« 行政文書の保存期間その2 | トップページ | 行政文書の保存期間その3 「行政文書」の定義 »

2009年4月 9日 (木)

八ッ場ダムによる吾妻渓谷の景観改善(事業評価の問題点)

 4月7日、八ッ場あしたの会が、八ッ場ダム計画の事業評価について異議あり、の記者会見を行ったとのこと。公表内容はすべてブログにある。

冒頭を抜粋すると
***
八ッ場ダム建設事業の費用便益比計算の問題点について(その1)
 2月24日の関東地方整備局事業監視評価監視委員会で八ッ場ダム建設事業の再評価が行われ、継続妥当という結論になりました。その根拠となったのは、八ッ場ダムの費用便益比の新計算値が3.4となり、1を大きく上回っているということでした。2007年12月の評価監視委員会〔注〕で示された費用便益比は2.9でしたから、0.5も上がりました。再評価の資料はこちらをご覧下さい。↓
http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/office2/jigyohyoka/pdf/h20/03siryo/siryo1-2.pdf
***

ということで、続きはこちらへ!
http://www.yamba-net.org/modules/news/article.php?storyid=738

|

« 行政文書の保存期間その2 | トップページ | 行政文書の保存期間その3 「行政文書」の定義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/29036484

この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダムによる吾妻渓谷の景観改善(事業評価の問題点):

« 行政文書の保存期間その2 | トップページ | 行政文書の保存期間その3 「行政文書」の定義 »