« 天に唾する群馬県の大沢知事 | トップページ | ニセとかヤラセとか »

2009年9月26日 (土)

八ツ場ダムの7不思議

八ツ場ダムは、半世紀経つ間に必要性を失った(以下2と7)のはもちろん、実は、かなり無理矢理な、自然の摂理に逆らったダムで、いろいろな意味で未来永劫、利子がついてまわる事業です。各自治体の政策決定者とそれを支える職員の方々には、冷静にこの事業の全体像を把握していただきたいと思います。

事業費(4600億円)の利子(国債、地方債の利子)を含めると9000億円に膨れ上がる。それだけに止まらず、以下の3、4、6にかかる事業費はまた別で、さらに他にも隠れたコストがあります。隠れたコストについてはまた書くことにして、今日は、八ツ場ダムの七不思議ということで、まとめてみました。転載歓迎です。

八ツ場ダムの七不思議

1.半世紀が過ぎてもまだできない:八ツ場ダムは特定多目的ダム法に基づく治水、利水を目的とした多目的ダムだが、1952年のダム計画浮上から57年が経過した。ゼロ歳だった人でも57歳になんなんとす。疲れ果てて反対運動の旗を住民が降ろしたのは1992年。それから17年が経ち、総事業予算の7割が消化されたが、事業完成度は2008年度末で付替国道6%、付替県道2%、付替鉄道75%、代替地造成10%など、完成までの道のりは遠い。3000億円強はどこへ消えたのか?

2.東京五輪の渇水に備える事業?!国内外から大勢の人々が集まるオリンピック渇水に備えるためのダム。といっても石原知事が招致を進める2016年五輪ではない。1964年のことだ。東京都の水需要は1975年から減少を始め、日量最大690万トンの供給力に対し、170万トンが余っている。

3.1日53トンの石灰が必要:上流の草津温泉から流れ出る湯は、ダムを作ってもコンクリートが溶けるほどの強酸性。ゆえに一端は計画が頓挫した。しかし、1963年に石灰を投入する「中和工場」を完成させ計画が復活。以来、1日約53トンの石灰が投入され、ダムを作る限りは未来永劫にそれを続ける必要がある。

4.石灰の沈殿物を貯めるダムと土捨て場が必要:石灰の投入でできる中和生成物を沈殿させるために1965年に品木ダムを建設。その沈殿物を浚渫し、捨てにいく新しい土捨て場も未来永劫に必要になる。

5.3人の首相と3人の世襲がガード:ダム予定地(長野原町)を抱える選挙区からは福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三と3首相が出てこの事業を推進。そんな選挙区は他にはない。世襲した福田康夫、中曽根弘文は隣の小選挙区・参議院と群馬県に陣取り、ご当地は小渕優子が後継(敬称略)。前政権を象徴する因果な事業である。

6.ダム湖周辺は浅間山噴火で崩れた山の残骸:1783年の天明の大噴火で泥流死者1538人を出した浅間山。当時、死体が東京湾まで押し流されたことが古文書に残る。その泥流が積もったグサグサの地質に地すべりの大敵である水を貯めることになるのが八ツ場ダム。22箇所の地すべり地が判明しているがコスト縮減のため、2箇所しか対策をしない。さらなる追加対策予算が必要になると反対団体は指摘する。

7.カスリーン台風への効果はゼロ:1947年のカスリーン台風被害が発端の計画だが、同台風が再来しても効果はゼロであることが国会で暴露された。

上記7については「本当か?」と信じがたいと思う人もいると思うので、国会議事録へのリンクと政府答弁を張り付けておきます。その下に、この官僚答弁の読み方解説★もつけておきます。

衆議院予算委員会第八分科会 平成17年02月25日
○国土交通省河川局長清治真人
八ツ場ダムにつきましては、吾妻川という支川に建設されるダムでございますが、その流域にたくさんの雨が降る場合とそうでない場合とがあるわけでございまして、カスリン台風のときのような雨の降り方においては、八ツ場ダムの効果というのは、八斗島地点について大きいものは期待できないというふうに計算結果も出ております。
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=28858&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=778&DPAGE=1&DTOTAL=1&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=28872
★実は「大きいものは期待できない」どころか、ゼロだったのが暴露されたのが以下。

○塩川鉄也議員の突っ込み
カスリン台風洪水に対応しての八ツ場ダムの洪水調節効果はゼロなんですよね
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=28858&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=778&DPAGE=1&DTOTAL=1&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=28872 

○反論できない国土交通省河川局長清治真人
今御指摘のありましたようなダムの効果でありますとか、それから、これからダムがどのくらい必要になるのか、こういうようなこともあわせて検討してまいる所存でございます。
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=28858&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=778&DPAGE=1&DTOTAL=1&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=28872 
★反論できないとき、官僚は認めずに、話をまるめて、逸らして、ゴックンと飲み込んで分からなくしてしまう。

