« 低炭素エネルギー開発 | トップページ | 球磨川(川辺川)10回目の審議 »

2007年2月12日 (月)

河川整備基本方針・河川整備計画策定問題に関するシンポジウム

転載歓迎とのこと

河川整備基本方針・河川整備計画策定問題に関するシンポジウム

日時:2007214日 13001500
場所:衆議院第1議員会館 第1会議室

 1997年の河川法改正は、官僚主導の従来の河川行政を住民参加型に変える大きな転機でした。河川法の目的に環境が加えられ、住民参画のもとに河川行政を進める土台がつくられました。その方向で実践されてきたのが淀川水系流域委員会です。
 ところが、最近は河川整備計画の策定において住民を排除する方向が顕著になってきました。住民参加型のモデルである淀川水系流域委員会を休止するとともに、吉野川、利根川などでは、住民の意見は公聴会で聴くのみとし、議論の場には住民を一切参加させないようになってきました。また、球磨川では河川整備計画の上位計画である河川整備基本方針の策定において川辺川ダムを強引に位置づけるため、科学的な根拠がない計画値が設定されようとしています。
 河川法改正の趣旨をかなぐり捨てて、改正前の状態に先祖帰りしたような国交省の姿勢をそのままにしておくわけにいきません。
 時代錯誤の河川行政の現状を明らかにするとともに、河川行政の改善、住民の参画を求めるため、下記のシンポジウムを開きます。是非、ご参加ください。
 なお、シンポジウム前に、国土交通省への申入れを行う予定です。

全体司会:公共事業チェック議員の会

内容:
基調報告
遠藤保男 (水源開発問題全国連絡会共同代表)
パネルディスカッション : コーディネーター 岡田幹治 (ジャーナリスト)
球磨川 中島  康 (子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会 代表)
吉野川 姫野 雅義 (吉野川シンポジウム実行委員会 代表)
淀 川 今本 博健 (淀川流域委員会 委員長)
木曽川 近藤ゆり子 (徳山ダム建設中止を求める会 事務局長)
利根川 嶋津 暉之 (利根川流域市民委員会 共同代表)
公共事業チェック議員の会
国会議員からのコメント

主  催:公共事業チェック議員の会
     水源開発問題全国連絡会

その他詳細はこちら

|

« 低炭素エネルギー開発 | トップページ | 球磨川(川辺川)10回目の審議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/5318541

この記事へのトラックバック一覧です: 河川整備基本方針・河川整備計画策定問題に関するシンポジウム:

« 低炭素エネルギー開発 | トップページ | 球磨川(川辺川)10回目の審議 »