« 続・ひもつき交付金 | トップページ | 民主党連立政権は開かれるか?その1 »

2010年1月12日 (火)

補助ダムの行方

前のコマと関係がありますが、使い道が固定された「ひもつき補助金」メニューの一つが、ダム事業で言えば「補助ダム」。長野県議会の北山早苗さんが、この補助ダムについて、分かりやすい報告を書かれています。

●北山早苗・長野県議の
「浅川ダムと同じく、疑問だらけの県営ダム、石木ダムと路木ダム現地調査」
http://sanae.ao-zora.org/archives/1748

もう一つ紹介。
●1962年から今日に至るまで反対運動が続いている驚異的な住民運動
それを応援する「石木川まもり隊」のページ。
http://www1.bbiq.jp/ishikigawa/index.html

以下は先月書いた短信です。
●ダム建設補助金の凍結を住民や自治体議員ら国交省に申し入れ
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=942
金曜アンテナ(2009/12/25)

 九州から北海道まで一三の道府県にあるダム建設に反対する住民や地方自治体の議員らが一六日、補助金など国の予算凍結を求め関係大臣への要請を国交省の三日月大造政務官室にて行なった。
 新政権はダム事業見直しに着手し、前原誠司国交相は一二日には香川県にある内海ダムを視察。来夏に示す新基準にそった補助ダムの再検証を真鍋武紀知事に求めた。また、一五日には同趣旨の書簡を三七府県知事へ送付。しかし現状は「駆け込みで本体工事入札や強制収用手続が行なわれている」(北山早苗長野県議)。「香川県議会では一五日に内海ダムの本体工事の契約議案が、四会派の反対討論にもかかわらず可決した。このまま駆け込み得にしないために国の強力な指導が必要だ」(渡辺智子香川県議)という。
 要望書は、前原大臣が進めるように継続ダムもしくは要検証ダムに分けて来夏に見直すやり方ではなく、全補助ダムをいったん凍結し、地域住民や市民団体を含めた機関での検証を求めている。
 要請後には憲政記念館で「総事業費の七割も国が税金投入して建設される道府県営の補助ダム!?『人よりもコンクリート』の予算づけ凍結を政権与党に求める緊急集会」が開催。
 路木ダム(熊本県)を抱える中島隆利衆院議員(社民)、仁比聡平参院議員(共産)、浅川ダム(長野県)を知事時代に止めた田中康夫衆院議員(新党日本)、最上小国川ダム(山形県)を抱える吉泉秀男衆院議員(社民)らも参加し、新政権の事業見直しの手法に憂慮を示した。 (まさのあつこ・ジャーナリスト)

●オマケ●
1月20日は新宿Naked Loftへ!
”ダムは水よりカネを貯める”-Naked Loft 2010年環境問題プロジェクト
http://www.loft-prj.co.jp/naked/
http://www.loft-prj.co.jp/naked/map.html

|

« 続・ひもつき交付金 | トップページ | 民主党連立政権は開かれるか?その1 »

コメント

初めまして。
『人よりもコンクリート』の予算・・・によって、また何処かの海底の砂を採取して瀬戸内海などのように生態系を変えてしまうんでしょうね。山も海も荒らし放題、守る方はほとんど一部自治体や地域ボランティア負かせですね。

投稿: Take It Easy! | 2010年1月13日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/32955544

この記事へのトラックバック一覧です: 補助ダムの行方:

» 考えるべきは沖縄米軍基地問題の本質! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★考えるべきは沖縄米軍基地問題の本質!画像はクリックで拡大します。民主党と連立与 [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 21時06分

« 続・ひもつき交付金 | トップページ | 民主党連立政権は開かれるか?その1 »