まさのあつこ

|

« 天に唾する群馬県の大沢知事 | トップページ | ニセとかヤラセとか »

コメント

ご無沙汰してます。

八ツ場ダムのこと、
まだまだまだまだ不勉強で、
専門的なところはわかりませんが、
地元の人たちのコメントを見ているとやるせない思いです。

明日、TBSが急にきとうむらに取材に来ることになりました。
ダム後の村の取材のようです。
放送時間がわかれば連絡しますネ。

川辺川ダムも中止になったとのこと。

この勢いが失速することのないよう、
マスメディアの情報操作に左右されぬよう、
しっかりダム後の村をみんなで形作って行きたいものです。

ダム日記(1、2)も、たくさんの人に知ってもらいたいなと思います。

         げんばまきこ

投稿: ぽん | 2009年9月26日 (土) 21時12分

いつもお世話になってます。
転載させていただきました。
国会議事録へのリンクが切れているのか、うまく開きませんでした。

投稿: 埼玉の会 | 2009年9月26日 (土) 21時13分

マスコミは全く伝えません。露骨な民主党ネガティブ・キャンペーンを行ってます。
声を大にしてBPO(放送倫理番組向上機構)に訴えましょう。

投稿: さとし | 2009年9月26日 (土) 22時03分

ぽんぽんさん、お知らせありがとうございます!明日の朝ずばですね。きっと見ます。メールをいただき、毎度サボっていた「コメント」チェックして、いろいろいただいていたのをカメレスをはじめ・・・少々飛ばしてしまいまいしたが、コメントくださった皆々さま、ありがとうございます。

投稿: まさの | 2009年9月28日 (月) 00時35分

いくつか誤りがあるようなので指摘を。
>3.1日53トンの石灰が必要
>4.石灰の沈殿物を貯めるダムと土捨て場が必要
湯川の河川中和事業は八ツ場ダム建設のためではなく、吾妻川の水質改善のために行っている。
もしこの事業を止めたら、吾妻川は生物の生息できない「死の川」となる上、利根川の方でも橋脚や堤防に損害が出るので八ツ場ダムの有無と関わりなく続けなければならない。

>7.カスリーン台風への効果はゼロ
酷いミスリード。
確かに八ツ場ダムはカスリーン台風そのものに対しては効果はないが、過去に発生した31の洪水の内29に対してはカスリーン台風並み規模の大雨が来ても治水効果を発揮すると考えられている。カスリーン台風は例外である2つの内の1つでしかない。
下記の答弁書の「二の1について」を参照。
>http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b169432.htm

投稿: トーマス | 2009年9月29日 (火) 01時52分

初めまして!
エントリィ内で貴ブログの
この記事を勝手に紹介させていただきました。
不都合があれば部分削除します。
事後報告になってすみません。
これからのさらなるご活躍に
期待しています。
頑張ってください。

投稿: kimera25 | 2009年9月30日 (水) 06時14分

まさの様

八ツ場ダムの7不思議として「カスリーン台風への効果はゼロ」をあげていますが、これは事実であり別に不思議ではないと思います。むしろ八ツ場(やんば)あしたの会が「八ツ場ダムの洪水効果はわずかで治水対策としては意味を持たない」の理由の一つとして引用しているほうがむしろ不思議です。

カスリーン台風の降雨の地域分布としては吾妻川上流での雨量が少なく、そのため八ツ場ダムの洪水調節効果が少ないこと、しかし上流部での雨量が多い場合は洪水調節効果が期待できることは事実でありこれは不思議ではありません。

利根川の治水対策は、基準点の八斗島において平均して200年に1回の洪水の流量と対象にしていて、カスリーン台風再来時の洪水の流量を対象にしていません。雨量の地域分布が偏っているカスリーン台風再来の洪水の流量は、平均して200年に1回の洪水の流量の一例に過ぎません。

正しくは八斗島における平均して200年に1回の洪水の流量を求め、流下能力との差から洪水調節量を把握して、八ツ場ダムの洪水調節効果が必要かどうか計算することです。平均して200年に1回の洪水の流量は基本高水流量と言います。現状では関東地方整備局は22000立方メートル毎秒(以下トン)と主張し、公金支出差止請求訴訟での原告側は16000トンと主張していますが、本当はどの程度の流量なのか正確に求めることが必要です。尚流下能力については両者の間で差はなく16500トンとされています。

原告側の主張が正しければ、八ツ場ダムのみならず既存6ダムの洪水調節効果も必要はないことになります。また関東地方整備局の主張する22000トンは、「河川砂防技術基準」にしたがって計算されていますが、「基準」に不備があり過大になっています。

