« 意志あるところに道はできる | トップページ | 愛知県の設楽ダム »

2009年1月25日 (日)

オバマ大統領が河川政策にウェグナー&ビアード氏登用!

リバーポリシーネットワークの高木さんから転載の許可をいただいたので以下、転載します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関係者の皆様へ

 新年のご挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いします。
さて今回はアメリカのクラマス川で行なわれる「歴史的なダム撤去」の
ニュースを中心にお届けします。このニュースを送ってくれたのは、R
PNのシンポや会報でおなじみの米国のデヴィッド・ウェグナー氏です。
彼はオバマ大統領からワシントン入りを依頼されており、クリントン政
権のもとでダム建設の時代の終わりを告げた元開墾局総裁ダニエル・
ビアード氏と共に河川政策を進めるリーダーとしてオバマ政権を支えて
いくようです。お二人の活躍が楽しみです。
 またRPNではオバマ政権のグリーンニューディール政策やEU諸国の
自然再生への取り組みなどについてもご紹介していきたいと考えてい
ます。

事務局ではこうした活動を広げていくために翻訳のボランティアを募集
しています。
協力していただける方はRPNまでご連絡下さい。
(Mail rpn@r6.dion.ne.jp Tel 090-7952-2882(高木))
≪今日のお知らせ≫

●「歴史的なダム撤去の決定」 マウント・シャスタ・エリア新聞
●パタゴニア日本支社の環境キャンペーン
 「Free to Flow-川と流域を守る」

****************************************

■「歴史的なダム撤去の決定」 マウント・シャスタ・エリア新聞

RPNのHPのサイトからご覧下さい。(和文・英文)
http://www.mm289.com/RPN/1192/klamath.html

クラマス川のダム建設によるサケの被害やダムが建設された
当時の様子、4つのダムが撤去の決定にいたった経緯などが
アメリカンリバーズの動画によって詳しく説明されています。
 

●クラマス川の4つのダム撤去に関する参考情報
①ニュース
 
タイトル:Four Klamath River Dams May Be Removed to Benefit Salmon
 出典:The Environment News Service
 URL:http://www.ens-newswire.com/ens/nov2008/2008-11-19-093.asp
 日時:2008年11月19日

②関係機関の公式ページ

※ダム撤去の当局とのひとつであるカリフォルニア州の知事アーノルドシュワルツネッガー氏の会見動画サイト
 タイトル:Governor Holds Press Conference Regarding Dam Removal Project
Agreement
 出典:カリフォルニア州公式ページ
 URL:http://www.gov.ca.gov/index.php?/speech/11041/
 日時:2008年11月14日

③クラマス川流域の歴史や撤去対象の4つのダムについての概要が
 紹介されている動画
 タイトル:Klamath River film - by American Rivers
 出典:American Rivers
 URLhttp://blog.americanrivers.org/wordpress/index.php/2008/02/20/watch-our-new-klamath-river-film/
 URLhttp://www.youtube.com/watch?v=xKcz9h_jWA8
 日時:2008年12月20日

④ダムの所有者である電力会社の公式見解のページ
 タイトル:Agreement in Principle marks first critical step on presumptive
 path to remove Klamath River dams
 出典:PacifiCorp Press Release
 URL:http://www.pacificorp.com/Press_Release/Press_Release85714.html
 日時:2008年11月13日

**************************************************
.
■パタゴニア日本支社の環境キャンペーン「Free to Flow - 川と流域を守る」

 本年度から独自の環境キャンペーン「フリー・トゥ・フロー
-川と流域を守る」を実施します。この18か月におよぶ長期的
なキャンペーンは、日本の本来の川を復活させ、人間と自然界
のバランスを取り戻すために個人または地域社会が現状を認識
して行動を起こすことを目指すもので、水源から川、そして海
にいたるまでの河川流域が直面している環境問題について率先
して声を上げている人びとのエッセイをカタログやウェブサイ
トで取り上げ、同時に日本の川や流域の保護に懸命に取り組む
数々の環境保護グループを紹介しながら展開していきます。

【続きはWEBサイトで】
http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=38665

■会員募集

RPNでは会員を募集しています。
会員になってくださった方にはシンポジウムの案内や
会報をお送りします。

ご入会方法・・下記の口座に会費をお振込み下さい 
         個人会員¥3000 団体会員¥5000
                     
        郵便振替  00830-6-101345
         名義    リバーポリシーネットワーク 
 
また、翻訳のボランティアも募集しています。
ご協力くださる方はRPNまでご連絡下さい。

******************************************
●●●・・River Policy Network  リバーポリシーネットワーク・・●●●
     

このメールは会員の方を含め現在各分野の方1,877人の方に発信されています。
メールでの情報をご希望の方はrpn@r6.dion.ne.jpまでお知らせ下さい。
  また、配信停止をご希望の方も同じくお知らせ下さい

         

<問合せ先>
      〒550ー0014  大阪市西区北堀江1-21-11-3B 
             TEL. 090-7952-2882 (高木)  
             FAX 06-6543-8456             
             E-mail rpn@r6.dion.ne.jp
      http://www.mm289.com/RPN/
      郵便振替  00830-6-101345
        

==

転載以上

アメリカのスピード感を、昨年秋に解散するといったどこかの首相も学んでくれないものでしょうか?

|

« 意志あるところに道はできる | トップページ | 愛知県の設楽ダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/27457868

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領が河川政策にウェグナー&ビアード氏登用!:

« 意志あるところに道はできる | トップページ | 愛知県の設楽ダム »