« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月16日 (水)

ダムに負けない村 第二弾

~~~~転載歓迎だそうです~~~~~

『ダムに負けない村 第二弾ー八ッ場から地域の再生を考える』

http://www.yamba-net.org/modules/news/article.php?storyid=601 

日時:2008915日(月・祝)午後1時~4時45分(12時30分開場)

会場:東京大学弥生講堂一条ホール(tel/03-5841-8205)

113-8657 東京都文京区弥生111 東京大学農学部内↓

http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

コーディネーター:森まゆみ(作家、地域雑誌「谷根千」編集人)

パネリスト:

阿武野 勝彦(東海テレビ放送ディレクター)

大和田 一紘(NPO法人多摩住民自治研究所副理事長)

佐藤 守正(新潟県湯沢町会議員)

嶋津 暉之(水問題研究家)

神野 直彦(東京大学大学院経済学部教授)

関口 茂樹(群馬県議会議員)        

参加費:1,000円

申し込み:予約をお願いします。下記メールフォーム、電話、またはFAXにて、

お名前(フリガナ)、ご住所、電話番号をお知らせ下さい。↓

http://www.yamba-net.org/modules/formmail/index.php?id_form=1 

主催:八ッ場あしたの会 群馬事務局(渡辺) tel/fax027-253-6706

http://www.yamba-net.org/

懇親会:要予約。会費2500円を予定しています。

プログラム詳細はこちらへジャンプ!

http://www.yamba-net.org/modules/news/article.php?storyid=601 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山鳥坂、設楽、川辺川

まずはいたただいた情報の投げ込みから

●山鳥坂ダムの随意契約一覧表

http://izuha.web.infoseek.co.jp/19nenzuiikeiyaku.html

クマタカなど確認環境検討委に報告へ山鳥坂ダム計画

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20080708-OYT8T00734.htm

山鳥坂ダム工事着工へ 「猛禽類影響小さい」

https://www.ehime-np.co.jp/member/news/local/20080715/news20080715272.html

●設楽ダムの建設中止を求める会

http://no-dam.net/index.html

●川辺川ダム

「だんだんなぁ!球磨川」案内

http://www.axera.org/dandannaa/

川下りスタート地点待ち合わせ地図

http://www.mapion.co.jp/here/all/080714/mapi6803981080714235051.html 

神事の執り行われる場所案内

http://www.mapion.co.jp/here/all/080714/mapi5010900080714234131.html

「知事判断受け止めたい」 九州地方整備局長が就任会見

http://kumanichi.com/feature/kawabegawa/kiji/index.cfm?id=20080712000001

深層・真相:川辺川ダム有識者会議 治水と環境の共存探る 結論なお不透明 /熊本

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20080715ddlk43010551000c.html

第5回川辺川ダム有識者会議詳報

http://kumanichi.com/feature/kawabegawa/kiji/index.cfm?id=20080715000004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

近畿地整のなぞ

●ダムは、自然環境に及ぼす影響が大きいことなどのため、原則として建設しない

●考えうるすべての実行可能な代替案の検討のもとで、ダム以外に実行可能で有効な方法がないということが客観的に認められ、かつ住民団体・地域組織などを含む住民の社会的合意が得られた場合にかぎり建設する

●環境変化の多くはある時点で突然顕在化し、その変化は不可逆的でかつ時間が経つにつれてその影響が大きくなることに多い事実に鑑み

という提言によって、

新河川法の第一の体現者となった淀川水系流域委員会。

その最終意見を待つこともなく-しかも自分たちで諮問したのに-

国土交通省近畿地方整備局がダムありきの河川整備計画案を、

次の段階である知事意見を聞くために提示したことに、

多くの批判が寄せられている。

「宇治・世界遺産を守る会」さんから転載許可をいただきましたが、

せっかく淀川水系流域委員会のウェブサイトに掲示されているので

リンクを張らせていただきます。

http://www.yodoriver.org/iken_shuu/bessi/bessi_1077.pdf

その他の意見書もここから見ることができます。

http://www.yodoriver.org/iken_shuu/ippan_iken_hyou11.html

堤防強化で壊滅的な被害を防ぐことを最優先する流域委の考えとは違い、

ダムによる水位低下を優先させる従来の河川行政に逆戻りしたのは一体なぜなか。

このヘンに答えがありそうだ。

淀川水系の治水対策および淀川水系流域委員会に関する質問主意書

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a169484.htm

上記への政府答弁

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b169484.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大配水量操作の「Xデー」告発

八ッ場ダム訴訟で元都職員が最大配水量操作の「Xデー」告発

http://www.kinyobi.co.jp/KTools/antena_pt?v=vol708#2

週刊金曜日 第708 20080627日へのリンクです。

傍聴席は満員のツメツメ。

興味深い裁判でした。

今後の日程などはこちら

http://www.yamba.jpn.org/

http://www.yamba.jpn.org/schedule.htm

●茨城、水戸地裁(証人尋問)の期日が近づいています。

715日(日)証人尋問予定

10時~12時・・・・・嶋津暉之氏

130分~5時・・・川崎和明氏(国交省関東地整元河川部長・

                             利根川河川整備基本方針策定責任者)

                  早乙女英男(茨城県土木課長・茨城県の治水政策責任者)

こりゃ、いかなきゃ・・・。

お誘いの茨城の「八ッ場ダム住民訴訟通信-40」転載します。

「ibaraki40.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまとさかダム

オオタカはでるわ、絶滅危惧種の植物はでるわ

ヤッシーも

山鳥坂ダム建設予定地近くオオタカの営巣確認 工事事務所

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20080626-OYT8T00944.htm?from=nwlb 

山鳥坂ダム 予定区域に絶滅危惧種 ミズキカシグサなど移植保護http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20080702-OYT8T00707.htm

山鳥坂ダム計画:超党派国会議員が建設予定地を視察 「堤防整備、早急に」 /愛媛

http://mainichi.jp/area/ehime/news/20080626ddlk38040683000c.html

国会議員ら公共事業をチェック/内海ダム再開発

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20080626000078

2008/6/24()25() 田中代表 山鳥坂ダム予定地視察

http://www.love-nippon.com/tanaka_dam_yamatori.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »