« 治水のあり方、有識者会議のあり方 | トップページ | 東京新聞の連載【公共事業を問う 第一部】 »

2009年12月12日 (土)

足もとからの脱ダム

物理的にも電子データ的にも、頭の中も、
情報と資料がグチャグチャになってきたので
各地の情報と頭を整理しておきたい。今日中に終わるとも思えないが・・・。

●陳情内容を精査/民主県連「地域戦略会議」
「大門ダム」など却下に (朝日新聞 奈良版 2009年12月07日)
http://mytown.asahi.com/nara/news.php?k_id=30000320912070001   
理由の抜粋「ダム池の堤防は800年の歴史に耐えており、今あえて耐久年数100年のコンクリートダムを建設する必要がない」(民主党奈良県連藤野良次幹事長)

●大和沢ダム建設中止に 知事表明 方針、国へ伝達済み
(読売新聞 青森版 2009年12月9日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20091208-OYT8T01362.htm 
理由の抜粋「下水道の整備で水質改善の役割が薄れ、県は8日、知事の定例記者会見で建設中止の方針を明かした。洪水対策については、県河川砂防課は「堤防の整備などの対策を検討する」とした。」

●湯西川ダム見直し 波紋広がる
(読売新聞 栃木版 2009年12月10日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20091209-OYT8T01544.htm 
理由の抜粋「「ダム湖よりも自然の渓流を残してほしいという切実な思いがある。温泉街(湯西川上地区)の繁栄なしに湯西川の将来はない。合理性の高い考え方だ」(福田昭夫衆院議員)

●ダムに頼らぬ治水対策紹介 北大で河川フォーラム(北海道新聞11月29日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/202634.html

というわけで、足もとからの治水見直しは着実に始まっている。

これは明日(12月13日)の緊急集会の案内
●「八ッ場のこれからを考える-ダムなし生活再建への道」
http://yamba-net.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=728
◆日程: 2009年12月13日(日)13:30~16:50 (開場:13時)
◆会場: 高崎シティギャラリー コアホール

|

« 治水のあり方、有識者会議のあり方 | トップページ | 東京新聞の連載【公共事業を問う 第一部】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/32581135

この記事へのトラックバック一覧です: 足もとからの脱ダム:

« 治水のあり方、有識者会議のあり方 | トップページ | 東京新聞の連載【公共事業を問う 第一部】 »