« 球磨川(川辺川)10回目の審議 | トップページ | 川を住民の手に »

2007年2月17日 (土)

赤木さんや須藤さんから学ぶこと

赤木さんに転載させてもらってもいいですか?と伺ったところ、以下のようにお返事が来ました。

~~~~~~~

転載されるのにふさわしいかどうか。

そういう申し出もあるとまったく予想、意識しないで、ダム推進に対し敵意むき出しの、主観的表現を多く交えて書いてしまっているからです。

(略)

書き物は、対論を意識し、この場合、ダム賛成の人も反対にまわるような客観的な記述の仕方でないと、公にできないと考えていました。MLは、いわば身内の意見交換、情報提供の場ですから、傍聴に行きたくても行けなかった人に少しでも、つたなくても、ようすを知らせたい一心で書きました。

~~~わはは、これは↑無断転載、失礼失礼~~~~~~~~~

赤木さんの「一心」。

須藤さんの「一心」

世の中を動かすのは、こうした「一心」なのだといつも学びます。

プライドをかなぐり捨てて、ブザマにやっていこうと思いながらも、格好をつけてしまう自分を感じることがあります。物書きで食べていこうと思い始めてから、なおさら、その傾向は強くなってきているような気がします。

「書く」ビジネスは、必ずしも世の中を良い方向へ持っていくことと同一方向にはありません。その矛盾の中で、隙間を見つけて、もがいて、負けています。

そんなとき、「一心」に伝えようとする気持ちに触れて、私は鼓舞されます。

がんばるぞ~と「一心」に思えます。感謝!

まさのあつこ

|

« 球磨川(川辺川)10回目の審議 | トップページ | 川を住民の手に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/5379865

この記事へのトラックバック一覧です: 赤木さんや須藤さんから学ぶこと:

« 球磨川(川辺川)10回目の審議 | トップページ | 川を住民の手に »