« 八ッ場ダムの見直しと法整備を求める集会 | トップページ | オバマ大統領の理念と実行力 »

2009年2月14日 (土)

空手形ダム事業の圧縮

八ツ場ダム生活再建事業、178億円に大幅圧縮
http://www.jomo-news.co.jp/news/a/27/news01.htm
(上毛新聞1月27日)というニュースを読む。

当初案では249億円だった「利根川・荒川水源地域対策基金事業」総額が、178億円でどうかと提示があったというニュース

生活再建がハコモノで実現すると思っている人はいないと思うが、
ダム事業だけ進めて生活はほったらかしにする姿勢が現れている。

ダムさえできれば予定は未定とばかりに
空手形であることを許し続けてきた結果の一つがこれだ。

許してきたのは、日本国民全体。
そのしわ寄せを受けるのは現地の人々と未来世代。

こんなニュースも
徳山ダム道路建設協定訴訟:原告側が意見陳述 「旧交温められぬ」 /岐阜
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20090129ddlk21040017000c.html 
毎日新聞 2009年1月29日 地方版

|

« 八ッ場ダムの見直しと法整備を求める集会 | トップページ | オバマ大統領の理念と実行力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/28078907

この記事へのトラックバック一覧です: 空手形ダム事業の圧縮:

« 八ッ場ダムの見直しと法整備を求める集会 | トップページ | オバマ大統領の理念と実行力 »