« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月19日 (木)

公文書管理フォーラム

昨日おこなった「公文書市民ネット国会内フォーラム」について

NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会」が

的確なレポートを書いてくれたのでリンクを張らせていただきます。

●公文書市民ネット発足、法案を検証

http://www.npoweb.jp/modules/news1/article.php?storyid=3110 

●これからこの分野を学ぶ人のための公文書管理問題の基礎知識

【行政による情報の抱え込み】

公文書管理を巡ってはこれまで、

1.行政と公文書館の間の問題

 (公文書館への文書の移管は、協議が前提なので移管が進まない)

2.国民と行政の間の問題

 (開示請求しても組織共有文書じゃない、保存期間が切れたなどの理由で

 「不存在」となり開示されないなど)

という二つの問題がありました。

どちらも行政による情報の抱え込みが問題です。

【本来あるべき情報の流れは】

|国民|←|行政|→|国立公文書館|

情報公開法      公文書管理法

(1999年~)      (無かった)

 

【今回の政府案は】

|国民|→|行政|←|国立公文書館|

     情報公開法

     公文書管理法

というわけで、行政による情報の抱え込みを強化する構造になっています。

 

今ある事実と経緯を国民が利用し、

それがやがて過去となり、過去の事実と経緯が検証できるというふうにならなければと。

そのための公文書管理だというのが基本認識とならなければなりません。

ところが今回の政府案は、

     公文書の中の「行政文書」の範囲が、現在の情報公開法と変わらず狭いこと

     「行政文書」の扱いが、これまで各省が作ってきた文書管理規則のカット&ペーストに過ぎず、詳細は政令に委ねられ、霞ヶ関任せであること。(この文書管理規則は「保存期間」の設定、「行政文書管理ファイル簿」の作成・公表、「廃棄」の記録をはじめ、まったく使えないシステムでした)

     昨日、資料として提供した「公文書管理(政府案のフロー)」に示したように、「行政文書」の扱いは、その誕生(作成)から廃棄・公文書館への移管まで、ゆりかごから墓場まで、霞ヶ関が牛耳る構造です(「公文書管理(政府案のフロー)」「090317.doc」をダウンロード

多くの人に分かりやすくこの問題を伝えていかなければと思っています。

その意味で、昨日、国会で開催したフォーラムがとても分かりやすくレポートしてくれているので、ぜひ、お読みいただきたいと思います。

●公文書市民ネット発足、法案を検証

http://www.npoweb.jp/modules/news1/article.php?storyid=3110

●政府の公文書管理法案はこちら

http://www.cao.go.jp/houan/171/index.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

公文書管理法案の閣議決定

昨年から追ってきたテーマ、公文書管理法案が今日、閣議決定された。

そこで、ご参考までに、ご案内。

1)公文書管理法案に関する国会内フォーラム(3月17日)案内

2)公文書管理法案のありか(関連法に情報公開法も)

3)公文書管理法案閣議決定関係(報道リンク)

4)過去の発信など

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●公文書管理法案に関する国会内フォーラム(3月17日)案内

本日閣議決定された公文書管理法案について、

行政文書を含む「公文書」を利用する市民から物申すために、

「市民のための公文書管理法の制定を求めるネットワーク」を広く呼びかけ、

国会内フォーラムを開催することとなりました。

 

3月17日 午後2時からです。ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加ください。

★公文書市民ネット国会内フォーラム

日時:3月17日(火)14:00~15:30

会場:衆議院第2議員会館第4会議室

内容:各界研究者による政府案の検証

連絡先:情報公開クリアリングハウス(担当三木由希子)

メール kobunsyo_netyahoo.co.jp(*を@に)

●公文書管理法案のありか

 http://www.cao.go.jp/houan/171/index.html 

情報公開法など関連法の改正については上記URL

公文書管理法案の項目の「新旧対象表」の中にあります。

●公文書管理法案閣議決定関係(報道リンク)

公文書管理法案を閣議決定2009331016

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009030300284

中央省庁の文書管理強化、法案を閣議決定

2009331019  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090303-OYT1T00383.htm

公文書管理:省庁に年1回の報告義務 法案を閣議決定

毎日新聞 200933日 1034

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090303k0000e010013000c.html

首相判断で各省庁を実地調査  政府が公文書管理法案

http://www.47news.jp/news/2009/02/post_20090220061003.html

 

      手前味噌ですが、以下は、昨年書いた記事の一つです。

タイトルがちょっとエグイですが。

週刊ダイヤモンド1213日号

「国民を愚弄する官僚の悪弊「公文書隠蔽」の呆れた実態」

http://dw.diamond.ne.jp/contents/2008/1208/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「川は流れる~ダムでなくてもいいんでないかい?」

昨年、京都であった川の全国シンポがご縁でお声がけをいただいたみたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

314 日(土)札幌: シンポジウム

  「川は流れる~ダムでなくてもいいんでないかい?」

チラシ表「sapporo_head.pdf」をダウンロード 、裏「sapporo_back.pdf」をダウンロード

我が国は、従来、主として洪水を河道に押し込めることによって治水対策

を進めてきました。中でもダムは、本来下流へと流れる川を大規模に

堰き止めて流量の調節をするものであるため、洪水防止に効果があると

され、全国各地でその建設が行われてきました。しかし、ダム建設は、

周辺ないし下流の環境を不可逆的に変えてしまうほか、想定以上の

洪水が起こった場合に対応できないという弊害もあります。

 そこで、私たちは、ダム建設の予定地や完成している現場を、

道内にとどまらず全国的に視察・調査し、ダムとそれ以外の洪水防止

対策の比較・検討を行ってきました。このシンポジウムにおいて、ダム

の良い点、悪い点を見つめつつ、ダムによらない治水対策を考えて

みませんか。

内容

1.基調報告

  札幌弁護士会会員

  「北海道のダム計画と現状」

2.基調講演

  宮本博司氏

  (元国土交通省防災課長・前淀川水系流域委員会委員長)

  「川とともに生きる~淀川からの発信~」

3.パネルディスカッション

  パネラー  宮本博司氏(上記)

         小野有五氏(北大大学院地球環境科学研究院教授)

         つる詳子氏(環境カウンセラー)

         渡辺洋子氏(八ッ場あしたの会事務局長)

         まさのあつこ氏(ジャーナリスト)

  

日 時 平成21314土曜日 午後1時半~

場 所 かでる27 大会議室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービ

入場料 無料

主 催 札幌弁護士会

連絡先 札幌弁護士会

060-0001 札幌市中央区北1条西10丁目札幌弁護士会館7

TEL.011-281-2428(代表)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「途上国支援」日本のダム事業から考えた

全部重ならなくてもいいのになぁ、と思うのだが、あらゆることが一気に重なってしまう。

そんなわけで、来週の予定です。

~~~~~~~~~~~

☆シンポジウム「途上国における温暖化対策~責任ある支援とは?」のご案内

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「あなたの買っている炭素クレジットは、本当にクリーンですか?」

http://www.foejapan.org/climate/doc/evt_090311.html

途上国では、温暖化影響による被害が深刻化しており、また、工業化や森林減

少により温室効果ガス排出も増加し続けているため、先進国からの温暖化対策

支援が必要とされています。すでに日本政府は、京都メカニズムのクリーン開

発メカニズム(CDM)や世界銀行の温暖化基金へ参加し、二国間援助においても

途上国の温暖化対策支援を積極的に進めています。

一方、先進国の実施する温暖化対策事業が不適切であれば、途上国からの温室

効果ガス排出を増加させてしまったり、環境や社会に取り返しの付かない負荷

を与えてしまうリスクもあります。温暖化対策は緊急の課題であることは踏ま

えつつも、本当に必要とされ、現地の住民や環境保全に貢献できるものでなけ

ればなりません。

本シンポジウムでは、第一部で、実際に途上国で実施されている気候変動対策

に伴う現地へのリスクを紹介し、問題点・課題点を明らかにします。第二部で

は、第一部で出された問題提起を受け、実質的な解決方法とその課題を議論し

ます。

【日 時】2009311() 13:0017:30 (開場12:30)

【場 所】JICA地球ひろば

【定 員】150

【主 催】FoE Japan

【協 力】気候ネットワーク、地球・人間環境フォーラム、

    「環境・持続社会」研究センター(JACSES

【参加費】一般:1000円、FoEサポーター・協力団体会員:無料

【内容】(予定)

・森林減少対策

   ・・・江原誠(FoE Japan)

CDM水力発電

   ・・・パトリック・マッカリー氏(国際河川NGO International Rivers)

・クライメート・ジャスティス 途上国住民から見た気候変動

   ・・・イレネ・ベレス氏 (FoEコロンビア・Censat)

・戦略的環境アセスメント(SEA

   ・・・小林隼人氏(ロンドン大学、元世界銀行コンサルタント)

・住民による合意形成の重要性

   ・・・まさのあつこ氏(ジャーナリスト)

・まとめ 途上国対策での配慮点

   ・・・清水規子(FoE Japan)

・ディスカッション

【問合せ】FoE Japan 柳井

 Tel:03-6907-7217 mail:energy@foejapan.org

【お申し込み】ウェブサイトよりお申し込みください。

http://www.foejapan.org/climate/doc/evt_090311.html

 ※本シンポジウムは2008年度地球環境基金の助成事業です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 2日 (月)

アルジャジーラも注目する八ツ場ダム

228日(土)午後、「八ツ場あしたの会」と「八ツ場ダムを考える1都5県議会議員の会」が開催したフォーラム「見直そう!八ツ場ダム つくろう!生活再建支援法」へと出かけた。

実は、ウチの近所で「P3施設」と言われる武田薬品の研究所の建設計画が進んでおり、その武田薬品との対話集会と重なってしまった。相棒に「行って!」と頼んで私は生活再建支援法の方へといった。身近な問題に取り組めず若干後ろめたい。

その後ろめたさは「この瞬間の目撃者になれて良かった」と思うことがフォーラムで起きて吹き飛んだ。

主催者「八ツ場あしたの会」からの現状レポート、民主党・大河原雅子議員、共産党・塩川鉄也議員、社民党・保坂展人議員から生活再建支援法制定への取り組みに続き、群馬県長野原町の町議さんが立ち上がって、住民移転問題、町財政、時間との闘い、地質の懸念――「岩盤を18m掘削してダム本体を作ると言っていたのが岩盤が丈夫だから3mだけ掘削することになった。ほとんどダムを置くだけではないか」との懸念を発言。

次にもう片方の主催者である「八ツ場ダムを考える1都5県議会議員の会」――65人の東京、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城の都県議員で構成されている八ツ場ダム見直しの超党派の議員の集まり――がズラッと並んで、各都県での取り組みを聞いて一種の隔世の感を覚えた。市民-基礎自治体-都県議-国会議員とつながったのだから。

次に現地から来た一人の住民が立ち上がって「かつて下流の運動は「ダムを中止せよ」だけだったが、「現地の生活再建支援を」という応援をいただけるようになったことは心強く・・・」と述べた瞬間、打ちのめされた。この場に居合わせたことに感謝した。

同じ情熱で同じ対象に向き合い続け支え合うことができる人々がこの日を迎え、また一つのターニングポイントを迎えたことを目撃できたことに感謝した。

ところで、アルジャジーラが八ツ場ダム問題を取材に来たそうだ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »