« 公文書管理法 修正案、主なポイントと課題 | トップページ | 公文書(歴史文書)の「利用制限」 »

2009年6月13日 (土)

公文書管理法修正案と附帯決議

公文書管理法案の修正案が衆議院のウェブサイトに掲載された。

●「公文書等の管理に関する法律案」提出時
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17105041.htm 
●可決した修正案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/1_50B6.htm 
●ただし、上記では分かりにくいと思うので、
入手した新旧対照表のPDFをこちらに上げておきます。
と思ったら大きすぎてこのブログでは無理なので、
瀬畑源さんが載せているのでこちらに
http://www008.upp.so-net.ne.jp/h-sebata/koubunsyo/sin-kyuu.pdf
それから附帯決議はこちら。「public_record_lower_house_resolution.pdf」をダウンロード

ちなみに、
「修正案」は一般の人にはとても読みにくい。
私は政策秘書時代も今も、新旧対照表しか見ない。
ウェブサイトに掲載するなら、新旧対照表を載せた方がいい。

また、附帯決議はそれを議員が読み上げるから「議事録」には残るけど、
法案とともにウェブサイトにはそのままが掲載されない。
しかし「附帯」とはいえ「決議」だし、
修正には盛り込まれなかったが、残された課題が記録されている。
それらは本来、事後的なフォローが必要なものでもある。
多くの場合、あまり意味のない附帯決議があることも事実だが
今回の附帯決議は意味あるものがあるので、ぜひ、上記をクリックして読んで欲しい。

かつて永田町でシゴトしていたときに質問主意書の本文や答弁が、
ウェブサイトに掲載されるのが遅いと、一議員事務所として苦情をもらったことがある。
そこで、「その仕事をやっている衆議院事務局に直接伝えてもらえないか?」と
逆に頼んだ。

「そうします」と。それからしばらくしてもの凄く早くなった。
今はさらに当時から比べると速くなっている。
国会を身近なものにするか、使い勝手のいいものにするかどうかは国民次第。
仕事する側も忙しいから「ついつい」ということはある。
監視して、重大な要望はダイレクトに自力で伝えることが大切。

とはいえ、衆議院事務局さん、これ読んでいたら、以上2点の改善
どうぞよろしくお願いします。
(参議院のサイトには意見を寄せるコーナーがあるんですけど・・・)

|

« 公文書管理法 修正案、主なポイントと課題 | トップページ | 公文書(歴史文書)の「利用制限」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/30083937

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書管理法修正案と附帯決議:

« 公文書管理法 修正案、主なポイントと課題 | トップページ | 公文書(歴史文書)の「利用制限」 »