« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月24日 (水)

熊本県知事 首相に五木村のために会う

どこまでいってもこのままでは休めない・・・

と昨日は数ヶ月ぶりの完全オフ!自転車をこぎプチアウトドアしました。

911日に「ダムによらない治水」を県議会で宣言した熊本県知事に感想を送りたくなり、以下は21日に送ったものです。感想の最後に、知事の政治判断を受け止めるべきは国土交通大臣だから、ぜひ直接会って思いを遂げて欲しいとFAXしました。

するとなんと、知事はその日すでに「前」となってしまいましたが、首相に会いに行っていました。スピード感と理念がセットになった政治家の誕生です。

ダム問題で知事が首相と会談(熊本県)

http://www.kkt.jp/news/nnn/news868230.html

五木村振興 知事、福田総理と会談

http://www.kab.co.jp/db/asp/kabnews/KabNews.asp?src_month=9&src_day=22&id=4

蒲島知事が福田首相と会談 五木村の振興で協力求める

http://www.tku.co.jp/pc/news/view_news.php?id=15785&mod=3000

以下は単なる参考まで。

================

蒲島郁夫・熊本県知事

泳げる川があることの希少さをお考えいただきたいと手紙を書きましたまさのあつこと申します。子どもたちにとってpricelessな遊び場、飛び込むことできる川を残されたことは、本当に賢明なご判断だったと思います。お金にかえることができるものなど、この世にそう多くはないからです。

賢明なご判断だったと思う理由はそれだけではありません。出張先で川辺川ダムのニュースを聞き、出張先から戻り、911日の議会での演説を聞き、感銘を受けました。なんと多くの方の意見を受け止め、これ以上にない判断をされたことでしょう。多くの方が、「知事は私の気持ちを受け止めてくれた」と思われたことでしょう。恥ずかしながら私もその一人です。まして熊本の住民で川辺川を愛する方はなおさらそうでしょう。「お金には変えられないものをどうか奪わないで欲しい」という気持ちで、固唾を飲んで知事の判断を待ち「白紙撤回」という言葉を聞いた人々は、あたかも自分の命が救われたように、緊張感が解け、涙が出てきたのではないでしょうか。

さて、洪水調整機能についても感想を述べさせてください。

知事がもっとも気にかけた一つは人吉の治水であろうと思われますが、気候変動による集中豪雨が頻発している今日このごろだからこそ、「ダムによらない治水」はリスクマネジメントとして最適なものだと思われます。人間にとって予測可能ということはこの上ない「強み」だからです。雨がたくさん降れば川にもたくさん流れてくるという予測。逆にいえば、ダムによる治水は、予測不能なギャンブルのようなもの、そして気候変動時代においては、ギャンブル性を増すものだと思うからです。

球磨川本流にある市房ダムですでに、自然の摂理とは違う予測不能なタイミングで洪水に見舞われるようになった人吉にとっては、これ以上にギャンブル性が高まる治水策は避けたいというのは、生命力が発する本能的メッセージではないかと思います。

ダムが機能するのは、ダムの集水域にダムに収まる、ちょうどいい量の雨が降ってくれた時だけで、それ以外の場所に大雨が降っても無用の長物であること。流れる川をせき止めても、ダムで抑えきれないほどに降り続ければ、予測不能なタイミングに、ダム操作規則という人為的な判断によって、ダムを守るための水量が放流されること。つまり、河川工学による治水は「限定的な条件下で定めた仮定に基づく実験」以上のものではないこと。

すなわち、ダムによる治水とは、河川工学上の仮定に命を預けるのかどうかの選択であり、選択肢の一つでしかないということに日本社会が気づき、ダムによらない治水へと新しい一歩を踏み出す大きな転換点になったと思います。そこにある潜在的な危険を住民が地域の歴史から学び備える環境を整備する、財源や権限にとどまらない「地方分権」への一歩が始まるのではないかと思います。

五木村について。ダムに地域(物理的、精神的)を破壊された人々は、初めはダムを作るという「公益」の犠牲となりました。そして今、知事がダムによらない治水を政治的決断により選択したことを受け、その「解」を唯一、国の側で受け止めるべきは、政治家たる国土交通大臣であると思います。ぜひ、県知事自らの選択を、そして選択に到るまでの思いを、国土交通大臣に政治家から政治家として直にお伝えくださいますよう。

