« その後のアウトプット | トップページ | 北海道ひた走り2 林業土木コンサルタンツ »

2007年12月15日 (土)

北海道ひた走り1

10月、北海道に行って来たんです。

●日高自動車道(写真)Hidaka_road

千歳空港からレンタカーを借りて、二風谷ダムへ行く途中、国道235号線をひた走り。

ピッタリ横を、高規格幹線道路「日高自動車道」が通っている。

てっきり高速道路だと思って、経費削減のため(今回は出血自腹遠征・・・・・ある人から「北海道の情報は津軽海峡を越えない」と言われ、私はこういう言葉にクリックしてしまう)、「普通の道」を通ったのだが、ようやく到着した取材先で「日高自動車道も無料なのに」と言われてビックリ、ガックリ。

写真でご覧の通り、国道235号線はガランとしていたが、帰りに日高自動車道を通ってもやっぱりガランとしていた。だったら元からあった国道を拡張するだけで良かったじゃん。こういうことをやるから財政破綻する典型。

●二風谷ダム(写真)Nibutani_dam

二風谷ダムができてから洪水が起きるようになった地域を取材。もうすぐ出るグローバルネット(出てから1ヶ月後、こちらにアップロードします)で書いたので省略。

平取ダム予定地(写真) Scream_from_heart

        アイヌの聖地。予定地に「川を止めるな 川を汚さないで 税金で作ったダムのツケを払うのは私たち町民のサイフからだ 平取ダムを作らないで」という横断幕と 「川という永遠の生活の場所を断たれたらアイヌは心から生きていけなくなる」という横断幕が掲げられていた。

Dont_take_my_heart_away     そして、その間に立っていた看板には「公告 ここは国有地です。許可なく広告物その他を掲示することは禁じられていますので、直ちに撤去してください。平成19年10月31日までに撤去しない場合、沙流川ダム建設事務所において撤去のうえ1年間保管します・・・・。沙流川ダム建設事務所」とあった。

Note

  

   ● かつての森林開発公団の大規模林道 平成8年開通(写真) Logging_road_2

      いま、緑資源機構の緑資源幹線林道。

   はいってすぐ、度肝をぬかれた。やってはいけない林業の典型。水辺ギリギリまで木を伐採してバッファゾーンもへったくれもない。Clear_cutting

この大規模林道は台風でグチャグチャに破壊されていたのだが、今いくと、砂防ダムが、そこここに。車を止めて写真を撮るのも、面倒になるほどに砂防ダム群が出現する。いったいこれ、どうなっているのか。砂防ダムと砂防ダムの間に木が立っている・・・・。北海道の大規模林道って、「ダムと砂防ダムの見本市かぁ???」と言いたくなるぐらい、ものすごい種類と量のダムだらけだった。そこここに「災害復旧工事」をやったことを示す標識が立っていて、そこいらじゅうで、この道とその周辺が崩れたことが分かるのだ。結局、この大規模林道の端から端まで、一回も車とすれ違わなかった。最後に見かけたのが工事の車。治山工事をやっている工事車だった。Strange_sabo

つづく(本日も取材でくたびれました)

|

« その後のアウトプット | トップページ | 北海道ひた走り2 林業土木コンサルタンツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/9406885

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ひた走り1:

« その後のアウトプット | トップページ | 北海道ひた走り2 林業土木コンサルタンツ »