« 対話でつなごう滋賀の会の意見書 | トップページ | 地方分権というのか »

2008年12月 4日 (木)

昨日、思わぬところで思わぬ方に再会し、本をいただいた。

「ブナの森とこの国の未来」

編 博士山ブナ林を守る会 歴史春秋社

帯に「会津博士山と南会津のブナ林。その自然と暮らしを守る18年間の活動と未来につなげる思い。20074月、このブナ林は日本最大の「森林生態系保護地域。緑の回廊」に指定」とあります。

帰宅するとアマゾンで注文した本「ダム撤去」(岩波書店)が届いていて、今読んでいる本「Swimming Upstream」と合わせて3冊。早く読まねば。

|

« 対話でつなごう滋賀の会の意見書 | トップページ | 地方分権というのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/25898574

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 対話でつなごう滋賀の会の意見書 | トップページ | 地方分権というのか »