« 白昼堂々の公文書偽造~大戸川ダム「凍結」 | トップページ | 八ッ場ダムによる吾妻渓谷の景観改善(事業評価の問題点) »

2009年4月 6日 (月)

行政文書の保存期間その2

歴史研究者の瀬畑源さんが、
土曜日に書いた「2008年国会審議で明らかになった行政文書の保存期間」
に面白い!とリンクを張ってくれた。

あれこれ書いているうちに下の方へ押し流されて言ってしまったのでありがたい。
ぜひ、どなたさまも、そこに入れたエクセルデータ「2008年国会審議で明らかになった行政文書の保存期間」をダウンロードして一読してみてください。

ついでに言うと、瀬畑さんのブログには、重要な問題として「中間書庫」のことが書かれている。これは重要なことで、かつこの中では書けなかったので、渡りに船で、
ぜひ、近日中にでもちょっとした補足を書きたいと思っています。

実は、中間書庫(政府提出法案ではすっかりしぼんでしまった考え方)がたとえできても、いまのままの「行政文書」の定義では、道路事業の根拠となっているさまざまなデータは「行政文書」と見なされない可能性が残る。

少なくともこれまではそうでした、ということ、そして「行政文書」の定義はこれまでとまったく同じですということを、時間ができ次第、こちらにまた書きたいと思っています。眠る時間を確保しながら。

まさのあつこ

|

« 白昼堂々の公文書偽造~大戸川ダム「凍結」 | トップページ | 八ッ場ダムによる吾妻渓谷の景観改善(事業評価の問題点) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/28984810

この記事へのトラックバック一覧です: 行政文書の保存期間その2:

« 白昼堂々の公文書偽造~大戸川ダム「凍結」 | トップページ | 八ッ場ダムによる吾妻渓谷の景観改善(事業評価の問題点) »