結論として八ツ場ダムの洪水調節効果を論じるためには、八斗島における基本高水流量を正確に求める必要があるのです。どのようにしたら正確な基本高水流量が求められるか、あしたの会は真剣に検討する必要があります。おそらく今後の訴訟で勝訴するためには、正確な基本高水流量とそれに基づく洪水調節量の把握は絶対に必要になります。

以上

投稿: 山好人 | 2009年10月 2日 (金) 08時49分

初めて、書き込みします。
実は、まさのさんとは面識が御座います。
約10年前、まさのさんが某党の某代議士
の秘書をされてた頃に、その某代議士か
ら紹介されてお会いしました。その後、何
度かお会いして、いろんなことを教えてい
ただきました。つい最近、このブログの存
在を知り、書き込みをした次第であります。
八ッ場ダムについては、知らないことだらけ
なので、このブログをみて勉強したいと思い
ます。
  まさのさん、体に気をつけて取材活動を
続けてください。
  また、書き込みします。

投稿: 神奈川一区民 | 2009年10月 2日 (金) 23時48分

延々と公共事業を続ければ、
当然お金(公金)も延々と投入され続ける図式...
どこかで楔を打ち、悪弊を断たなければ
国は滅びます。

ここは安易な妥協をせず前原大臣を始めとする民主党議員は
ご自身の身を切る覚悟を決めて
断固として初志を貫いていただきたい
そのための政権交代なのだから。
政治とは決断です。

投稿: 戸田 | 2009年10月 3日 (土) 12時11分

拝読して感銘を受けました。
早速作りたての当ミクシィ・コミュに転載させて頂きました。
私は八ッ場ダム上流の嬬恋村出身なので身近な大問題です。
利権のための巨大な装置を造らせてはなりません。
多くの方々に実を知ってもらいたいと思います。

[mixi] 八ッ場ダムを考える
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4579658
八ツ場ダムの7不思議/まさのあつこ筆(転載)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=47068294&comm_id=4579658

投稿: Jiken | 2009年10月11日 (日) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/31529554

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダムの7不思議:

» [時事]ルポ・八ッ場ダム [びんずいノート]
 4年前、2005年1月に、ひょんなことから群馬県を訪れ、流れで川原湯町へ行った。予定にはなかったが、いま揺れに揺れている巨大ダム「八ッ場ダム」の現場を緊急取材したのである。それをもとに書いたルポがある。  といっても、あのときはほとんどなんの準備もなしに訪問... [続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 15時07分

» 七たび八ッ場ダム [夕暮菜日記]
いくつか、参考になるサイトを紹介。 ダム日記2 八ッ場ダムの7不思議 ジャーナリスト、まさのあつこさんのブログ。 八ッ場ダム建設を推進することの矛盾を、コンパクトに解りやすくまとめている。 新聞TVの記者も、この程度は勉強してから報道して欲しいものである。 高知に自然史博物館を ある公共事業の物語 最近コメントをいくつかいただいているLadybirdさんのブログの記事。 八ッ場ダムに限らず、この国で繰り返しおきている、公共事業の悲劇を解りやすいストーリーにまとめてくれている。... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 02時01分

» 原点回帰 「脱ダム」問題 中止後の生活保障は河川改修等複合組み合わせを [kimekime25]
アクセスに 深く感謝 申し上げます。 さて このエントリィは もう一度 「脱ダム」について 原点回帰を確認しようと思う。 ご存じのように 八ツ場ダム関連は 成瀬裕史2009/09/22の いま八ッ場ダム議論にもとめられる冷静な判断 この記事と 「晴天とら日和」の記事二つ 「前原誠司国交相、いきなり胸突き八丁やねぇ。「八ッ場ダムの建設中止」」 「八ッ場ダム」まさに天下りのあきれた構図! で十分であろうが さらに追加すると 新しく 地方からの動きも出... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 06時20分

» 八ッ場ダム予定地の歴史的景観 −岩櫃城と吾妻渓谷−   [代替案]
 1582年に織田10万の大軍を迎え撃とうとした、勇敢な岩櫃城下の人々は、それから380年の後、今度は建設省の侵攻に直面し、再度、勇気をもって立ち向かいました。しかし、建設省=自民党の連合軍は、織田=徳川連合軍より強かった・・・・。いや強いというか、やり方が陰湿だったのです。  巧妙な分断工作によって、籠城側の結束は乱され、ダムを受け入れなければ公共事業をしないという形で兵糧攻めにされ、精神的にも傷つけられ、刀は折れ矢は尽きはて、遂には建設を受け入れざるを得なくなりました。  自分たちの人生をい... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 13時20分

« 天に唾する群馬県の大沢知事 | トップページ | ニセとかヤラセとか »