« 「公聴会」か「聴くもん会」か? | トップページ | 静岡空港と産廃に抗議して自殺 »

2007年2月24日 (土)

公共事業と市民参加-なぜ日本でPIが育たないか

とにかく転載

~~転載歓迎~~~~~~~~~~~~~

オーフスネット勉強会

◆ 公共事業と市民参加-なぜ日本でPIが育たないか ◆

オーフス条約が掲げる基準のひとつ「意思決定過程への市民参加」について、国内の事例を用いて制度上の課題などについて学びます。

今回は「日本の公共事業の仕組みの実態」や、PI手法が正しく普及、定着しない理由、新しい公共事業の仕組みのあり方と、今後のPIの望ましいあり方についておはなしいただき、意見交換したいと思います。

Speaker 佐藤正則さん(日刊建設工業新聞元編集局長)

Comment (しめぎ)博重氏(首都圏道路問題連絡会代表幹事)

日時:200735日(月)午後6時半~8時

場所:弁護士会館10階 1006AB (最寄駅 霞ヶ関)

地図 http://niben.jp/map/index.html

  *10階入り口に「環境法研究会」と表示されています。

先着48名 参加費:1000

主催:オーフスネットhttp://www.aarhusjapan.org/

/第二東京弁護士会「環境法研究会」

---------参加申込-----------------------------------------

0735日オーフスネット勉強会

宛先:小林 kobayashi@c-poli.org

氏名(                              

所属(                              

---------参加申込----------------------------------------

|

« 「公聴会」か「聴くもん会」か? | トップページ | 静岡空港と産廃に抗議して自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/5473649

この記事へのトラックバック一覧です: 公共事業と市民参加-なぜ日本でPIが育たないか:

« 「公聴会」か「聴くもん会」か? | トップページ | 静岡空港と産廃に抗議して自殺 »