« 発言者名入り議事録公開、義務づけ訴訟 | トップページ | おぼっちゃま党への要望 »

2007年9月16日 (日)

福田さん、謙虚に八ツ場ダム訴訟を傍聴したら?

福田康夫首相候補は、TV朝日で今朝、「1000年もつものを公共事業」とする考え方を明らかにした。

しかし、たった数分後、田原さんに「1000年もたないものは一切予算を認めないとするんですね」と迫られると、いきなりモゴモゴと後退した。総論賛成各論反対だから、苦肉の策でノロノロと3%一律公共事業予算を削減しているのに、明確な代替策も示さずに「一律は反対だ」と言ったかとおもうと、実行する気もない「概念」を口にして、後退して欲しくないもんだ。

 

半世紀前に始まり、一時期止まっていたのに、あなたの父が再始動させた八ツ場ダム計画の責任をとってもらいたい。1000年はもたないし、1年たりとも費用に相対する効果はないことが明らかにされてきている。まずは、一群馬県民として傍聴してはどうですかね?

+++++++転載歓迎+++++++++++

八ツ場ダム住民訴訟1都5県ニュース

        第17号(07年9月13日)

++++++++++++++++++++++

【八ツ場ダム住民訴訟とは】

2003年、国交省が八ツ場ダム事業費を2110億円から4600億円に倍増。1都5県の負担金が計2679億円になったため、住民監査請求を経て、200411月に始めた住民訴訟の原告によるニュースです。

【東京の会】

13回裁判(6/25)、都の水需要予測の方法には根本的な誤りがあり、実績とかけ離れた右肩上がりの「ダムありき」の予測になっていると指摘。また堤防整備に関して質問した所、裁判長が「『一日校長事件』の枠組みで」と発言。高橋弁護団長、都の財務会計行為の先行行為である負担命令の不合理性を主張するものであり、枠組みを外れるものではないと反論。次回は進行協議918日。原告側から具体的な証人申請予定。(懸樋)

【栃木の会】

対宇都宮市長・湯西川ダム訴訟はいよいよ証人尋問へ。第14回の103日(水)13:3016:10は市水道局課長。第15回は再評価委員の宇大教授と嶋津暉之さんの予定だが期日未定。対県知事3ダム訴訟は第13回が96日に開かれ、南摩ダム周辺の自然環境の豊かさを指摘し、生物多様性条約違反、種の保存法違反を主張。次回は111513:10~。106日(土)に南摩ダム水没予定地で観察会&ヤマナシ収穫祭を予定。(葛谷)

【茨城の会】

茨城県の水問題を考える市民連絡会は「八ッ場ダムなど4つの水源開発からの撤退と水道料金の値下げを求める署名運動」を開始した。運動の趣旨は、実質73m3/日の水余りを県自身が認めながら、なお水源開発62m3/日を進める当局への怒りと、開発費の転嫁による、首都圏一高い水道料金への怒りとが合算されたものだ。同連絡会は、県会議員にもこの事態を問うアンケートを実施した。茨城県の良識が問われている。(神原)

【群馬の会】

713日に第13回裁判は開かれ、利水について被告の準備書面への反論を提出、福田弁護士が説明。伴弁護士は、次回に財務会計行為に関する反論とともに最終準備書面を提出する予定であると発言。裁判終了後、昭和庁舎で報告会を開催、傍聴者が少ないので、引き続き努力することにした。次回は921()13時半~文書送付嘱託に関する補充書、立証計画、利根川上流堤防調査報告書を提出予定。なお,財務会計行為論は12月に再反論する予定です(真下)

【千葉の会】

11回裁判は612日、準備書面13(治水の再反論)を提出し、原告の高野さんが陳述。被告からは準備書面13(危険性に対する再反論)が提出。千葉の会の通信第6号発行。「ちば弁護団かたる」として弁護団が順次登場。第1回は弁護団長の菅野泰さんが市民派弁護士としての半生と八ッ場裁判への決意を表明。次回裁判は925日(火)午後3時30分から、利水の再反論をパワーポイントを使って原告陳述する。(村越)

【埼玉の会】

912日、新裁判長を迎えて3度目となる第14回、大勢の傍聴者が壁のパワーポイントを注視した。原告側が実地調査した「堤防存否調査書」を弁護士が説明した。カスリーン台風以降、利根川上流で国が進めているはずの河川整備は行われていなかった。今後、立証計画を提出する予定。いよいよ裁判は正念場を迎える。次回1121日(水)11時より(藤永)

【八ッ場あしたの会】

114日(日)午後1時~、東京永田町の星陵会館に於いて、シンポジウム「八ッ場から地方の再生を考える」(仮題)を開催。八ッ場ダム予定地を切り口に、公共事業に依存してきた地方の再生に、今、何が必要かを徹底討論。登壇者は加藤登紀子(歌手)、保母武彦(島根大学名誉教授)、矢上雅義(川辺川ダム予定地相良村村長)、関口茂樹(群馬県議)、石川理夫(温泉評論家)、大西暢夫(映画「水になった村」監督)、ほか。

【発行】

八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会/八ッ場ダム住民訴訟弁護団/八ッ場あしたの会・八ッ場ダムを考える会http://www.yamba-net.org/ 八ッ場ダム訴訟サイトhttp://www.yamba.sakura.ne.jp/連絡先:042-341-7524(深澤)048-825-3291(藤永) 

+++++++転載歓迎++++++++++++

|

« 発言者名入り議事録公開、義務づけ訴訟 | トップページ | おぼっちゃま党への要望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/7964808

この記事へのトラックバック一覧です: 福田さん、謙虚に八ツ場ダム訴訟を傍聴したら?:

« 発言者名入り議事録公開、義務づけ訴訟 | トップページ | おぼっちゃま党への要望 »