« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月15日 (土)

いろいろ雑感3 10年59兆円という糊代

10年で59兆円という道路の中期計画「与党・政府」案ですが、

もともと社会資本整備重点計画は5年。

10年計画」はいわば、史上最大の糊代、大風呂敷。

もしかして、糊代であることがバレていないとでも思っているのか。

でも、最初からバレていますから、

糊代を切って「5年計画にしました」という修正はナシにして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ雑感2 予算審議と自民党

「国会の役割は3月31日までに予算を通すことだ」「3月末までにご決議をいただきたい」「国民生活に影響を与える」と息巻いている「自民党」ですが、細川内閣で、唯一、自民党が「野党」になった平成6年の通常国会の予算審議で、当時、野党「自民党」が、あの手この手で予算審議を遅らせに遅らせた記憶がある。

議事録検索で調べてみると、衆議院を予算案が通ったのは平成6330日。そして、最終的に参議院を通したのは623日だった。野党「自民党」は野党の立場で、予算通過を丸3ヶ月も遅らせた。

当時の自民党総裁は河野洋平・現、衆議院議長。その後、自社さ政権となって、1年後の平成76月に当時の土井たか子・衆議院議長と鯨岡兵輔・同副議長によって「国会改革への一つの提言」を、さらにその翌年平成 86月に「議員立法の活性化について」を提言して、議員立法が増えていった。

ねじれ国会、大いに結構。小泉政権以来、国会を通りにくいことはすべて「与党・政府合意」という「三権分立」を犯す手法で物事を通してきた「異常」を是正すべきだ。それが、ねじれ国会を作り出したアベ政権を引き継いだ福田さんの最低限の役目でしょう。せめて。

そうしないと、こんな勘違い議員が現れ始めています。

313日、建設省河川局から天上がった脇雅史参議院議員が予算委員会で、「予算は政府・与党の集大成、話をして変えるというものではない」「野党と協議をして修正をするとどういうことになるか。ちょっと困る。連帯責任を負ってしまう。大連立になってしまう」とワケの分からないことをのたまい、挙げ句に「(国会での)与党の役割は予算を(こういうふうにした云々)と明らかにすること。野党の役割は、私たちが政権を持っていたとすればこういう予算にしますと国民の前に明らかにする」ことだと言った。

「行政」を監視する「国会」の機能に対して、納税者は納税し、選挙権を行使するのであって、「与党・政府」VS「野党」という構図を期待しているわけではない。「政府」のオマケみたいにひっついている「与党」は不要です。

予算と法の執行機関である行政府を監視する「国会議員」という自覚を持っていただかないと、与党「自民党」は単なる行政の付属・下請け機関となり、そんなものは国会に要らない、という話になる。

天上がりならではのホンネだったんでしょうが、国会の審議権の放棄発言に福田首相が珍しく組みしなかったことは救いです。どうせなら「憲法読んで出直して来い」ぐらいの喝を入れて欲しかったです。

国会は、内閣が国会に提出した予算案から無駄を見つけだし、より有効な使い方に「修正」をする場へと生まれ変わるべきだ。政府予算案通りに予算案を通す「国会」が異常であり、国会に提出される前に、自民党内で事前審査して賛成を固めて議論の余地を残さない自民党のあり方が国会の機能不全を引き起こしてきたと言ってもいい。そして、その自民党を選んできたのが昨年夏までの国民でもあり、それにNOと言い始めたのが昨年夏以降の国民だ。

そのことを、「自分は与党だ」と勘違いしている人はよく考えた方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ雑感1 米軍と防衛省

ここ最近、時間不足で何も書けませんでしたが、目まぐるしい世の中で言うべきことを諦めずに言っておかなければと思うことが多いので、書いておきます。

     2月にあった米軍海兵隊による14歳の少女暴行事件、「こうした犯罪が再び起きたら、全米軍基地を日本国土から即刻撤退されたし」と、一国民として言いたい。

     自国民を殺す事故を起こした上にトップが嘘をつく防衛省は国民の迷惑

事故発生当日(219日午前47分)の石破防衛大臣の白々しい言霊

平成20219(920分~935) 定例記者会見

「海上幕僚監部防衛部長から、現在の時点で分かっている事についてお話を申し上げたとおりでございます。私の方に、その後新しい情報等々は入ってきてはおりません」

「今回の事故については、先程来申し上げているように、なぜ、このようなことが起こったのかということについて、これがこうだというような断定できるだけのものが今ありません」

「副大臣を派遣するということで、決定を致しております。早急にこの市ヶ谷を発ちまして、現地に入るということを決めております。現場での対応等々につきましては、なお、到着するまで色々な情報を収集・分析をして、最も適切な形で副大臣が現場に入るということにしたいと思っております」

平成20221(1735分~1745)定例記者会見

「私どもとして心がけなければいけないことは、これは事故発生直後から私は言っていることだけれども、あれもこれも調査中で何も分かりませんというような対応は決してしてはならない。同時に、自己正当化であるとか、情報をわざと遅らせるとか、あるいは操作する等は、当然のことだけれどもあってはならない事であるという事は厳命している所ですけれども、捜査当局との確認もありますし、その情報の出し方について、更にきちんとした対応が必要だということは今日申し上げました」

