自然極まりない。双方、多忙を極める中、国土交通省は発言者を○○委員とした議事録を送り、また委員は○○委員とされた数十ページにわたる全議事録から自らの発言を探し出して確認を行うことになる。これは合理的な業務ではない。また、審議委員本人が自分のものと判断して過不足・修正を入れた発言が、必ずしも本人のものかどうか、審議会事務局担当者が確認するためには、なんらかの識別をいずれかの時点、いずれかの方法で行っているはずである。この点から「不存在」は不自然である。

すわなち、あらかじめ発言者名を入れた議事録を取得しないよう工夫をこらし、「不存在」の状況を作りつつ、一方で、発言者と発言内容を一致させるために、なんらかの別の記録と照らし合わせる作業が余分に行われるはずであり、効率性が求められる行政の業務運営の観点から問題がある。これが第二の不服理由である。

(5)以上のように本件処分は本法の解釈、運用を誤ったものである。よって、その取り消しを求めるため、本異議申立てを行った。

6.処分庁の教示

 「この決定に不服がある場合は、行政不服審査法(昭和37年法律第160号)第6条の規定により、この決定はあったことを知った日の翌日から起算して60日以内に、国土交通大臣に対して異議申立てをすることができます。」との教示があった。

以上

∞∞∞∞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の失敗

Photo_15

ブログにカビが生えるほどに放置してしまった。

この3~4週間で世界一周してきたほどの旅をしたような気がします。フィリピン、滋賀、ボスニア・ヘルツェゴビナ人の取材、相方の実家、郡上八幡(これは遊び)・・・その他もろもろ。合間に原稿書いて。昨日やっと一息ついて、今日、雑用をすませ、利根川流域市民委員会の取材に出かけようと思って電車に乗ったら、は(・O/)っと気づいたら、東京駅まで(新橋で降りるつもりが)寝てしまった(引き返す前に起きてヨカッタ^。^)

国交省の記者クラブ(以前はどうか知らないが、最近、オブザーブ取材みたいなのができるようになっているので)へとタクシーを飛ばして(環境に悪い*。*)10分遅れで着いてしまい、幹事社さんに、入れてくださいまし~~、と懇願したものの、遅刻してるわ、裏紙利用のハサミで切った粗末なヨレヨレ名刺しかないわで、単にアヤシイ人(ニセ記者?)になってしまいましたが、入れてもらいました。

ということで、とりあえず発語練習(っていうか息継ぎでしょうか)。

写真は郡上八幡で見かけた愛おしい風物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »