« 公文書管理法案審議(その7) | トップページ | 中間書庫について »

2009年6月 7日 (日)

公文書管理法案審議(その8)

ここ↓からの続きです
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-9ff4.html 
この辺から繰り返しの部分をはしょって新しく出てきた論点のみ抜粋させていただきます。ここからは単なる抜粋ではなく、【随分はしょった抜粋】です。重要な点は引き続き、繰り返し出てきています。議事丸ごとは、こちら↓
衆議院内閣委員会平成21年5月27日(水曜日)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000217120090527012.htm

● いつの時代から
吉井英勝議員(以下、敬称略)::レクチャーを聞いていたときには、例えば奈良時代の古文書も公文書だということのお話もありました。いつの時代のものからを公文書として考えていくことになるのか、これを伺っておきたいと思うんです。

山崎政府参考人:その文書がいつ作成、取得されたものであろうと、行政文書、法人文書あるいは公文書館に移管された特定歴史公文書等に該当するものであれば公文書等に当てはまるということとしているところでございます。どんな古い文書であろうと公文書等に含まれ得るというところでございます。

吉井:今回の法案は、行政の文書主義の原則を法文化するというところが大事なところだと思うんですね。

山崎政府参考人:本法案におきましては、第四条におきまして、行政機関の意思決定に関する文書作成原則を法制化いたしました

●歴史文書かどうかの判断基準
吉井:行政機関が保有する公文書が保存年限に達した場合には、それを公文書館に移管するのは文書が歴史公文書に該当する場合であって、歴史公文書に該当しなければ、保存年限が来れば廃棄するわけですね。法案では、文書が歴史公文書に当たるかどうかの基準がやはり明確に規定されていないというふうに思うんですよ。法律施行後に国立公文書館が作成する判断基準に従って各行政機関の長が決定する、各行政機関の長にフリーハンドがゆだねられるという状況ですね。これでは、行政の意思形成過程を示した文書が、行政府の恣意的判断によって、公文書館に移管されることなく、保存年限に達すれば廃棄されてしまうということが非常に懸念される問題があります。これは、国民の知る権利を否定する重大な問題じゃないかと思うんですが、なぜ公文書館に移管する文書を歴史公文書に限定するのか。

山崎政府参考人:どういう歴史的文書について保存すべきか、また、どういう文書は保存する必要がないか、こういうようなものについて、政令で各府省共通の基準を設定いたします。(略)こういうレコードスケジュールの導入によりまして、各府省統一基準にのっとって、保存すべき文書は歴史公文書等として国立公文書館に移管され、保存される、こういうことにした次第でございます。

● 中間書庫
吉井:大事なことは、基準の問題だと思うんです。各省庁が、一応ぼんやりした基準があるにしろ、それに基づいて保存期間を決めて、過ぎたら破棄だとか何だとかやるとやはりまずいわけで。やはり中間書庫的機能を持つもので全部、役所が勝手に廃棄したり処分するんじゃなくて、預かって、もう一つはきちんとしたルールを定めておいて、ルールに照らして判断をする。そういう仕組みというものを考えていかないと、本当に公文書の管理というのがきちんとできるかどうかというのは大変問題のあるところだと思うんですが、この法案のどこを読み取れば、中間書庫的機能を持つ問題とか、あるいはその基準をどうつくるかということを読み取ることができるのかを伺っておきたいと思います。

山崎政府参考人:本法案におきましては、国立公文書館法の業務規定のところに中間書庫的事業を行うことができる規定を設けたところでございます。また、整理、保存のところに、時の経過に配慮して保存というふうに規定したところでございますけれども、これは、時の経過によって、例えば全部原課で保存するのではなく、一定期限たったら例えば集中的に管理するとか、そういうことも念頭に置いた文言は盛り込んだつもりでございます

吉井:文言は入ったんですが、中間書庫的機能を持つものはつくるんですね。

山崎政府参考人:現在パイロット事業で既に行っておりますし、本法案におきましても、先ほど申しましたとおり、国立公文書館法の中間書庫の事業を行う規定ができますので、それに沿って検討してまいりたいと考えております。

吉井:これは検討の段階から実現に移る段階の話だというふうに思います。

|

« 公文書管理法案審議(その7) | トップページ | 中間書庫について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/29990751

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書管理法案審議(その8):

« 公文書管理法案審議(その7) | トップページ | 中間書庫について »