« やっと少し時間を確保 | トップページ | 痛くない腹をさぐられないための公開を »

2009年1月25日 (日)

成瀬ダム260億円住民監査請求

金子一義国土交通大臣とダム事業プロセス検証タスクフォースへの手紙
(読まれるかどうか分からないけれど)

秋田で狼煙が上がりました。
「成瀬ダムは260億円の無駄」 秋田、住民監査請求へ(2009年1月11日)
http://www.asahi.com/national/update/0111/TKY200901110010.html

「成瀬ダムをストップさせる会」から連絡をいただき、
成瀬ダム予定地全景
http://www.rnac.ne.jp/~oshu/naruse-dam/yoteitizenkei.htm 
更新が進んでいないけれども、とのことですが、
代表の奥州光吉さんに許可をいただきましたのでリンクを貼らせていただきます。
http://www.rnac.ne.jp/~oshu/naruse-dam/index.html

朝日新聞の08年12月10日新聞に
「ダム『あと100基超必要』国交省試算」と出ましたが、
必要なのはほんとうにダムなんでしょうか?

秋田県の負担は約260億円。これはどれぐらいの金額かといえば、260人に1億円づつ払える額です。(この考え方は設楽ダムに反対されている方に教わったもの)
この町には何人の人が暮らしているのでしょうか?秋田県の福祉予算はいくらでしょうか?教育予算は?高齢者医療は?子育て支援予算は?260億円あったら、もっと緊急に必要とされる人に対して、有効な使い方ができるのではないでしょうか。

「国土交通省予算」ではなく、「国から地方」への再配分のやり方を考えなければならないと思います。国交省だけでダム事業を見直すことには限界があり、少なくとも中央官庁だけを取ってみても、総務省、財務省との連携が必要ではないでしょうか?自治体の予算のあり方の見直しは必須かと思われます。

第一回タスクフォースでもそのような趣旨の意見が多少は出たのか、出なかったのか、期待はしておりますが、非公開ですので正確に知るすべがありません。会議を公開してください。地方在住者のために、議事概要ではなく議事録を発言者氏名とともに公開してください。

|

« やっと少し時間を確保 | トップページ | 痛くない腹をさぐられないための公開を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/27447652

この記事へのトラックバック一覧です: 成瀬ダム260億円住民監査請求:

« やっと少し時間を確保 | トップページ | 痛くない腹をさぐられないための公開を »