« 河川事業に戦略的環境アセスメントはどういかされるのか? | トップページ | 祈りは誰が誰にどう伝えるべきか »

2007年5月19日 (土)

キャンドル・ライトの集い

以下転載です。ここも是非、ご参考に↓

国連報告者・アルストン氏:フィリピンの暗黒状態の人権に警鐘

*********************************************

アロヨ大統領、暗殺を止めて!
5.22(火) キャンドル・ライトの集い

東京・名古屋・大阪で同時開催
*********************************************

アロヨ大統領訪日にあわせて、数百人の政治的殺害犠牲者への追悼と、アロヨ大統領の真の取り組みを求めて、東京、名古屋、大阪で日本の市民や在日フィリピン人が集まります!

フィリピンでは政治的動機による左派政党の活動家、NGO活動家、ジャーナリスト、宗教者などの暗殺(政治的殺害)が急増し、日本をはじめ各国政府、NGO、そして国連がこの問題の解決を求めています。今年の2月には国連専門家が同国を訪問・調査を実施し、その結果、アロヨ政権は政治的殺害に取り組む行動計画を発表するに至りました。しかしその後も、国連調査に協力して証言した女性が殺害されたのをはじめ、514日の中間選挙前に多くの左派系政党の関係者が殺害されています。

私たちは、これまでに暗殺されたすべての犠牲者に哀悼の意を表します。そして、今月22日から来日予定のアロヨ大統領に対し、一刻も早い真相の究明と加害者の公正な処罰を求めます。

● 東京 ●
とき 5月22日(火) 1900開始  1930終了予定
ところ フィリピン大使館前(港区六本木5-15-5
*フィリピン大使館に要請書を渡す予定です。
日比谷線・六本木駅3番出口より徒歩7分/大江戸線・麻布十番駅7番出口より徒歩9
http://www.tokyope.org/map05.html

<主催者からのお願い>
■ 直接、フィリピン大使館に午後7時までにお集まりください。
■ キャンドルをご用意ください。(主催者側でも少し用意します)
■ 平和的なアクションです。
■ デモ申請をしていない行動です。ノボリ・ゼッケンなど掲示して歩行すると「示威行為」と警察から見なされ止められる可能性がありますので、ご注意ください。

<東京呼びかけ団体>
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/ヒューマンライツ・ナウ/フィリピンの政治的殺害を止める市民ネットワーク東京・横浜/WAYAWAYA/日本キリスト教協議会(NCC)フィリピン委員会

<お問い合わせ>
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
TEL
03-3518-6777 FAX03-3518-6778
担当:川上 info@amnesty.or.jp

● 名古屋 ●
とき 522日(火)午後6時半~7時半
ところ 栄三越ライオン前

<名古屋呼びかけ団体>
フィリピンの政治的殺害を止める市民ネットワーク・名古屋/フィリピン移住者センター(FMC)/アムネスティ・インターナショナルわやグループ/フィリピン情報センター・ナゴヤ

<お問い合わせ>
cbnetnagoya@yahoo.co.jp
http://ngo-ph-rights.jugem.jp/

● 大阪 ●
とき  5月22日(火) 1900開始  1930終了予定
ところ  JRと京阪の京橋駅の連絡通路(広場)

<大阪ビジルの呼びかけ団体>
関西フィリピン人権情報アクションセンター/フィリピンのこどもたちの未来のための運動(CFFC)/社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

<お問い合わせ>
CFFC
 電話 0774-48-1100 藤原
メール fujiwara_toshihide@yahoo.co.jp

転載終わり

|

« 河川事業に戦略的環境アセスメントはどういかされるのか? | トップページ | 祈りは誰が誰にどう伝えるべきか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/6476447

この記事へのトラックバック一覧です: キャンドル・ライトの集い:

« 河川事業に戦略的環境アセスメントはどういかされるのか? | トップページ | 祈りは誰が誰にどう伝えるべきか »