« 北海道ひた走り 続く | トップページ | 事業評価「感想」委員会 »

2007年12月19日 (水)

ダム関連ニュースいろいろ

     八ツ場ダム計画

これまでの工期では「間に合わないんです」と延長

(一番下をご参照ください)

http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/kisha/h19/0856.pdf

     群馬(TBS)八ツ場ダム

トンネル工事現場で落石、作業員死亡

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3735709.html

●愛知(中日新聞)

設楽ダム着工、来年度以降に延期 基本計画の策定遅れ

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007121802073158.html 

●熊本(読売)

鎌倉氏が出馬表明、潮谷県政の継承打ち出す来春の知事選

川辺川ダム建設は原則反対

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/news/20071218-OYT8T00114.htm 

以下、八ツ場ダムについて、本日の取材メモです。

質問の相手は上記のプレスリリース担当者

Q:特ダム法(4条)に基づく基本計画の変更手続きをいつやるのか?

A:今後のことはまだ決まっていない。

Q:まだなのにこんな発表を?文書照会もはじめていない?

A:まだです

Q:既成事実づくりみたいな発表ですね?

A:事業者として間に合わないんです、といういかがでしょうか?という発表です

Q:なぜ、このタイミングで発表か?

A:間に合わなくなりそうだというのが、時間が経つにつれ、明らかになってきた。なんとか(予定通り)できないかと思ってやってきたが。できるだけ早くお知らせした方がよかったが、精査に時間がかかってしまった。地元調整なりなんなり、代替地の縮小や付け替え道路工事など考えてきた結果で。

Q:前回、事業費を増額させた段階で分かっていたのでは?

A:そんなこと分かっていない

Q:工期延長→増額→工期延長ときたから、次はまた増額と想像がつく

A:何を根拠にそんな想像を?コスト削減した。

Q:何を根拠に大丈夫と?内訳を公表するのですね?年内に?

A:ダム使用権の設定予定者などへ説明する段階で示さなければならないと思う。

 

・・・というわけで、工期を5年延長をすると、首都圏の人口減少により、八ツ場ダムの推進根拠は消える。

人命まで奪い、財政、必要性、どれを取ってもダムを作る犠牲が効果よりも上回ったとしか言えない。

|

« 北海道ひた走り 続く | トップページ | 事業評価「感想」委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/9469629

この記事へのトラックバック一覧です: ダム関連ニュースいろいろ:

« 北海道ひた走り 続く | トップページ | 事業評価「感想」委員会 »