« ニセとかヤラセとか | トップページ | 東門沖縄市長の政策転換×政策転換 »

2009年10月12日 (月)

木頭(きとう)むらからのライブ

突然ですが、今、「ダム」を蹴飛ばしたきとうむらで、ライブ中継やっています。

http://yamanonpo.blogspot.com/2009/10/open.html 
〜きとうむら野外ステージからの生中継ライブ映像〜
★★★10/12(祝日)午後2時スタート!★★★
ライブをご覧の方は次からチャット(Twitter)でご参加下さい。
こちらからログインできます http://twitter.com/npokito

(上のURLにアクセスしていただき、左下の画面をクリックしていただくと
ライブが流れてきます。話題の(Twitter)にもちょっと挑戦してみました。)

旅先でこれ受け取ったことを、今、はっと思い出してアクセスしたところです(汗)。

こんな感じで「よってみんか市」の3日目のライブなんですね!
http://3.bp.blogspot.com/_eAthiBiqwkc/SsWka3bohwI/AAAAAAAAA1k/W3E9tH6P62A/s1600-h/yotteminka_B.jpg 

アクセスが遅すぎて終わってしまったかと思ったけれど、
まだやっています~。

★上記の「ダム」とは
建設省が進め、徳島県も進めていた細川内(ほそごうち)ダムです。

木頭村(きとうそん:現在は、那賀町)は、徳島県の県庁所在地から最も遠い高知県境にあり、東京オリンピックの年までは、県境の山にはトンネルすら通っておらず、牛車で越えていた村。また、「買うものと言えば、イリコと塩。現金はなかったけど豊かだった」と振り返って語られる村です。

林業と農業で暮らしていた村は、他の地域の村の例に漏れず、高度成長に伴って土建業者が増え、ダムを巡って親戚縁者が嫌な思いをしながらも、最後まで強固な反対を崩しませんでした。最終的に、亀井静香建設大臣(当時)の英断によってダム計画が中止されました。

|

« ニセとかヤラセとか | トップページ | 東門沖縄市長の政策転換×政策転換 »

コメント

ありがとうございます!

村だけでは蹴飛ばせなかったダム計画に一緒にケリを入れてくれたのは、「ダム日記」のまさのさん始め、全国の支援者のみなさんのお陰だと、今もみなが思っています。

ゆるやかな連帯で、これからもすべてのダムや原発に終止符を打つことができますように・・・

投稿: ぽん | 2009年10月16日 (金) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/31753453

この記事へのトラックバック一覧です: 木頭(きとう)むらからのライブ:

« ニセとかヤラセとか | トップページ | 東門沖縄市長の政策転換×政策転換 »