「情報をわざと遅らせるとか、あるいは操作する等は、当然のことだけれどもあってはならない」と部下に厳命したことを、大臣が自分でやっていた・・・。

     事務次官の嘘

平成20221日(1500分~1523分)定例記者会見

「海上保安庁が捜査という立場で、要は警察職員としての立場もあって、今作業をされておられるというふうに思っております。ですから、私どもとしては、幅広い意味で捜査への全面的な協力と、若しくは捜査に差し障りを与えてはいけないという立場を持っております」

平成20225日(1503分~1535分)定例記者会見

「正直、何時何分に誰にどのような内容を聞いたのかということを承知をしておりませんが、基本的に海上保安庁の捜査というものは、19日の夜、もしくは夕刻から始まっていると思われますので、その頃までの話なのだろうなと思っております」

ですから、情報というものが、この防衛省・自衛隊という組織の中で、最初に例えば乗組員から聞いた人がいて、伝達をしてくるわけです。その中で最終的に大臣にご報告をされるという段階があるわけでございますけれども、その新しく分かったというのは、私に例えれば、それは私が聞いた時の話を言っているつもりです

記者に「Q:乗組員への19日の聞き取りというのは、具体的に何時から何時まで行われて、その情報伝達はどうであったのかということを整理していただきたいのですが」と聞かれて、「今、私は答えられる材料を持っておりませんし、それが果たしてうまく整理できるのかどうかということも、今にわかにお答えし難いと思います」

記者に「Q:3時55分に視認したという情報に関しては、次官はいつ報告を受けたのでしょうか」と聞かれ、「まず断片的な内容として一番最初に頂いたのは、20日の昼頃だったと思います。そういう話が上がってきておりますというような話を私が聞いたのはそのくらいの時間だったと思います」

記者に「Q: あたごの乗員と接触して話を聞くという作業が不可欠だと思いますが、そこは海上保安庁から禁止されているということなのでしょうか」と聞かれ、「「今の段階では接触を控えてもらいたい。」ということを言われておりますので、そこはそういうことでございますが、海上保安庁の捜査というものが区切りがつく段階となり、今日から全員いいよということでもないと思っておりますので、聴取が終わった人から我々としては調査をさせてもらいたいと考えています」と。

嘘のウマイ大臣と、下手な次官の組み合わせ。つじつまが合わないまま嘘の上塗りが続き、嘘だったと分かって「なんだ、そうか」と妙に納得させられる不幸な国民。嘘つきを次官にしていたままでいては困るが、クビにすべき大臣が一緒に嘘をついていたんだから、こういうときは福田さんが、きちんと両者をクビにすべきじゃないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田首相への直訴状のつもりで

現在発売中の月刊「世界」4月号で

「未来世代にとって八ツ場ダムは必要か」

http://www.iwanami.co.jp/sekai/index.html

を福田首相への直訴状のつもりで書きました。

以下は、「八ッ場ダムをストップさせる東京の会」の深澤洋子さんからいただいた八ッ場ダムの工期延長をめぐる1都5県の議会の動きを元にチェックした審議中継ライブラリーのリンク先です。★は見ながらの感想です。

●群馬県議会

○平成20227日(水)群馬県本会議での関口茂樹県議の質問

(1)八ッ場ダムの必要性について

(2)八ッ場ダム事業の再評価について 

○平成20307日(金)群馬県議会本会議での関口茂樹県議の

「八ッ場ダム基本計画の変更案」に対する反対討論  

●千葉県議会

○平成20年3月7日() 千葉県議会での吉川洋県議の質問

(ライブラリー再生の3:07頃から)

http://www.pref.chiba.jp/gikai/chukei/rokuga/index.html 

ボードを使っての冷静な問いかけ

2015年までの水供給量 予測と実績の乖離

2015年までの一人一日最大給水量 予測と実績の乖離

2015年までの工業用水 予測と実績の乖離

○平成20年3月13日(木)

http://www.pref.chiba.jp/gikai/chukei/rokuga/index.html

小松実県議(ライブラリ再生の17:25) 

5万トンの工業用水が余っているのに(100億円の無駄)、これから4万トンを八ツ場から受けるのか?

★知事は質問されても逃げているんですね

○平成20年3月13日(木)

http://www.pref.chiba.jp/gikai/chukei/rokuga/index.html

大野博美県議(ライブラリ再生の720~)

予算配分でダム事業が河川改修事業に比べ偏重と指摘

「千葉県がどれほどの治水効果を受けるのか」との質問に

担当課長が「千葉県の効果は計算されていない」

★びっくり!千葉県は効果も知らずに参加しているのか!

○次は317日(月)県土整備常任委員会

東京都議会

○平成20311日(火)予算特別委員会(総括質疑)

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/live/video2008-t1.htm 

山下太郎都議(再生ライブラリの4:51~)

○次は317日(月)都市整備委員会

     埼玉県議会

知事が、2/25()2:55~に「費用が大きく跳ね上がるは工期は延長されるは不愉快」と答弁http://dvlsv.skipcity.jp/sgikai/2.html 

しかし、「八ッ場ダム建設:工期延期に同意決定-県議会委」 毎日新聞埼玉版

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20080308ddlk11010273000c.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »