« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月22日 (月)

治水のインフォームド・ディシジョン

「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が第5回まで開催されている。
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/tisuinoarikata/index.html

パブコメがすでに行われ、19日の締め切りに間に合うよう、
http://www.mlit.go.jp/report/press/river03_hh_000215.html 
書式にそって私も書いて出した。
書式外の意見については、「その他の意見」として出した。

コンセプトは二つ。

一つは、医学の世界で使う言葉を使っていうなら、
「インフォームド・コンセント」(知らせた上での合意)の上の
「治水のインフォームド・ディシジョン」(知らせた上での決定)
もっといえば、情報を与えられた上での自己決定だ。

もう一つは、自然災害に対し、人間や机上の想定や人間が設計する構造物には限界があることを前提とすること。
だから
守れるフリをして被害を拡大させたり、
被害がでると「想定外」でしたと言い逃れたりするのではなく
リスクを開示・共有した上で、
国民全体で自然災害に備える社会がもっとも健全ではないか。
基本的なインフラが整った今、
治水のパターナリズムを止めて、自己決定を促すことが
台風であれ、気候変動であれ、ゲリラ豪雨であれ、大事ではないか?

~私の出したパブコメ~~~~~~~~~~~~~~~

1)幅広い治水対策案の具体的提案について

・国は「ダムに頼らない治水」、すなわち今後は新規ダムを作らない政策変更を行ったことを、都道府県知事の協力を得て、国民に周知徹底する。

・国は、現状の治水施設を前提に、対策が必要な洪水想定をもとに、ハザードマップを作成し、都道府県知事の協力を得て、国民に周知徹底する。(ハザードマップには住民、保険会社、自治会等の意見も反映させる工夫をする。異議申立ても可能にし、可能な限り誰もが不公平感を抱かない工夫を行う)

・ハザードマップが示す災害リスクに応じた災害保険(災害リスクが高ければ保険金も高い、リスクが低ければ保険金も低い)を創設する。

・基礎自治体は緊急対応のための水防活動計画を地域住民が作る支援を行う。

・国等は地域住民が建築構造物等をかさ上げまたは移転するための助成制度を創設する。

・国民(土地・建築構造物等所有者)は次の選択肢を持つ。
 ①ハザードマップを参考に保険に入る。
 ②建築構造物等のかさ上げを行う。
 ③賃貸物件居住者は①⑤を選択するか、②を所有者と相談する
 ④リスクの低い土地への移転。
 ⑤その他の自主的な方策により被害にあった場合は自己責任。

・国は、堤防決壊による人命等を奪う壊滅的被害を回避するために、堤防強化を行う。もしくは農家への直接所得補償制度を検討する際、緊急時の農地の遊水地化について、河川管理者と必要な措置を検討し、住民の意見を反映して決定する。

2)新たな評価軸の具体的提案について
・地すべり対策で費用や工期が増大した(ている)事業をすべて把握し、不適切な地盤・地質等の傾向を明らかにし、リスク回避のため、同様の傾向を持つダム計画事業は(本体着工をしていても)中止しなければならない。

・堆砂が計画よりも早く起きている既存のダム(二風谷ダムなど)をすべて把握し、それをもとに、計画中および工事中の堆砂計画容量の是正、ダムの寿命の想定を行い、B/Cの再検討を行い、中止の判断基準とする。

・熊本県営荒瀬ダムの例を鑑み、撤去費用を、B/Cのコストに算入し、計画中お
よび工事中のダム中止の判断基準とする。

・神奈川県はダムと海岸侵食の因果関係を認めている。海岸侵食対策費をB/Cの
コストとして算入し、ダム中止の判断基準とする。

・ダムにより失われる自然環境・社会環境・文化・風景・景観を、数値ではな
く、人々の言葉・情感・記憶・記録で表して評価する。

~~~~~~~

その他の意見(有識者会議について)

・「これまでの「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」の開催状況に
つきましては、http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/tisuinoarikata/index.html
を御参照ください。」とあるが、2ヶ月前に開催された第一回会議の議事録が2ヶ
月後に出てくるペースで、その他の状況は資料を通してしか分かりません。

・非公開な上に、議事録が2ヶ月経たなければ出てこないのであれば、参加意欲
のある国民の関心をそぎ、議事録公開の意味(住民参加)はないに等しいといえ
ます。

・全国津々浦々、ダムに依存した河川行政を行ってきたところから「ダムに頼
らない治水」に変更するのであれば、この会議を公開し、国民の意識変換、事業
者の意識転換、ゼネコンなど業者の意識転換(業態変更への備えを含め)を促す
ためにも、公開してリアルタイムでその議論の内容を知らせていくべきではない
でしょうか。

・国民の意識変換にはたいそう時間がかかるものであり、国交省や一握りの有
識者や、一握りの意識の高い国民の意識が変わればいいというものではありませ
ん。国の政策を変えるということはそれほど生易しいものではないはずです。

・以上のことから、この会議は公開すべきです。

・今回、このようなパブリックコメントをおこなったことは評価できます。会
議のメンバー以外から寄せられた重要な提案については、この会議に呼び、公開
で改めて提案を受け、質疑、議論を公開で行うべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

会議から2ヶ月で議事録公開の意味(ワナ)

第1回「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」議事録が掲載された。
http://www.mlit.go.jp/common/000053173.pdf
この時、公開の理由を教えてくださいと、3回、しつこく外野から発言したが、
そのうちの1回だけ、議事録に残っている(苦笑)。

○カメラ取りの冒頭部分だけ公開していた間は発言者名とともに議事録が残っているが
本番のところは、「委員」としかなっていない。

○非公開の理由を事務局(国交省)が
「「会議は原則として非公開で開催する。」ということにさせていただきたいと思います。自由なご発言をしていただくために非公開にしたいということで、このようにさせていただいています」としている。

○また、大臣、副大臣、大臣政務官の発言も「政務三役」となっている。
情けないことである。いわゆる政務三役は、官僚が、旧与党に攻撃のタネを与えようとさまざまなワナを準備している、などと考えもしないのだろうか・・・・。こういうことが国民の「不信」を呼ぶことを十分分かっている者が非公開にしましょうという提案をする(ワナをかける)こともあるのだと考えるべきではないのか・・・・。ワナはワナにかかる者に分からないようにかけるからワナなのであり・・・。

○ある委員(中川座長の発言ではないかと想像する。想像されたくなければ公開すべきだ)が「これからの議論の展開で、ダムによらないではなくて、できるだけの余裕があります。フレキシブルに考えていただければいいんじゃないかと思います。」と冒頭からまとめ、それに対して、さっそく「政務三役」の誰かが「はい」と返事をしてしまっている。

○さらに言えば
「ダムって必ずしも治水だけであるわけでもない」からはじまって、この会議の目的や運営規則についてもまったく意思統一がなされていないことが分かる。

○この会議は、誰が見ても残念ながら最初から失敗だ。

昨年12月3日に開催された議事録が2月1日に公開された。
この会議の失敗に国民が気づくのが2ヶ月遅れたことを意味する。

この2ヶ月の遅れは致命的である。
なぜなら、今日までにすでに3回も会議が進んでしまっているからだ。
この間、予算案が固まった。

国民の監視の目が入らないまま、2ヶ月が浪費された。

○河川官僚は「来年夏以降、中間とりまとめ公表の上にございます「個別ダム検証の進め方」についても、具体的な枠組みについてご議論を頂戴したいと考えております」と、個別ダム検証の進め方を具体的に決めるのは夏以降と提案し、お墨付きを有識者から得ることに成功している。
