« 八ツ場ダム報道、記録、目撃 | トップページ | 最近のアウトプット »

2009年10月27日 (火)

強制収用の手続中、大臣とは話がしたいらしい香川県知事

10月26日、香川県の小豆島に暮らす「寒霞渓の自然を守る連合会」の山西克明代表(おいしいお醤油を作っている会社の社長)からいつものようにFAXが届きました。重要な部分だけを抜粋します。

∞∞∞∞∞
(略)去る10月15日、前原国土交通大臣にお会いして、1)内海ダム再開血の再検討、2)そのための現地調査、3)金子前大臣が出した「事業認定」の取消をお願いしました。

これに対して前原大臣は「鳩山総理から聞き承知しています。寒霞渓には昨年後援会の旅行で行き、素晴らしい景色であることはよく知っています。大臣の権限内でできる範囲で努力します」とありがたい回答をいただきました。(略)
∞∞∞∞∞

山西さんのFAXによれば、「新内海ダム事業の見直しを求める会」が10月25日、寒霞渓の展望台で景観アンケート「新内海ダムが出来ると景観は?(「よくなる」「悪くなる」)を観光客にお願いしたところ、118人のうち全員が「悪くなる」と回答。同時に行った「見直しを求める署名」に148人が賛同したそうです。

一方で、今日は、こんなニュースが入ってきています。
●内海ダム再開発で知事、国交相に面会申し入れ
2009/10/27 09:43(四国新聞社)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20091027000104 

しかし、県知事は、昔からの経緯を知る地権者の声を直接聴こうともしていなかった。その県知事が、彼らの土地を強制収用しようとしている最中に(法的手続を粛々と続けていればダムはできる権力を自分自身が持っているのに)、大臣に先に物を言うのは、どういう了見なのか。大臣に声を聞いて欲しいという知事としての思いと、県知事に声を聞いて欲しいという地権者の思いを比べて見てはどうか。

●小豆島の風景を掻き乱す内海ダム
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_daea.html
月刊環境情報誌グローバルネットに書いたものです。↑
http://www.gef.or.jp/activity/publication/globalnet/2008/200806.html 
2008年8月に書いたものですが、どんな事業かは分かるので、
ぜひ、読んでください。まさのあつこ

|

« 八ツ場ダム報道、記録、目撃 | トップページ | 最近のアウトプット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/31959598

この記事へのトラックバック一覧です: 強制収用の手続中、大臣とは話がしたいらしい香川県知事:

» ★鳩山総理の覚悟、友愛では交渉不能だ! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★鳩山総理の覚悟、友愛では交渉不能だ!画像はクリックで拡大します。民主政権はSA [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 10時50分

» ★堂々巡りの沖縄米軍基地問題! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★堂々巡りの沖縄米軍基地問題!追記有り。画像はクリックで拡大します。二枚目以後の [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 20時38分

« 八ツ場ダム報道、記録、目撃 | トップページ | 最近のアウトプット »