« 八ツ場ダム、五年間の延長の理屈はおかしい。 | トップページ | 議員立法の冒涜 »

2008年1月12日 (土)

遅ればせながら

今年は少し落ち着いた年にしようと思っていましたが、早くも怒濤の日々。

いただいた年賀状にだけは、なんとか以下のように送りましたが、「今年は日頃お世話になっている方にきちんと自分から出そう」と思っていたことがまるで達成できず仕舞いです。

2008年 あけましておめでとうございます。

孫子曰く、「故に将に五危あり。必死は殺され、必生は虜にされ、忿速は侮られ、廉白は辱められ、愛民は煩さる」だそうです。

つまり、将軍には五つの危険がつきまとう。決死の勇気だけで思慮に欠ける者は、殺される。生き延びることしか頭になく勇気に欠ける者は、捕虜にされる。短気で怒りっぽい者は、侮辱されて計略に引っかかる。清廉潔白で名誉を重んじる者は、侮辱されて罠に陥る。兵士をいたわる人情の深い者は、兵士の世話に苦労が絶えない。

そして、失敗の原因は必ずこのどれかだからよく分析するようにと、その後に続くわけですが、兵法における将軍のありようは、生き方そのものだ、とさっそく新年から反省をしております。今年もよろしくお願い致します。

参考:孫子の兵法http://maneuver.s16.xrea.com/cn/sonshi.html 

|

« 八ツ場ダム、五年間の延長の理屈はおかしい。 | トップページ | 議員立法の冒涜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/9846559

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら:

« 八ツ場ダム、五年間の延長の理屈はおかしい。 | トップページ | 議員立法の冒涜 »