« 兵糧攻め、「殺せ」、なんという・・・ | トップページ | 熊本 川辺川ダム、荒瀬ダムのその後 »

2008年6月 6日 (金)

路木(ろぎ)ダム通信2

熊本から届きました。路木ダム通信第二弾です。

数日前にいただいていたんですが、転載が遅くなってしました。

そのまま、転載します!「rogi_20861.doc」をダウンロード

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさま、路木ダム通信②です。

今回から何回かに分けて「路木ダムってほんとに必要なの?」を掲載します。

これは路木ダム建設計画がある地元・天草市河浦町の方々に、

「路木ダムを考える河浦住民の会」が084月に送った新聞です。

(私は「河浦住民の会」の事務局です。)

路木ダムってほんとに必要なの?

その①

路木ダムを考える河浦住民の会代表 小川浩冶

                         若杉数太

羊角湾を守る漁民の会代表       木浦秀豊

 天草市の合併から2年、国保料をはじめ各種公共料金や税金等の値上げ、市職員の移動による本渡地区以外の地域のいっそうの過疎化など「合併していいことは一つもない」と言う声をあちこちで聞きます。

 さて、羊角湾に注ぐ路木川に、路木ダム建設が計画され20年近く経ちます。

 いったんは中止かと思われた路木ダム事業は、今、旧態依然として当初計画のまま、ダム本体建設へと動き出そうとしています。

 私たちは路木ダム建設による①水道料金の大幅値上げ、②路木川・羊角湾への重大な影響、③危機的な天草市財政へのさらなる圧迫、などを大変心配しています。

 そこで、路木ダムのさまざまな問題点を、地元である河浦地区の皆様にその実態をお知らせして、将来の牛深・河浦住民の生活を考えた場合、本当に必要な計画であるのか、を検証していただくために、勝手ながら新聞を送付させていただきます。

 天草市の合併のようにやってしまってからぼやく前に、はたして路木ダムが本当に必要なのかもう一度考えてみませんか?

1 路木ダム建設によって、水道料金の大幅値上げ!

 路木ダムの建設費は、平成4年度の計画時で90億円と試算されています。

それから16年間を経て、各地の例から考えて、最終的には100億円をはるかに超えるものと考えられます。(計画時と実際の建設費の比較 五和東部ダム:計画49.7億円、実際86.5億円⇒1.74倍 上津浦ダム:計画123億円、実際168億円⇒1.36倍)

 

 現在、水道料金は旧市町の料金で継続されていますが、一番高い地区は御所浦町で2,835円、河浦町は1,610円(いずれも10㎥当たり)ですが、これを天草市発足三年以内に一元化し、同一の料金にするとされています。(旧五和町の水道事業の債務7億円は棚上げのまま)

 また、国や熊本県の財政がひっ迫し、合併により誕生した天草市も約1,000億円の負債を抱えています。路木ダム建設費のうち約17%は天草市の負担となり、天草市の試算では、上水道20%、簡易水道10%ほどの負担増となる、としています。

 しかし、市の試算は16年も前に作られた計画のダム建設費と現在の水道料金収入が前提です。一方、市の予測でも平成1625年度の人口は牛深地区で18%、一町田簡水地区で14%も減少する、と見込んでいます。

 建設費が膨れ上がり、人口が減ると、さらなる負担増となって水道料金の大幅値上げは必至です!

~~~

|

« 兵糧攻め、「殺せ」、なんという・・・ | トップページ | 熊本 川辺川ダム、荒瀬ダムのその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/21447782

この記事へのトラックバック一覧です: 路木(ろぎ)ダム通信2:

« 兵糧攻め、「殺せ」、なんという・・・ | トップページ | 熊本 川辺川ダム、荒瀬ダムのその後 »