« ムダな公共事業の徹底見直し会議 ダイジェスト | トップページ | 小児医療 »

2009年4月30日 (木)

軽んじられる政権

次の政権は「社会資本整備重点計画」を廃止すべき
と書いたら、埼玉のかわとさんから「驚きましたね」と
フィードバックをいただいた。

転載許可をもらったのでそのままカット&ペーストさせていただく。
==============================
この「社会資本整備重点計画」の内容の問題とは別に、
閣議決定の前日に、一介の国交省課長補佐名で
「この計画が明日閣議決定される予定」と国交省の報道発表として
公表することは許されてはならないと思います。
政府自民党はここまで官僚になめられている・・・
裏返して言えば官僚はそこまで思い上がっている?

それを当の国交省も閣僚たちも政党もマスコミも国民も問題視しない?
やはり「政権交替」は必要最低条件です。
==============================

いや、ほんと。

閣議決定なんて、もともと、官僚トップの事務次官会議が終われば
あとは不勉強な「閣僚」がハンコを押すだけの儀式と皆わかっている。
皆、分かっているけど、最後の一線というか、流儀というか礼儀というか。
実際に閣議決定がなされるまでは、
こんな軽率な形で発表されることは無かったのではないか。
実際に閣議が終わるまで何があるか分からないというのが本当のあり方ではないか。
官僚にとっては番狂わせで、閣僚が独自にまともに勉強していて
国民の視点に立って問題視をして首を縦に振らない事案があってもおかしくはない。
それがまったくないと、見限られている政権だ。

いままで、こんなことはなかったと思う。
それだけ、「閣議決定」が、もしくは「政権」が軽んじられ、
重みのないものになっていっている。

|

« ムダな公共事業の徹底見直し会議 ダイジェスト | トップページ | 小児医療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/29360811

この記事へのトラックバック一覧です: 軽んじられる政権:

« ムダな公共事業の徹底見直し会議 ダイジェスト | トップページ | 小児医療 »