« 福田さん、謙虚に八ツ場ダム訴訟を傍聴したら? | トップページ | 淀川流域委員会メモ »

2007年9月16日 (日)

おぼっちゃま党への要望

安倍さん:

結局、繰り返した「改革」が何で「反省」が何かは分からなかった。自殺をせずに辞職をしたのは松岡さんよりはマシだ。しかし、首相以前に、議員辞職して「社会人」として出直すべきだろう。人に迷惑をかけ、生き恥をさらしながらでも、いつかは立ち直れるという例を示すことが、あなたが生まれた意味ではないか。

【議員辞職すべし。それぐらい国民は怒っているし、呆れている】

麻生さん:

あの参院選惨敗後に「続投せよ」と安倍さんに助言をした、民意不在の「判断」をしたあなただけには首相になってもらいたくない。弱い人を見極められない、弱みにつけ込んだ人に首相になって欲しくない。というか人の上に立って欲しくない。「辞意」を2日前に知って放置したことを悪いことだとも思わずに得意げに喋ってしまう脳天気な「おぼっちゃまの特性」に唖然。首相としては危険だ。「テロ」を言い訳に米国が戦争を行ったことは「間違っていた」という世界的な世論が、この期に及んで身にしみていないのだろうか。それは鈍感な政治家の常として驚かないとしても、日本国民の税金がインド洋で米国にどう使われたのかを説明する前にその継続を主張することは、完璧に国民の民意とズレている。

【次も次の次も首相の器ではないと自覚すべし】

福田さん:

心の動揺を隠そうとすると、好感度の低い「いやみな顔」になってしまう。あなたも典型的なおぼっちゃまだ。おぼっちゃまの特定は「ウソをつけないこと」であり、やむを得ずウソ(単なる嘘だけでなく、真実を隠すこと、本心ではないことを言うこと、知らないことを知らないと言えずになんとかごまかすことも含めて「ウソ」)をつくと、あなたの場合には、その不安と動揺がすべて顔に現れる。何よりも困るのは、自分の意見を何も持っていないことが自他共に明らかなことだ。不勉強と人任せの性格(後者もおぼっちゃまな性格)な上に決断力もない。強力な意見に引きずられ流される性格で、これまでシャシャリ出てこなかったのは自分の限界をわきまえたそれなりの見識だった。ところが安倍辞任で訪れたチャンスに、嬉しさを隠して「貧乏くじかもしれんぞ」とニヒルに言った。心の中では「棚からぼた餅だ」と喜んでいることが見え見えだった。1年生議員じゃあるまいし、71歳にもなってテロ特措法や民主党の年金法案に「これから十分に民主党と話し合って」とか「これから十分説明を聞かないといけない」とか言っている場合ではないのに、そうとしか言えない、カラッポだから言うのだろう。政治家未満。

【これ以上の自民党のボロを隠すには、解散総選挙しかないですよ。阿部さんと五十歩百歩状態で、今の自民党は、国民のことなんか考えられる状態ではない。自分たちのことで精一杯な人たちに国は任せられない】

「おぼっちゃま党」の人々が何ひとつまともな判断ができない状態で(マスメディアもヘン)、カラッポな福田さんを、自己チュウの麻生よりはマシという理由で選ぶこともあるだろうから、その先も要望しておく。町村・高村の入閣はやめて欲しい。自衛隊活動からシビリアンコントロールを外そうという「軍隊」の入れ知恵になびく平和ボケ議員の閣僚入りはやめて欲しい。

|

« 福田さん、謙虚に八ツ場ダム訴訟を傍聴したら? | トップページ | 淀川流域委員会メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/7965082

この記事へのトラックバック一覧です: おぼっちゃま党への要望:

» 安倍晋三首相辞任(3) [たんぽぽのなみだ~運営日誌]
『水島広子から皆さまへ』に、安倍辞任についての考察があります。 「安部総理辞任と自民党総裁選」 http://blog.goo.ne.jp/mizucx/e/4fdf6a00ca138e62859d84160a9a4419 例によって(?)、安倍晋三氏の性格から眺めております。 よく言われる、「お坊ちゃま」というのも、..... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 02時34分

« 福田さん、謙虚に八ツ場ダム訴訟を傍聴したら? | トップページ | 淀川流域委員会メモ »