« 戦略アセス勉強会 | トップページ | フィリピンの政治的殺害→逮捕? »

2007年1月11日 (木)

利根川の動き

利根川流域市民委員会が19日に、国交省に、利根川水系河川整備計画の策定に関する公開質問書 を送っています。

質問書は、「学識経験者だけでなく流域住民を含んだ流域委員会を設置するとともに、住民と議論を重ねながら、河川整備計画の策定を進めるよう要望し」た、「第1回の利根川・江戸川有識者会議でも、45人の委員から、住民の参加を強く求める意見が出された」が、それでも「私たちが求めてきた住民参加型の流域委員会とはまったく異なる、住民を排除した有識者会議が設置され、住民の意見は公聴会での聴取やインターネットでの意見募集のみとされ」たとし、

 1 住民の意見を反映させる方法の改善について

 2 有識者会議の傍聴者の処遇の改善について

 3 パブリックコメントで意見を述べるにあたって必要な基本的な事柄について

について、回答を求めています。詳しくはこちら

一方、国交省では、1月10日、粛々と「利根川水系河川整備計画の策定に関する意見募集」と「公聴会公募」を始めました。詳しくは、こちら↓

http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/kisha/h18/812.pdf  

http://www.ktr.mlit.go.jp/tonegawa-plan/070109/yushiki_06.htm

|

« 戦略アセス勉強会 | トップページ | フィリピンの政治的殺害→逮捕? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/4883080

この記事へのトラックバック一覧です: 利根川の動き:

« 戦略アセス勉強会 | トップページ | フィリピンの政治的殺害→逮捕? »