これも「時間稼ぎ」だ。この間、ダムを中止すればムダになる工事がどんどん要不要が判断されることもなく浪費されている。

○ある委員(中川座長の発言ではないかと想像する。想像されたくなければ公開すべきだ)が、

「言うておきますが、私が考えているのはとんちんかんか知りません。○○先生(委員)は、森林保全によって洪水低減効果がほんとうに期待できるのかどうか。そういうことです。もっと突っ込んでみれば、例えば建設労務者が森林業を始められるのかどうか。○○先生(委員)は、洪水災害に備えるソフト対策。洪水の予報とか情報の伝達とか、避難誘導システムとか、それの有効性と信頼性についての評価をしていただく。○○先生(委員)は、河川流域の自然的、社会的、今やっておられる研究に即した治水のあり方、非常に難しいけれども、そういうことを考えていただきたい。さらに自然環境とか生態工学的な立場からの各種の治水対策を評価していただきたい。○○先生(委員)は、洪水、あるいは流砂の動態に着目したような各種治水対策について、ご専門から評価をしていただく。○○先生(委員)は、河川流域の主として気象学的、水文学的特性と、河道の特性から見た治水対策、その実現の可能性。勝手に私が書いたのだから、全然違ってもよろしいです。皆さんの専門から勝手に推測して書いたので、自由に書いていただきたいんです。私は、私も言うておかなければいけない。
【政務三役】 先生、○○先生(委員)が……。
【委員】 ○○先生(委員)を落としていました。公共政策から見た、いわゆる社会経済面から見た事業投資効果ですね、そういうものを含めて、治水対策のその面からの方向性をお書きいただいたら結構だと。 私はもともとダム屋ですから、ダムに関する問題点と、代替策の実現性の検討、そういうものを書いて、提出したいと。そういうものを次回までにお願いできればと思います。駄目なものは駄目と言うていただいたら、それで結構です。はっきりしますから。」

と宿題を出している。

○しかし、その後の議論を聞いていても、少なくとも第一回の議論では、多くが積極的に「ダムにたよらない治水」政策に従おうという考え方には見えない。これまでとは、違う物差しで、と言っているのに。

「ダムに頼ったほうがいい場合もあるわけです。そうでない場合も、いろんな事情があるわけです。これはいろんな方が言われたように、ダムはないほうがいいんだとか、なしでいこうという議論をしてしまうと、我々の先輩方がいろいろ考えてきた治水、ダムは水を治めるという意味での知恵なんですから、そんなに悪いものではない」なんて発言もそこここに目立つ。

「最初からダムありき、ないとかというような議論をしてしまうと非常におかしなことが起こる。だから、その辺、○○さん(委員)、フレキシブルに。先生、得意のところで、よろしくお願いします。」と、あうんの呼吸を委員が座長(ではないかと想像する)に求めているようだ。

大臣の諮問した方向性は「検討はしましたがうまい解決策はありませんでした」という結論が出てもおかしくはないように思えてきた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境アセス法改正に向けたパブコメ

帰国から24時間以上経過したが、時差ボケが解消せず。
今日(2月15日月曜日)が締め切りのパブコメを案内します。

環境大臣の諮問機関である中央環境審議会総合政策部会の
環境影響評価制度の専門委員会報告(案)に対する意見募集。

実質、この通常国会に出てくる環境アセス法の改正法案の素になるもの。
通常なら、何が起きてもこの案以上によい法律案は出てこない。
民主党連立政権であれば、その上を行く法律案も期待したいところだ。

●このパブコメのお知らせ、意見提出様式や提出先はこちらに↓
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12041
●環境影響評価制度専門委員会報告(案)
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=14941&hou_id=12041 

要は、この報告案には欠けている点を含め、
環境アセス法をどう改正すべきなのかという意見を送るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

八ツ場ダム関係情報

八ツ場ダムの関連情報をアトランダムで紹介します。
いろいろな方からの提供、

●湖面1号橋 『P4橋脚』県が工事契約(東京新聞群馬版2010年2月10日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20100210/CK2010021002000073.html

