« 公文書管理法案参考人質疑 | トップページ | 公文書管理法 気になる修正協議の行方 »

2009年6月 3日 (水)

ナギの会から(辰巳ダム)

三重に行く前に転載許可をもらったので、
終わっている情報もありますが(すみません)
石川県の渡辺寛さんから、辰巳ダム裁判を含めての情報です。

―― 渡辺 寛です(@ナギの会/辰巳の会(金沢))

【その1】―――
明日30日(土)、北陸朝日(HAB)と石川テレビで重要?番組が放送
されます。ぜひごらんください。

 ◆石川テレビ:午後1時30分から(55分)
 「能登原発をテーマにしたFNSドキュメンタリー大賞受賞作。
 「風と土は好きなのに-能登半島 原発のある町-」

 ◆北陸朝日放送:午後3時から(55分)
  浅野川洪水の総特集番組です。
  「山河なし~浅野川水害・濁流は警告する~」
  「濁流の警告・浅野川水害の残したもの流木は語る」

【その2】―――
去る21日、石川県の防災会議が開かれ、今年度の水防計画が決まりま
したが、この中でとんでもない問題が隠されているのが分かりました。
詳しくは「ナギの会HP」更新情報からみてください。
  http://nagi.popolo.org/2009nisshi.htm
来週早々、県に公開質問する予定です。

【その3】―――
辰巳ダム裁判はテレビで見るような丁々発止というような具合には行か
ないのですが、着実に進んでいます。
今後の予定:6月26日(金)、現地検証(9:30~)
      7月10日(金)、第6回口頭弁論(13:10~)
中登史紀さんがこれまでの裁判や土地収用委員会の様子などをスケッチ
されています。
 http://www.nakaco.com/kousin.htm

【その4】―――
昨年の浅野川洪水のあと、中流域は堆積した土砂の除去は進んでいるの
ですが、我が家近くの浅野川下流域の状態は、とんてもなく土砂の堆積
が進んでいます。出水期を間近にし心配の種が増えます。
北陸中日新聞がこの問題を大きく伝えました。
 掲示板№437 に紹介しました。
 http://nagi.popolo.org/bbs2/img/437.jpg

【その5】―――
浅野川洪水写真が卓上パネルになりました。
昨年の浅野川洪水を忘れないために「浅野川水害メモリアルの会」が卓
上のパネルに仕上げました。3カットの写真をもとに、60枚のA5版
のパネル。地元トップグラフィックデザイナー小川さんのレイアウトに
よるシンプルで充実したものです。
問い合わせは茶房犀せい(076-232-3210)へ。
ブログはhttp://suigai2008.blog35.fc2.com/

【その6】―――
浅野川洪水で浸水被害をうけた住民58名が「浅野川水害訴訟」を提起
しました。
第1回口頭弁論は、6月12日(金曜日)14時~ です。
詳しくはこちら:http://blog.asanogawa.com/
10名の弁護士が参加。争点は、堤防切り欠き部を閉めなかった県と用
水の水門からの逆流を防げなかった金沢市の責任。

浅野川と犀川は導水路でつながった一つの水系となっています。二つの
裁判で県の河川管理責任を追究することになりますね。

【その7】―――
辰巳ダム裁判を提訴して1年になります。
これを記念して「金沢の治水を考える集会(仮題)」を準備しています。

◆7月11日(土) 午後開会(時間未確定)
◆講師:宮本博司氏
 略歴 1952京都市生まれ。京都大学大学院修士課程土木工学専攻終了。
 1978年に旧建設省に入り、河川行政に取り組む。苫田ダム、長良川河
 口堰担当を経て、国交省近畿地方整備局淀川河川事務所長として、淀
 川水系流域委員会の立ちあげに関わる。同局河川部長を経て本省河川
 局防災課長を最後に2006年辞職。現在は(株)樽徳商店会長。新淀川水
 系流域委員会に一市民として応募。選挙により同委員会委員長に就任。

詳細については、現在準備中です。追ってお知らせします。

以上、簡単ですけど、詳しくは、ナギの会HPをぜひご覧下さい。
ナギの会HP→ http://nagi.popolo.org/

|

« 公文書管理法案参考人質疑 | トップページ | 公文書管理法 気になる修正協議の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/29924873

この記事へのトラックバック一覧です: ナギの会から(辰巳ダム):

« 公文書管理法案参考人質疑 | トップページ | 公文書管理法 気になる修正協議の行方 »