そして、国土交通大臣が、真の意味の地方分権の意味を問えば、川辺川ダム中止の決断をせざるを得ないと考えます。すると、今ある川を残すという「公益」に、五木村の人々は再び複雑に心を揺り動かされると思います。苦渋の選択の上にダムに沈まなかった故郷を抱えて暮らしていく人々の心を、ありのままに、大臣が知事と共に受け止めてくださいますよう。ご決断に関する感想と共にその願いをお伝えしたいと思いました。

2008921

まさのあつこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

設楽(したら)ダムの全国集会

転載歓迎イベントです

===========

“設楽ダムの建設を止め、

  みどりの流域圏づくりをめざす”全国集会

来る112日、「設楽ダム建設事業の中止を求め」、また、「持続可能なみどりの流域圏づくりを進める取り組みについての交流を行う」全国集会を開きます。河川行政の民主化とダム建設の中止を求める全国の皆さま、豊川(とよがわ)中流の町・新城(しんしろ)市にお集まりください。

      現地実行委員会 委員長 市野和夫

とき:2008112日(土)10:20 飯田線豊川駅東口集合

    10:3014:30  設楽ダム予定地視察(マイクロバス)

    15:0018:00  全国集会(新城観光ホテル)

    18:1520:00  懇親会・夕食(新城観光ホテル)

ところ:愛知県新城市内~豊川流域

    新城観光ホテル 〒441-1329 愛知県新城市字笠岩11番地1

    TEL.0536-22-1234  FAX.0536-23-3123

    アクセス: http://www.sk-h.co.jp/05_access.html

 長良川河口堰建設に対する全国的な疑問の高まりを受け、住民参加と河川環境保全を謳って1997年に河川法改正が行なわれました。ところがその後、中央集権的な官僚による強権的なダム造りなど、河川行政が先祖返りをしつつ逆流を強めていることに、全国の流域住民がNo!の声をあげています。

 今年に入って計画中のいくつかのダム事業が中止されましたが、淀川水系流域委員会を無視する近畿地方整備局、また、完成した徳山ダムからの導水路建設や設楽ダムの建設など、「環境対策」を謳いながら環境破壊的な事業を進める中部地方整備局の動向は見過ごすことのできないものです。

 それぞれの川の流域には、地域に固有の生活と文化があり、その主役は地域住民です。治水(川の整備)、利水(川水の利用)、川や流域の自然の保全・管理は、住民の意思を反映させて進めるべきです。また、事業の前提として、その地域の持続可能性が保証されねばなりません。

 個別のダム建設については、以下の3つの視点から河川整備計画の審議経過や内容が検討され、問題がないことが確認されることが必要です。

(1)        住民意思は尊重されているか?(民主主義)

(2)        合理的な建設理由があるか?(客観性・科学性)

(3)        自然・環境は守られるか?(自然環境の持続可能性)

 愛知県東部の豊川水系で進められている設楽ダム計画についてこの視点からみますと、

11974年には、設楽町住民の圧倒的多数の反対署名と設楽町議会のダム計画絶対反対の決議がなされました。国と愛知県は、この住民意思を無視して圧力をかけ続けてきました。設楽町では、現瞬間も住民意思の尊重を求めて、住民投票条例制定の直接請求運動が精力的に行われています。

22001年度に豊川総合用水事業が完成して水源施設が格段に整備されたため、愛知県東部の水需要を大幅に上回る供給態勢が完成しています。また、設楽ダムは豊川最上流部の小集水域をカバーするだけですから、下流の水害対策にはほとんど役立ちません。設楽ダム建設の合理的理由はありません。

3)設楽ダム計画では、河川環境改善(流水の正常な機能の維持)のための貯留容量6000m3が、総貯留容量9800m361%を占める一番の目的になっています。しかし、ダムを建設すれば、クマタカの棲む源流の森、ネコギギの棲む寒狭川、豊かな海の幸を生む三河湾まで、取り返しのつかない自然破壊が生じます。「環境改善」を掲げ、大規模な「環境破壊」を進める本末転倒事業を許せません。

 以上に加えて、設楽ダム建設予定地の地盤が堅固でなく、安全性にも重大な疑問が出ています。

主催: 「設楽ダムの建設を止め、みどりの流域圏づくりをめざす全国集会」実行委員会

連絡先:水源開発問題全国連絡会(Tel: 03-5211-5429)、

    現地実行委員会(Tel: 0532-54-7305

その他スケジュール:

 113日 9:0013:00  水源連総会

 午後 オプショナルツアー(豊川用水、豊川下流域、豊橋へ)

詳細・地図など

「shitara.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

八ッ場から地域の再生を考える

915日は東京大学へ!

転載歓迎~~~~~~~~~~~~~

ダムに負けない村第二弾- 八ッ場から地域の再生を考える

◆日時:2008915日(祝)午後1時~4時45分

 (12時30分開場)

◆会場:東京大学弥生講堂一条ホール

○コーディネーター:森まゆみ(作家、地域雑誌「谷根千」編集人)

○パネリスト:

阿武野 勝彦(東海テレビ放送ディレクター)

大和田 一紘(NPO法人多摩住民自治研究所副理事長)

佐藤 守正(新潟県湯沢町会議員)

神野 直彦(東京大学大学院経済学部教授)

関口 茂樹(群馬県議会議員)ほか (あいうえお順、敬称略)

 

◆プログラム

ビデオ上映―永六輔さん、澤地久枝さん、加藤登紀子さんの現地めぐり

基調講演 「ダム問題から検証する“地域の再生”」(仮題)  

     講師:神野直彦さん

第一部 「ダム計画が地元にもたらすもの」

•群馬県長野原町―八ッ場ダム予定地を抱える町の財政は?

•新潟県湯沢町― 清津川ダムが中止された地元では?

•熊本県五木村― 本体着工が凍結されている川辺川ダム予定地では?

•岐阜県旧徳山村―わが国最大の徳山ダムが建設された地域の人びとは?

 

第二部 「脱ダムと地域の再生― 八ッ場ダム問題を解決するために」

•代替地計画の実態

•ダムが止まった時― 地域再生への道筋と課題

•長年の地元の損失と、それに対する補償

•首都圏下流が水没予定地の再生を支援するには

 

詳細はhttp://www.yamba-net.org/modules/news/article.php?storyid=601

参加費:1,000円

申し込み:予約をお願いします。下記メールフォームにて、お名前(フリガナ)、ご住所をお知らせ下さい。↓

http://www.yamba-net.org/modules/formmail/index.php?id_form=1 

懇親会:要予約。会費2500円を予定しています。

 

<会場への交通のご案内>

東京大学弥生講堂一条ホール(tel/03-5841-8205)

113-8657 東京都文京区弥生111 東京大学農学部内↓

http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

~~~転載おわり~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

川辺川からの朗報

92日、熊本県人吉市の田中信孝市長が9月議会の施政方針で川辺川ダムについての見解を表明しました。

http://www.city.hitoyoshi.kumamoto.jp/cgi-bin/odb-get.exe/shiseihoushin.pdf?wit_oid=icityv2::Content::3621&wit_ctype=application/pdf&wit_jasminecharset=SHIFTJIS 

ダイジェストは以下の通り

     環境面から

「川辺川ダムの建設は、球磨川水系全体の水質汚濁とともに、自然環境悪化の一因にもつながりかねないと憂慮いたしております」

     治水面から

「想定規模以上の降雨量の時の洪水には、ダムは対応できないとしたならば、ダムは、かえって生命財産を守ることができない危険なものになるのではないかと心配をいたしております」

     自然災害を防ぐ観点から

「自然災害からの完全なる防災は、どれだけ投資をしても達成できるものではないということは、地球の歴史からも明白でありますし、また自然災害から完全に逃れるという手立てもないことから、自然災害からの被害を少しでも減じていく減災という考え方を取り入れ、自然環境に即した様々な防災策を組み合わせ、講じることのほうが大切ではないかと考えておるところでございます」

829日には、川辺川ダムサイト予定地の相良村(さがらむら)でも、

川辺川ダム計画 徳田・相良村長が反対表明 人吉・球磨地域 波紋広がる

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/44444

 

      喜びの声、ここまでの経過、今後の動きは

子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会

http://yurika-net.sakura.ne.jp/blog/index.php

http://kawabegawa.jp/ 高橋ユリカウェブサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川の全国シンポジウム-淀川からの発信-

秋はダム関係のイベントが一杯です。

∽∽∽∽∽∽∽∽転載大歓迎∽∽∽∽∽∽∽∽∽

川の全国シンポジウム-淀川からの発信-

 

開催日  2008112()3()

場所   京都大学百周年時計台記念館 百周年記念ホール

     (京都市左京区吉田本町)

≪開催趣旨≫

河川法が改正されて10年余が経ちました。改正河川法は、河川の

環境保全の重要性を明文化し、同時に河川政策への市民参加と

市民意見の反映をうたいあげていますが、これら重要改正点が

実際の河川整備に活かされているでしょうか。

いま全国の各地で川の本来の姿を取り戻す活動が行われています。

淀川では改正河川法の趣旨を活かした河川整備の実現を目指していますが、

これを全国の大きな流れにする必要があると強く感じています。

昨年の徳島での「川の全国シンポジウム」に続いて、今年は京都で

河川整備のあり方を話し合いませんか。本シンポジウムの趣旨に賛同

される方は、源氏物語千年祭に彩られた11月の京都でお会いしましょう。

≪賛同人の募集≫

本シンポジウムを成功させるため賛同人を募集しています。

本シンポジウムの趣旨に賛同し、

郵便振替口座「川の全国シンポジウム実行委員会 01690-6-93555」に

3000円振込まれた方が賛同人となります。

賛同人は実行委員として実行委員会に出席して本シンポジウム全般に

ついて意見を述べることができますとともに、シンポジウムに招待されます。

尚、シンポジウム参加のみの場合は参加費1000円です(当日受付)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

112()

基調講演

ポスターセッション(2時間)

地方分権

懇親会

113()

河川法改正と流域委員会

昼食

淀川からの発信

・シンポジウムの詳細は現在企画進行中です。懇親会やイクスカーションの

 案内などとともに追ってお知らせします。

・振込とともにE-mailアドレスをお知らせください(口座振替の場合は、別に

 E-mailアドレスを必ず下記までお知らせください)

・ ポスター展示ご希望の方はお知らせください。

・宿泊の窓口(旅行社)は、追ってお知らせします。

事務所  531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1 インターGビル 

      川の全国シンポジウム

電話   06-6372-8061Fax 06-6372-8062 

(通話時間が限られますので,できるだけFaxE-mailでお願いします)

E-mail: river-sympo-08chorus.ocn.ne.jp(*を@に)

その他の問合せ:高田直俊(総務担当)

      takada-nr8.dion.ne.jp(*を@に)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

辞任するなら解散だろ(二代続けてトホホ首相)

福田首相、辞任しましたね。

救いようのないウマシカ・・・

就任以来、忙殺されていたからだとか。。。

そうなることも分からず立候補したんかいな?

遅い夕飯を作ろうとプチっとテレビをつけた途端

「辞任」という言葉が耳に・・・

「あ、大田ね」と思ったら福田。福田ぁ????

相棒に「辞任」って携帯メールしたら

「大田?」って。や、だから「福田よぉ」。

前国会で政治的駆け引きや審議拒否で

決まることが決められなかったって(^^;あの・・・)。

国民多数は参議院では野党を選んだわけで

衆議院で多数を持つ与党が意見を調整して

国民多数の意見(インド洋の給油しかり、道路財源しかり)を取り込んで

政治的駆け引きで「答え」を出していかなければならなかったのはア・ン・タだ。

もろにそういう時期に立候補して首相になっておいて何をゴチャゴチャと。

ネジレ国会の首相のあり方=意見調整係

そんなの我が家では寝ぼけた朝ご飯のテーブルで話す程度に明らかなこと

貧乏くじかもしれんぞ、と鼻の下のばして変だなだと思っていたら

ぜんぜん、現状が理解できてなかっただけじゃん。

多数決で維持してきた政権なんだから

多数決が効かなくなったら、総選挙やるか、参議院の結論を衆議院で飲むか

二つに一つだろうに。

誰でもいいから次になった首相はすぐに解散して

ウマシカから卒業して欲しい。とにかく不愉快。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »