« アルジャジーラも注目する八ツ場ダム | トップページ | 「川は流れる~ダムでなくてもいいんでないかい?」 »

2009年3月 3日 (火)

「途上国支援」日本のダム事業から考えた

全部重ならなくてもいいのになぁ、と思うのだが、あらゆることが一気に重なってしまう。

そんなわけで、来週の予定です。

~~~~~~~~~~~

☆シンポジウム「途上国における温暖化対策~責任ある支援とは?」のご案内

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「あなたの買っている炭素クレジットは、本当にクリーンですか?」

http://www.foejapan.org/climate/doc/evt_090311.html

途上国では、温暖化影響による被害が深刻化しており、また、工業化や森林減

少により温室効果ガス排出も増加し続けているため、先進国からの温暖化対策

支援が必要とされています。すでに日本政府は、京都メカニズムのクリーン開

発メカニズム(CDM)や世界銀行の温暖化基金へ参加し、二国間援助においても

途上国の温暖化対策支援を積極的に進めています。

一方、先進国の実施する温暖化対策事業が不適切であれば、途上国からの温室

効果ガス排出を増加させてしまったり、環境や社会に取り返しの付かない負荷

を与えてしまうリスクもあります。温暖化対策は緊急の課題であることは踏ま

えつつも、本当に必要とされ、現地の住民や環境保全に貢献できるものでなけ

ればなりません。

本シンポジウムでは、第一部で、実際に途上国で実施されている気候変動対策

に伴う現地へのリスクを紹介し、問題点・課題点を明らかにします。第二部で

は、第一部で出された問題提起を受け、実質的な解決方法とその課題を議論し

ます。

【日 時】2009311() 13:0017:30 (開場12:30)

【場 所】JICA地球ひろば

【定 員】150

【主 催】FoE Japan

【協 力】気候ネットワーク、地球・人間環境フォーラム、

    「環境・持続社会」研究センター(JACSES

【参加費】一般:1000円、FoEサポーター・協力団体会員:無料

【内容】(予定)

・森林減少対策

   ・・・江原誠(FoE Japan)

CDM水力発電

   ・・・パトリック・マッカリー氏(国際河川NGO International Rivers)

・クライメート・ジャスティス 途上国住民から見た気候変動

   ・・・イレネ・ベレス氏 (FoEコロンビア・Censat)

・戦略的環境アセスメント(SEA

   ・・・小林隼人氏(ロンドン大学、元世界銀行コンサルタント)

・住民による合意形成の重要性

   ・・・まさのあつこ氏(ジャーナリスト)

・まとめ 途上国対策での配慮点

   ・・・清水規子(FoE Japan)

・ディスカッション

【問合せ】FoE Japan 柳井

 Tel:03-6907-7217 mail:energy@foejapan.org

【お申し込み】ウェブサイトよりお申し込みください。

http://www.foejapan.org/climate/doc/evt_090311.html

 ※本シンポジウムは2008年度地球環境基金の助成事業です。

|

« アルジャジーラも注目する八ツ場ダム | トップページ | 「川は流れる~ダムでなくてもいいんでないかい?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/28457010

この記事へのトラックバック一覧です: 「途上国支援」日本のダム事業から考えた:

» 日本にて [ロンドン備忘録]
一週間、日本へ行ってきました。イベント続きでほとんど人に会う時間もない一週間だっ [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 21時25分

« アルジャジーラも注目する八ツ場ダム | トップページ | 「川は流れる~ダムでなくてもいいんでないかい?」 »