●群馬県八ッ場ダム関連予算
http://www.pref.gunma.jp/a/04/download/zaisei/22yosan/22theme12.pdf

● 千葉県の八ツ場ダム関係予算
丸山慎一県議のホームページをご覧ください。
http://maru.on.coocan.jp/kiji/kiji2010/20100209yosan.html 

●八ツ場ダム予定地の吾妻川(利根川支流)の砒素問題
保坂展人さんのどこどこ日記
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/e22d19ad3964a0caf4140c9e0fe98c65
そして、実は・・・
●発電所経由 前橋中心部へ(朝日新聞群馬版2010年02月10日)
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000581002100001
●吾妻川水系の導水地図(八ツ場あしたの会HP)
http://yamba-net.org/images/problem/20090917/1_02.gif

●緊急集会 八ッ場のこれからを考える(新田乙絵さん報告)
http://actio.gr.jp/2010/02/12102118.html

世の中には奇特な人がいる。群馬県にお住まいの雨宮隆児さんが発見したブログ。

八ツ場ダム関係1都5県の知事および国土交通大臣、副大臣、大臣政務官の必読ページだと思うので横流しさせていただく。

●「八ツ場(やんば)ダムの中止と税金ドロボー」シリーズ
http://ma-bank.com/item/1059
http://ma-bank.com/item/1065
「『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの費用対効果(B/C)について」シリーズ
http://ma-bank.com/item/1071
・・・それぞれ、下にスクロールしていくと読めます。

●町村信孝VS国交大臣【衆議院予算委員会】
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php →
2月8日→予算委員会→町村信孝(自由民主党・改革クラブ)
通算48分あたりから八ツ場ダム関連(トータルで3:11~)
「どこかで見切ればよかったなぁ」「一度始めた事業を止めることはなかった」という反省を踏まえながら・・・の質問。
私でも同感するところは今後の治水対策のあり方に関する有識者会議を
「非公開にする理由は全くない」

●2月8日には、108団体も公開を要請
http://yamba-net.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=831 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

槇尾川(まきおがわ)ダム論争

ここしばらく更新する余裕がなく、失礼しました。

さて、大阪府で興味深い論争が行われている。

場所は「槇尾川ダム建設事業」等に関する有識者会議。

●論者の1人は河川工学者・今本博健氏
「治水あるいは利水の効果が、自然環境に及ぼす負の影響にもまして、人間生存に不可欠と認められる場合にはじめてダムの建設が容認される」という主張を持つ。

●そして論者のもう片方は、元大阪府副知事・金盛弥氏。
この方は、大阪府土木部都市河川課長→同・土木部長→副知事→元大阪府都市開発株式会社社長という経歴を持つ。ダム推進派である。淀川水系の河川整備基本方針を決めた社会資本整備審議会河川分科会河川整備基本方針検討小委員会の委員も務めた。

この二人の間で、槇尾川ダムを巡る大バトルが続行している。

その第二回会議に
http://www.pref.osaka.jp/kasenseibi/keikaku/makio_yushiki02.html 
その論争の後を辿ることができる資料が掲載されている。
http://www.pref.osaka.jp/attach/4127/00042174/maki02yuu_yuusiryo.pdf 

●再び槇尾川上流部の治水対策について(平成22年2月5日)
P.1~今本博健氏による再々々反論と、
P.4~バトルの元となったオリジナル意見書(1月5日)

●今本博健氏への金盛弥氏の反論(1月7日)P.10~
この辺からこちらで抜粋してまとめると・・・
第一に、今本論を「机上論」だとしながら、その反論は何かと言えば、「すでに本体工事が発注済みである」こと。この段階でダム中止となれば、「ダムに協力してきてその完成を待っている地元の期待を裏切る」・・・・ということのみ。
第二に、「目指す治水目標は定かでなく」として、この点には「洪水規模を明示し一連区間においてこれを安全に処理する計画を示すべき」「100年確率を地域によって下げるべきではなく」と、槇尾川ダムによる具体的な治水効果を示しての反論ではなく今本氏の主張を否定しているだけ。

●今本博健氏の反論(1月11日)P.11~
前半はダムに関する考え方、後半は槇尾川ダムによる治水の限界について論じている。
やはり抜粋する。

「ダムの治水効果は極めて限定的」「ダムが本当に訳に立つのは河道の流下能力以上で活想定以下というきわめて限られた洪水に対してだけ」「これでは「『いかなる洪水に対しても住民の声明と財産を守る』という治水の使命が果たせません」

「ダムはいつか土砂で埋まります。これを回避するには膨大な経費が必要です。いまある3000基近くのダムも数百年後にはほとんどすべてが土砂に埋まり、無用の長物になってしまいます」

「わが国にはダムの適地が少なく、これ以上ダムをつくることができません。」「高度成長期時代に計画された効果の小さなダムを駆け込み的につくるのは歴史的な愚行」

金盛氏の「100年確率を地域によって下げるべきではなく」に対する反論として、「これがこれまでの治水方式であり、ここにこれまでの治水の欠点が集約されています」「10年確率の50ミリ対策ですら15~20年の年月と3581億円の経費が必要です。100年確率の80ミリ対策ともなれば40~50年と1兆400億円が必要」「実施不可能です」

そして避難途中での犠牲が目立つとして、「避難計画の内容の再検討」
壊滅的被害の多くは破堤によってもたらされるため、「堤防補強を最優先で実施」「鋼矢板を堤体内に設置するハイブリッド堤防な土提原則に反するとして採用されていませんが、中国の長江ではすべに標準工法」。槇尾川の場合、1000億円程度で数年程度で実現可能と、改めて代替案を示しています。

さらに槇尾川ダムの治水効果が想定される上流部で、ダムがない場合の想定被害は50ミリ降雨で18戸とされていたが、昨年12月と今年1月の2度、現地を調査してみると、被害想定箇所としてきた場所に、浸水の可能性がある住家は6棟でそのうち1棟は納屋。わずか5戸の浸水を回避するためのダムだと分かった。

中止をすれば58億円の多くはムダになるが、残事業の70億円は使わずに済む。また、危険にさらされている箇所については詳細な検討が必要ではあるが小規模で数億円の工法で実現が十分に可能だとする。

槇尾川上流では流域住民のほどんどは洪水氾濫の危険性のないところに住んでいる。この古来からの治水技術を活用しない手はない、と念を押している。

●今本氏への金盛氏からの再々反論(平成22年2月1日)P.10~
「堤防補強は当然」だが、ビールを飲むジョッキに例えれば「ガラス製のジョッキは壊れる可能性があるから錫製か銅製など頑強なものにしようという」話であり、「洪水目標は第ジョッキか中ジョッキかという容量とかスケールの選択」・・・と。

◆まさの感想
――現地へ具体的に足を運び、槇尾川ダムが想定する洪水対策は何で、治水の必要な家屋が何世帯あるのかを見に行った上で、必要な治水とは何かを真剣に提案している今本氏に対して、金盛氏の最後の再々反論は、一部、今本論の補強になってしまっている。例えば、ジョッキの喩えは、小さい洪水でも破堤する可能性はあるので、小ジョッキでいいから壊れないのがいいよねと思わせてしまう。

――また、いかなる洪水に対してもと、いわば、これまでの想定内の洪水だけでなく、想定外の洪水が来たとしても死者を出さない治水をおこなおうという今本氏の考え方に対し、

――金盛氏は、従来の治水、つまり目標を定めて想定内の洪水に対応しようとする治水計画(=実は、想定外には対応できないこと)や、永遠に完成しない非現実的な過大な治水計画があちこちで立てられていることによるあり方で見られる欠陥に対しての反論はできていない。河川法は河川整備基本方針と河川整備計画を定めて行うよう規定していると法律で反論することに精一杯。また、ダムに依存しない治水の考え方、目標を定めないことについては、端的に解釈すれば、これまでの考え方とは「違う」から「おかしい」と言っているに過ぎない。

経歴を別としても・・・と言いたいところだが、この場合、経歴を別にしては語れない。
大阪府土木部都市河川課長→同土木部長と歴任してきた人物は、いわば、このダム事業の責任者であり、この人自身が当事者であるために、「有識者会議」の一員としてそもそもふさわしかったのかということも、問わざるを得ない。

元担当者として、かつての経緯を証言する人物として活用することはできても、有識者として意見を述べるべき立場の人間ではないのではないか?

まさのあつこ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »