« 強制収用の手続中、大臣とは話がしたいらしい香川県知事 | トップページ | 治水のあり方、有識者会議のあり方 »

2009年12月 3日 (木)

最近のアウトプット

更新がまたまた滞ってしまいましたが、
以下は最近のアウトプットです。

●『週刊金曜日』最新号(2009年11月27日/777号)で
「語り始めた住民と旧政権にしがみつくダム流域の自治体」を書きました。
http://www.kinyobi.co.jp/consider/consider_newest.php
(以下は小見出し)
・実名と顔を出して
・「畜生、天下りのためだったんだ」
・町政さえも国交省の運営?
・ひな形どおりの「意見書」
・住民署名も行政主導
コラム 日本はどうするどうなる
前原国土交通大臣の「ヒットリスト」の行方

●月刊「都市問題」12月号
2009.12  第 100 巻  第 12 号
http://www.timr.or.jp/cgi-bin/toshi_db.cgi?mode=saisin 
特集1 : ダム建設の是非を考える
 「徳山ダム・木曽川水系連絡導水路事業をめぐる問題」
この特集では、
今本博健・京大名誉教授、
田中康夫・衆議院議員、
高山欣也・長野原町長、
脇雅史・参議院議員
が論考されています。
編集長コラムもとても印象的でした。
~~~~~~~~~~~~~
どちらも是非、読んでいただければと思います。

|

« 強制収用の手続中、大臣とは話がしたいらしい香川県知事 | トップページ | 治水のあり方、有識者会議のあり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/32468989

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のアウトプット:

« 強制収用の手続中、大臣とは話がしたいらしい香川県知事 | トップページ | 治水のあり方、有識者会議のあり方 »