« オオサンショウウオをシャウトしてみた | トップページ | 海を豊かにする「荒瀬ダム撤去」が川を豊かにする »

2009年6月13日 (土)

スローライター

そんなこんなで(どんなだ?)知り合いの弁護士が、
「まさのさん、最近、本業は?」と心配をして電話で尋ねてくれたので、
「はぁ、捕鯨について書きました。
グリーンピース・ジャパンスタッフが逮捕された影で
国は何を隠したのかというトーンです」と言うと、
安心だかさらなる心配だか分からないが、「ほぉ」と・・・

●クジラ肉を盗んだのは誰か
http://www.kinyobi.co.jp/consider/consider_newest.php 
(週刊金曜日2009年6月12日/754号) 

1年前に起きた事件だが、来週からIWC総会も始まるし、
国際社会ではこれからますます注目されることになるのではないかと思う。
クジラを食べる人も食べない人もぜひ読んで欲しい。

もともとスローライターの私
(調子よくブログでポンポン書くときもあるが、汗や涙的なもので
実は自分で一種の学習障害だろうと思っているぐらい遅い
頭にはいって、わぁ、問題だ~と思ってからアウトプットの時間がとても長い。

たとえば、公文書管理法案の件は、
ここで昔、さんざん書いて裁判までやった
球磨川水系の河川整備基本方針審議の発言者名入り議事録と
テープの「不存在」問題から始まったことの
私なりの落とし前(アウトプット)である
これは、働くものの月刊学習誌「まなぶ」2009年1月号で
「『公文書』と私」というエッセイで書いたけれど)。

他にも半年前から長いもので3年、書かなければならないのに
書けないで苦しんでいる原稿が複数ある。関係者の皆さん、ごめんなさい。
別に芸術作品を書いているわけではなく「報道」の部類なのだが、
昨年からそこに学術論文も加わって、市民としてのある調査にもかかわっており
(挑戦あるのみ。計画性のかけらもないアホです)
出口を争ってジャムっているというのが正直な話。
最終的にすべては「臭いにおいは元から絶たなきゃダメ」
(このフレーズが分かる人は怪しい同年代の妙齢です)
というところで、仕組み(法律)にまで到ることになり
だんだん書く作業だけでは飽き足らなくなり
勝手に苦しんでいます。ごめんなさい。
そういうものに限ってアウトプットしあぐねて
ブログでも表現できていないことが多く、本当に申し訳ない。

それと、これ、でました。↓
● 『環境自治体白書2009年版
―「グリーン・ニューディール」で持続可能な社会をつくろう!』
http://www.seikatsusha.com/book18.html 
・ダム行政に民意は反映されるか─計画決定手続きから検証する日本のダム問題

現物支給で数冊余分に来た・・・。

|

« オオサンショウウオをシャウトしてみた | トップページ | 海を豊かにする「荒瀬ダム撤去」が川を豊かにする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/30088765

この記事へのトラックバック一覧です: スローライター:

« オオサンショウウオをシャウトしてみた | トップページ | 海を豊かにする「荒瀬ダム撤去」が川を豊かにする »